FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF4084-11.jpg
DSCF4085-11.jpg
DSCF4086-11.jpg
DSCF4088-11.jpg
DSCF4089-11.jpg
5月25日(土)午後からは山科・小野将棋教室。

大盤講座はフェイスブック友達の高見澤さんから頂いた「よい子の将棋大会」・先手・藤井聡太小学4年生VS後手・K君小学5年生の実戦棋譜を並べて解説。

序盤は先手が居飛車から舟囲い、後手はノーマル四間飛車から美濃囲い。

中盤では、先手の棒銀が捌けて指しやすくなったところ、後手は振り飛車特有の捌きで飛車交換を果たす。

終盤は後手の捌きが奏功し逆転模様。

ところが、先手の「5五角」と桂馬が絶好の美濃崩しとなり一気に後手王を寄せ切った一局。

後手に取っては、序盤・中盤といい将棋を指していただけに、肝心な終盤での一手で注意を怠ったのが残念です。

でも、小学生同士のレベルの高い素晴らしい対局でした。

居飛車対振り飛車の基本と終盤での将棋の怖さが学べた内容でよかったです。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部は山下5級に4枚落ち、隠岐8級に6枚落ち、山下唯ちゃんに8枚落ちでの指導。

2部は宗清3級に2枚落ち定跡の指導。

<昇級記録>
黒川英寛5級→4級(6連勝)
スポンサーサイト



DSCF4070-11.jpg
DSCF4073-11_20190525201713ec0.jpg
DSCF4080-11.jpg
DSCF4081-11.jpg
DSCF4082-11.jpg
DSCF4083-11.jpg
DSCF4076-11.jpg
DSCF4069-11.jpg
5月25日(土)午前中は「2019年度前期第32回 ももやまこども将棋教室」の初回開講日です。

今回の受講者は35名。

いつもながら「ももやま健光園」の花壇は手入れが行き届いており、綺麗な花が咲いていて心が和みます。

今日は初回に当たり保護者の方々の見学がありました。

最初に、講師(小野巖先生、野々村正造先生)の自己紹介。

続いて、将棋教室実施中の離席、私語など将棋教室で守るべき事や礼儀・対局マナーについて話しました。

その後、将棋イベントの案内です。

1、6月15日(土)に「ひと・まち交流館京都」で開催の「文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦京都府大会」、

2、6月29日(土)「おおやけこども園」で開催の「第8回大宅三世代交流将棋教室」、

3、7月27日(土)~28日(日)「るり渓少年自然の家」で開催の「第5回夏休み将棋合宿㏌るり渓」の案内チラシを配布し参加を呼びかける。

本教室は礼儀・対局マナーを守り、将棋を楽しみながら、みんなで棋力向上を図っていくことを目的としています。

大盤講座では駒の動きは大半が分かっているので、駒の並べ方、駒が裏になった時の動きを解説。

終了後、駒の動きが分からない受講者には個別に駒の動きなどを指導した。

次に詰将棋問題を出題。符号で答えるように指導。

その後は自由対局と新規受講者の棋力認定です。

次回も順次、新規受講者の棋力認定を行い、完了した時点で「対局カードによる駒落ち対戦」を実施しますので、お楽しみに!

それまでは自由対局でいろんな相手と交流戦を楽しんでもらいたいです。