FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

上海将棋交流京都府訪中団(10名…大人5名・大学生1名・小学生4名)として、3月29日~4月1日までの3泊4日の日程で上海へ行ってきます。上海許建東将棋倶楽部主催の「第3回日中子ども上海将棋交流大会」の参加及び将棋交流、学校訪問、松江(ソンジャン)観光、市内観光など盛り沢山のスケジュールです。
思い出に残る楽しい交流が図れるように準備しています。詳細は後日ブログに掲載いたします。
スポンサーサイト



DSCF2577-11.jpg
DSCF2586-11.jpg
DSCF2595-11.jpg
DSCF2590-11.jpg
DSCF2591-11.jpg
DSCF2592-11.jpg
DSCF2593-11.jpg
3月27日(水)午後より京都市みぶ身体障害者福祉会館主催「将棋講座」へ出向く。

年度末で忙しかったのか、今日の受講者は5名。

最初に昨日行われた第32期竜王戦1組ランキング戦、豊島将之二冠VS渡辺明二冠の対局の話題。

大盤講座は、折立棋道指導員と共に第69回NHK杯女流棋士出場枠決定トーナメント決勝・先手・里見香奈女流四冠VS後手・西山朋佳女王の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は相振り飛車の展開。

中盤で後手が仕掛けるも先手の切り返しが奏功。

終盤では先手の緩手を咎め後手が攻勢。

秒読みの中、見ごたえのある攻防が続く。

結果は、先手が後手の猛攻をしのぎ、反撃に転じて後手玉を即詰めに打ち取った大熱戦の一局でした。

その後、5手詰め詰将棋問題を4問出題。

小休止のあと、折立棋道指導員と共に2~3面指し指導対局(角落ち・二枚落ち)を行う。

今回は2戦2勝の成績。

それと、受講生の高谷博さん(京都山科支部所属)の「ふれあいギャラリー」写真展(写真油絵)が展示されていて鑑賞。

高谷さんの隠れた才能を見せてもらいました。
DSCF2573-11.jpg
DSCF2575-11.jpg
3月27日(水)午前中は、二条城前の「ANAクラウンプラザホテル京都」に出向き、公益社団法人京都市児童館学童連盟・第10回臨時総会(平成31年度予算総会)に出席。

開会挨拶は、公益社団法人京都市児童館学童連盟・山手重信会長。

来賓として京都市子ども若者はぐくみ局中西課長、小谷課長補佐紹介。

続いて、議長の選出のあと議案審議(会議の目的事項)です。

1、平成31年度事業計画(案)の議決の件について

2、平成31年度当初予算(案)の議決の件について

3、監事選任(案)の議決について

4、公益社団法人京都市児童館学童連盟事務局の組織及び運営に関する規則の改正について

4議案とも承認されました。

閉会挨拶は、稲川副会長。
DSCF2568-11.jpg
DSCF2569-11.jpg
DSCF2570-11.jpg
DSCF2571-11.jpg
DSCF2572-11.jpg
3月26日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、NHK杯女流出場枠決定戦の話題。終盤の攻防が素晴らしく、勉強になりました。

今日の大盤講座は、先手・白谷さんVS後手・坂本さんの棋譜を阪田先生と共に解説。

序盤は矢倉模様で駒組が進む。

中盤で先手の緩手を後手が咎め一歩得。

その後一進一退も、終盤で先手が飛車を取られた手が大きく、後手が堅実に寄せ切った一局。

双方ともに序盤はうまく指されていますが、中終盤での指し手で「悪手を咎めなければ好手に変わる」局面や「先手を取る」対応が、参考になったと思います。

大盤解説終了後、対局カードによる対戦。

阪田先生は6枚落ちでの実戦指導。


DSCF2552-11.jpg
DSCF2559-11.jpg
DSCF2560-11.jpg
DSCF2562-11.jpg
DSCF2554-11.jpg
DSCF2555-11.jpg
DSCF2557-11.jpg
DSCF2558-11.jpg
3月24日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第176回将棋教室。

会場は「京都市東部文化会館」。

参加者は55名(大人29名、こども26名)。

新入会として、木村さん、伊藤さん、西村さん。

最初に連絡・報告事項。

1、京都山科支部更新手続き完了。みなさまのお力添えで101名の支部会員でスタートすることが出来ました。今回も100名支部を継続出来ましたこと御礼申し上げます。・・・小野支部長

2、第25回将棋交流大会(4/14)の案内、プロ棋士(中村亮介六段、藤井奈々女流1級)を囲んでの懇親会の案内・・・小野支部長

3、京都府連関連将棋大会・将棋イベントの案内・・・折立副支部長
  ねんりんピックわかやま2019将棋交流大会(4/28)、アマ竜王戦京都府大会(5/12)、名人戦第4局2日目大盤解説会・指導対局(5/17)、少年王将戦(5/19)、文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦(6/15)

4、京都山科支部将棋交流大会参加、昼食弁当、懇親会申込み受付及びねんりんピック将棋交流大会、アマ竜王戦参加申込み受付・・・阪田幹事長

その後は、対局カードによる駒落ち対戦及び折立指導員による指導対局です。

<昇段・昇級記録>・・・5名
平井湧真1級→初段(7連勝)
鵜頭鑑2級→1級(10勝2敗)
塚本浩志3級→2級(6連勝)
柴﨑政志7級→6級(5連勝)
木村幸夫10級→9級(3連勝)
DSCF2546-11.jpg
DSCF2548-11.jpg
DSCF2549.jpg
3月23日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

今日は1部の見学で西村さんがお母さんと来てくれました。

2部では体験受講として宗清京君の友達の平岡君が来てくれました。

それと、久しぶりに山下陸五段が顔を見せてくれました。

大盤講座は「第44期棋王戦五番勝負第4局・先手・渡辺明棋王VS後手・広瀬章人竜王の棋譜を並べて鑑賞。

角換わり腰掛銀の戦型から後手が趣向を凝らして仕掛ける。

中盤は一進一退の攻防が続く。

終盤では先手が長手数で後手王を即詰みに打ち取り見事に勝利。

渡辺棋王がタイトル防衛し7連覇を達成‼

大盤講座終了後は対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。
1部の小川3級に4枚落ち、黒川6級に六枚落ちでの指導。
2部では服部篤志4級、服部悠介4級に4枚落ちでの指導。
体験の平岡君には6枚落ちで棋力認定。
小森VS山下戦は久しぶりの対局で大熱戦を繰り広げました。
DSC_0839-11.jpg
DSCF2375-11.jpg
DSCF2401-11.jpg
DSCF2397-11.jpg
DSCF2402-11.jpg
DSCF2404-11.jpg
DSCF2408-11.jpg
DSCF2409_20190322112850cb0.jpg
DSCF2409-11.jpg
DSCF2430-11.jpg
DSCF2429-11.jpg
DSC_0900-11.jpg
DSC_0896-11.jpg
DSC_0901-11.jpg
DSCF2446-11.jpg
DSCF2453-11.jpg
DSCF2454-11.jpg
DSCF2456-11.jpg
DSCF2464-11.jpg
DSCF2465-11.jpg
DSCF2478-11.jpg
DSCF2481-11.jpg
DSCF2473-11.jpg
DSCF2475-11.jpg
DSCF2481-11_201903221135288e0.jpg
DSCF2496-11.jpg
DSCF2499-11.jpg
DSCF2503-11.jpg
DSCF2509-11.jpg
DSCF2512-11.jpg
DSCF2514-11.jpg
DSCF2517-11.jpg
DSCF2522-11.jpg
DSCF2523-11.jpg
DSCF2524-11.jpg
DSCF2525-11.jpg
DSCF2529-11.jpg
DSCF2534-11.jpg
DSCF2543-11.jpg
3月18日(月)~21日(木・祝)の4日間は、僕の誕生日祝として「白い国みちのく名湯・秘湯・名旅館」の旅へ行ってきました。

快晴のなか、空路(伊丹空港~いわて花巻空港)から眺める山々の雪景色が素晴らしかったです。

今回のツアーは、温泉好きの夫婦11組(22名)。

名湯・秘湯めぐりがメインで、1日に5回も温泉に入り、身体はほかほか。

バス移動では、各夫婦がゆったりと一列4席を使うことが出来、寛ぐことが出来ました。

4日間とも天気に恵まれ、気温も温かく、機転が利く添乗員の西村さん、明るく楽しい話し上手なバスガイドの石橋さん、安全運転のドライバー佐々木さん、同行のご夫婦の方々にも恵まれ、思い出に残る温泉三昧の旅となり満足しています。

特に、乳頭温泉郷・鶴の湯と、酸ヶ湯温泉は強く印象に残りました。

1日目(18日)は「伊丹空港」から「いわて花巻空港」着。奥羽山脈のふもとで自然豊かな花巻温泉郷のホテル「愛隣館」(硫酸塩泉)でゆっくりと寛ぐ。

2日目(19日)は、座敷わらじ伝説の宿・緑風荘(弱アルカリ泉)で入浴と昼食。次に新安比温泉(強塩泉)の静流閣で入浴です。宿泊の「つなぎ温泉・ホテル紫苑(単純アルカリ泉)」に早めに到着。うまい料理を頂き露天風呂でリラックス、至福のひととき。

3日目(20日)は、憧れの秘湯「乳頭温泉郷・鶴の湯(弱酸性硫黄泉他)」、昼食は駒ケ岳グランドホテル。田沢湖を眺めて、宿泊は浅虫温泉・海扇閣(カルシウム、ナトリウム硫酸塩、塩化物泉)。陸奥湾を見下ろす良いホテルでした。

4日目(21日)は 八甲田の主峰大岳の西麓標高900mの高所にある秘湯・酸ヶ湯温泉(強酸性硫黄泉)「ヒバ千人風呂」で入浴後、弘前フレンチの昼食。その後弘前城とねぶた村を見学。いわて花巻空港から伊丹空港へ20時40分着。23時頃に帰宅。楽しい温泉巡りで堪能しました。
DSCF2322-11.jpg
DSCF2254-11.jpg
DSCF2257-11.jpg
DSCF2258-11.jpg
DSCF2260-11.jpg
DSCF2261-11.jpg
DSCF2262-11.jpg
DSCF2263-11.jpg
DSCF2264-11.jpg
DSCF2265-11.jpg
DSCF2266-11.jpg
DSCF2267-11.jpg
DSCF2269-11.jpg
DSCF2270-11.jpg
DSCF2271-11.jpg
DSCF2273-11.jpg
DSCF2279-11.jpg
DSCF2305-11.jpg
DSCF2307-11.jpg
DSCF2311-11.jpg
DSCF2312-11.jpg
3月16日(土)午前10時~13時は、第31回・ももやまこども将棋教室の将棋大会(最終日)です。

39名が参加。いつもより1時間延長です。

最初に対局ルール規定及び対局マナーを守り一局の将棋を大切に指すように話をしてから、本戦と交流戦の抽選を行い、組み合わせを決定。

一斉にスタート。

集中して熱戦が繰り広げられました。進行の遅れている対戦にはチェスクロック(各1分切れれば30秒の秒読み)を使用。

本戦は、予選リーグ戦に勝ち残ったA級11名、B級11名による駒落ち決勝トーナメント戦です。

並行して、予選リーグ戦を休んだこどもたちと、決勝トーナメント戦に進出できなかったこどもたちの、A級8名、B級9名による駒落ち将棋交流トーナメント戦も行いました。

将棋大会終了後は、表彰式です。

将棋大会優勝・準優勝・三位の結果報告と、最優秀賞、優秀賞、よくがんばったで賞、がんばったで賞、皆勤賞、努力賞など、今期の対局カードによる対戦成績、対局マナー、対局数などを勘案の上、全員に各賞を決定しました。

表彰式では賞状や賞品を一人ずつ手渡しました。

結果は、
A級
優勝・榎川佳希2級
準優勝・大谷伊織7級
三位・・服部篤志2級、五十嵐尊哉7級
B級
優勝・成田晃太朗8級(連続優勝)
準優勝・小野拓真8級
三位・・小橋兼三9級、青木奨真10級

<将棋交流トーナメント戦>
A級
優勝・平井湧真初段
準優勝・杉田悠祐5級
三位・・・服部悠介2級、黒川英寛4級
B級
優勝・出原義之9級
準優勝・前田暁成9級
三位・・吉川雄也13級、草薙芽生18級

最優秀賞1名・・・黒川英寛4級(21勝4敗)

優秀賞8名・・・・・下野誠太郎初段(23勝6敗1分)、高畑奏楽初段(22勝6敗)、平井湧真初段(21勝5敗)、服部悠介2級(21勝14敗)、伴春樹6級(20勝16敗)、小野拓真8級(33勝6敗1分)、岡田徹平8級(24勝18敗1分)、藤本咲子12級(22勝12敗)

よくがんばったで賞13名・・・(服部篤志2級、西田陸輝5級、瀬木成希5級、佐藤航太5級、杉田悠祐5級、福嶋篤人6級、大谷伊織7級、阿部浩二7級、成田晃太朗8級、中川駿9級、青木奨真10級、田代涼太郎11級、小谷悠14級)

がんばったで賞13名・・・(川地風詩5級、伊藤克己7級、五十嵐尊哉7級、齋藤大輔7級、小西想9級、片岡大河9級、出原義之9級、前田暁成9級、安田貫志9級、小橋兼三9級、石原史章11級、吉川雄也13級、藤岡樹希15級)

努力賞7名・・・(榎川佳希2級、高木里織汰6級、雲林院陽太6級、大槻崇徳12級、後藤朔太郎16級、草薙芽生18級、中井平太19級)

皆勤賞7名・・・(出原義之9級、下野誠太朗初段、伴春樹6級、福嶋篤人6級、阿部浩二7級、瀬木成希5級、服部篤志2級)

全員に賞品を贈り健闘を称えました。

表彰式のあとは記念写真を撮り平成30年度後期第31回ももやまこども将棋教室を無事終了しました。

野々村正造先生、ももやま児童館児童厚生員の先生方、おつかれさまでした。ありがとうございました。

なお、次回の「平成31年度前期・第32回ももやまこども将棋教室」の申し込みは、3月30日(土)まで「ももやま児童館」において行っています。お問い合わせ・・・075-605-5586(ももやま児童館)又は 090-1815-6018(小野)迄
DSCF2246-11.jpg
DSCF2249-11.jpg
DSCF2251-11.jpg
3月15日(金)は、巖ちゃんの76回目の誕生日です。

多くの方々からお誕生日の御祝メッセージを頂きました。ありがとうございます。

今日は16日(土)に開催の「平成30年後期・第31回ももやまこども将棋大会(最終日)」の対戦表、表彰状、賞品の準備を行っていました。

いつもながら、賞品の準備には時間がかかります。

3月中旬から5月上旬にかけては、学校や児童館の将棋教室が一段落してゆっくりと充電できる時期なので、旅行など自分の時間を大いに楽しみたいと思っています。

これからも体調管理を怠らず、季節の変わり目を乗り切り、健康で自分の時間(趣味など)を楽しみながら、盤寿を目標に将棋普及活動を続けていきます。

みなさまのご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
DSCF2237-11.jpg
DSCF2240-11.jpg
DSCF2232-11.jpg
DSCF2233-11.jpg
DSCF2217-11.jpg
DSCF2235-11.jpg
DSCF2218-11.jpg
DSCF2219-11.jpg
DSCF2221-11.jpg
DSCF2222-11.jpg
DSCF2223-11.jpg
DSCF2224-11.jpg
DSCF2231-11.jpg
DSCF2220-11.jpg
DSCF2234-11.jpg
DSCF2228-11.jpg
DSCF2226-11.jpg
3月13日(水)は京都府連・廣田会長、千葉副会長と共に、第5回夏休み将棋合宿(7/27~7/28)の会場として予定している「るり渓少年自然の家」へ下見に行きました。

今日は、JR山科と京都間で信号待ちの為20分ほど停車され、京都駅八条口9時の集合に少し遅れる。

9時過ぎに千葉さんの車で「るり渓少年自然の家」へ向かう。

途中、道の駅「ガレリアかめおか」で小休止。

「るり渓少年自然の家」では、係の方から館内施設のプレイホール(定員300名)、食堂、談話室、宿泊室、リーダー室、浴室、クラフト棟などを案内して頂きました。

京都駅から「るり渓少年自然の家」までは、貸切バスでは1時間30分ぐらいの距離です。

近くにはるり渓温泉や渓流歩道(るり渓遊歩道)があり景勝資源あふれる自然公園です。

千葉さん、おつかれさまでした。ありがとうございました。
DSCF2210-11.jpg
DSCF2211-11.jpg
DSCF2214-11.jpg
DSCF2215-11.jpg
DSCF2216-11.jpg
3月12日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの「将棋講座」

最初に、棋王戦五番勝負第3局および名人戦挑戦者決定の話題。

次に、昨日行われた棋聖戦二次予選・久保利明九段VS藤井聡太七段の対戦で感じたことを話しました。

それと、今日は中京老人福祉センター職員の吉岡さんが来訪。

要件は、3/29(金)中京老人福祉センターで開催される「将棋交流大会」の一環で行う指導対局(折立五段)に参加を呼びかける為です。

今日の大盤講座は、先手・竹田さんVS後手・鳴田さんの棋譜を阪田先生と共に解説。

序盤で後手がうっかりして、金損の大きなハンデを背負う。

それでもあきらめず、決め手を与えないように指し続け120手を超えるまで頑張られたことは素晴らしかったです。

終盤では先手が後手の入玉を阻止して後手王を寄せ切った一局。

続いて、昨日行われた棋聖戦二次予選・先手久保九段VS後手藤井七段の棋譜を並べて、みなさんと鑑賞。

大熱戦の素晴らしい将棋でしたが、藤井七段に取っては痛い黒星でした。

大盤解説終了後、対局カードによる対戦。

阪田先生は六枚落ち定跡の指導。
僕は久しぶりに2枚落ちでの二面指し指導対局を行いました。結果は1勝1敗でした。

3月11日(月)午後より、公益社団法人京都市児童館学童連盟「第43回理事会」に外部理事として出席。会場は「メルパルク京都6階会議室」。
山手会長あいさつのあと、
事務局より理事会成立状況の報告(理事25名のうち出席理事18名)
議事は、事務局より説明のあと質疑応答。
(1)第1号議案  平成31年度事業計画(案)の議決の件について
(2)第2号議案  平成31年度当初予算(案)の議決の件について
(3)第3号議案  監事の選任について
(4)第4号議案  公益社団法人京都市児童館学童連盟事務局の組織及び運営に関する規則の改正について
(5)第5号議案  公益社団法人京都市児童館学童連盟健全育成・子育て支援統括監等専決事項及び事務局事務分掌の改正について
続いて「第17回 全国児童館・児童クラブ」京都大会(2020年2月開催予定)の開催会場として予定している「京都経済センター」についての報告。稲川副会長の閉会あいさつで終了。
DSCF2203-11.jpg
DSCF2204-11.jpg
DSCF2206-11.jpg
DSCF2207-11.jpg
DSCF2209-11.jpg
3月9日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

今日は体験受講として宗清京君(中1)が来てくれました。

大盤講座は「第77期順位戦C級1組級11回戦・先手・近藤誠也五段VS後手・増田康宏六段の棋譜を並べて鑑賞。

増田六段が押し気味で終盤に入るも、双方ともに秒読みになる大熱戦を展開。

近藤五段の正確な受けが奏功し見事に勝利‼

大きな1勝(B級2組昇級、六段昇段)をつかみ取りました。

大盤講座終了後は対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部の黒川6級、隠岐8級、石橋10級に六枚落ちでの指導。

体験の宗清君には2枚落ちで棋力認定。

2部では木村初段に飛香落ち、村上1級に飛車落ちでの指導。

<昇級記録>
南颯馬4級→3級(9勝2敗)
DSCF2188-11.jpg
DSCF2190-11.jpg
DSCF2192-11.jpg
DSCF2193-11.jpg
DSCF2194-11.jpg
DSCF2196-11.jpg
DSCF2197-11.jpg
DSCF2200-11.jpg
3月9日(土)の午前中は「ももやまこども将棋教室」将棋大会・予選リーグ戦です。

39名が参加。

最初に、駒落ちでの将棋大会の予選リーグ戦及び決勝トーナメント戦(最終日)のルール説明。

続いて、「一局の将棋を大切に指す」心構えと対局マナーを守り挨拶を忘れずにを話す。

次に、A級(1級~7級)19名とB級(8級~19級)20名に分けての抽選。

A級およびB級共、四人一組の総当たり戦。

予選リーグは3回戦のうち、2勝すると次回の決勝トーナメント戦に進出。

いよいよ「駒落ちリーグ戦」の開催です。

但し、駒落ちは4枚落ちを限度としました。

いっせいに対局を開始。

開始早々から第1回戦終了までは、会場がシーンと静まり対戦が続く。

第2回戦、3回戦になると段々と騒がしくなり注意。

進行の遅い対局については、持ち時間1分、切れれば一手30秒の秒読みのチェスクロックを使用。

<結果>
A級・決勝トーナメント進出者(3/16)は、11名。

佐藤航太5級・阿部浩二7級・高畑奏楽初段・下野誠太朗初段・榎川佳希2級・五十嵐7級・伊藤克己7級・服部篤志2級・大谷伊織7級・福嶋篤人6級・伴春樹6級

B級・決勝トーナメント進出者(3/16)は、11名。

小野拓真8級・大槻崇徳12級・岡田徹平8級・小橋兼三9級・小谷悠14級・青木奨真10級・成田晃太朗8級・片岡大河9級・小西想9級・安田貫志9級・中川駿9級

最終日の決勝トーナメント戦は3月16日(土)10時から13時です。

賞品をいろいろと取り揃えていますのでお楽しみに。

なお、本日参加できなかった人、及び、残念ながら予選リーグ戦敗退の人は、本戦とは別に交流戦を開催しますので、全員参加を期待しています。
標記の件、下記の通り出演プロ棋士が決まりましたのでご案内申し上げます。
                 記
 日時  2019年4月14日(日) 午前9時~午後5時

*日本将棋連盟棋士(中村亮介六段、藤井奈々女流1級)による指導対局を企画

*参加資格は、京都山科支部会員。
*A級(有段者)・B級(級位者)に分かれて京都山科支部駒割り規定による対局。
*予選リーグは、4人一組で2勝通過、2敗失格。
*決勝トーナメント戦は対局時計を使用。A級は予選リーグより使用。
*参加費・・・500円(なお、昼食弁当を希望される方は、別途、500円)
*優勝者および準優勝者には、表彰状・賞品を授与。その他詳細は当日発表。
  昼食弁当の有無を明確にして、4月9日(火)までに小野に申し込み願います。

場所 「京都市東部文化会館」(地下鉄東西線椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
  電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は、禁煙です)

・プロ棋士を囲んでの懇親会・2019年4月14日(日)午後5時~7時

 将棋教室終了後、支部会員有志で「プロ棋士を囲んでの懇親会」をいす席で予定しています。 
会費・4,000円(飲み放題) 場所・源平 山科東野店 電話(075)593-1031
 参加希望者は、4月9日(火)までに、小野まで会費を添えて申込み願います。
日頃より、皆様方には日本の伝統文化「将棋」を長年に渡り愛し育んで頂き、感謝申し上げます。
さてこの度、日本将棋連盟京都府連のホームページ「お知らせ」に則り、やましなこども将棋スクール受講料を改訂させて頂くこととなりました。
主旨は、伝統文化「将棋」を次世代への継承を図るためには、指導に専念できる環境を整え指導者の育成が急務です。
そのためには受講料の改訂を図り、人材を確保し育てることで、より質の高い教室運営、指導力の充実を図っていきたいと考えております。
皆様方のご理解ご協力を伏してお願い申し上げます。

<改訂年月> 2019年4月より  
<受講料> 従来…500円――→改訂…一般1,000円・支部会員800円

やましなこども将棋スクールのご案内

日時   2019年4月21日(日) 午前9時30分~12時…第14回
なお、第15回以降の開講日は決まり次第「巖ちゃんの将棋道場・日記欄」に掲載。

会場 京都市東部文化会館・第2会議室(地下鉄東西線「椥辻」駅下車北へ7分

会費    小・中学生 1回受講  一般 1,000円・山科支部会員800円(当日持参)

募集定員  20名(参加人数確認の為、事前に申し込み願います)

指導員   日本将棋連盟公認 棋道師範・五段 小野 巖
       日本将棋連盟公認 棋道指導員・五段 折立冨美男
       日本将棋連盟京都山科支部 幹事長・四段 阪田 進

問い合わせ先   日本将棋連盟京都山科支部 支部長 小野 巖
TEL 090-1815-6018
E-mail: iwao-ono@syd.odn.ne.jp 巖ちゃんの将棋道場 http://www2.odn.ne.jp/iwao/



DSCF2179-11.jpg
DSCF2187-11.jpg
DSCF2176-11.jpg
DSCF2177-11.jpg
DSCF2182-11.jpg
DSCF2181-11.jpg
DSCF2183-11.jpg
DSCF2184-11.jpg
DSCF2158-11.jpg
3月4日(月)15時からは大宅こども将棋教室に出向く。平成30年度後期開講の最終日(15回目)です。

最終日に当たり、今回の将棋教室受講した感想や次回も受講したいかなどを問いかけました。

その後、詰将棋の大盤講座と対局。

続いて、子どもたち全員を対象に、対局カードの成績と対局マナーなどを勘案して最優秀賞、優秀賞、よくがんばったで賞、がんばったで賞、お手伝い賞、努力賞(どりょくしよう)などの賞状に加えて、将棋書籍やささやかなご褒美を贈呈。

最後に、全員で記念写真を撮りました。

教室終了後、福山先生と懇親会。今後の教室運営についての対応や改善点などを話し合う。

平成31年度前期の開講は、5月中旬から9月中旬までの15回講座を予定しています。

1部(15時~15時45分)と2部(15時45分~16時30分)に分けて開講する予定です。

真面目に将棋に取り組めるヤル気のある人の申し込みを待っています。
平成31年度前期・第32回ももやまこども将棋教室の詳細は下記の通りです。

申込方法・・・ももやま児童館での将棋教室ご案内裏面に必要事項を記入し児童館へ持参。
        *郵送の場合・・・3月28日(木)の消印まで有効です。ファックスでの受付はいたしません。

申込期間・・・3月4日(月)~3月30日(土)・・・<日曜日・祝日・3/27(行事の為)は閉館しています。>
児童館の開館時間は10時~18時30分です。
児童館閉館中に、施設内の受付等に申し込み用紙をお預けされても無効とします。

定員・・・50名 申込締め切り後、抽選により決定。

参加費・・・3000円・入会決定後、登録会にてお支払いいただきます。

参加対象・・・小学2年生~中学3年生 15回とも参加でき、まじめに将棋に取り組める、ヤル気のある人。無断欠席は厳禁。

講師・・・小野 巖先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範・五段)
      野々村正造先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋指導員・四段)

実施日時・・・10時~12時頃まで。(最終回の9月21日は、将棋大会表彰式などの為13時頃に終了予定)
 5月・・・25日(土)・将棋教室初回及び将棋教室登録会
 6月・・・ 1日(土)、 8日(土)、15日(土)、22日(土)
 7月・・・ 6日(土)、20日(土)
 8月・・・ 1日(木)、 2日(金)、 7日(水)、 8日(木)、22日(木)、23日(金)
 9月・・・ 7日(土)、21日(土)・・・将棋教室最終回は表彰式の為13時頃に終了予定です。

主催:日本将棋連盟京都山科支部・・・小野・携帯・・・090-1815-6018
会場・お問い合わせ・・・ももやま児童館(京都市伏見区桃山立売1-6)  電話075-605-5586
            
DSCF2148-11.jpg
DSCF2149-11.jpg
DSCF2150-11.jpg
DSCF2153-11.jpg
DSCF2152-11.jpg
DSCF2157-11.jpg
DSCF2155-11.jpg
3月3日(日)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」13回目の開講日。

講師は小野・折立・阪田の3名です。

最初に小野より「日本将棋連盟京都府支部連合会のホームページ・お知らせ」に則り、本年4月より、やましなこども将棋スクールの受講料を改訂させて頂くこととなりました。その主旨をお話し、保護者の方々にご理解を求めました。

今日の大盤講座は「第77期順位戦A級9回戦・先手・広瀬章人竜王VS後手・羽生善治九段」の棋譜を並べて鑑賞。

終盤では羽生九段の指し手が冴えわたり竜王戦での借りを返し見事に勝利。

名人挑戦はならなかったですが、A級順位戦を7勝2敗の成績で終了。

来期におけるA級順位戦の順位は2番としました。

次に折立先生より「4枚落ち定跡」の解説と「次の一手問題」の出題。

一方、初級クラスは、阪田先生による「6枚落ち定跡」の解説と指導対局。

小休止のあと、折立先生、阪田先生とともに、多面指し指導対局。
DSCF2138-11.jpg
DSCF2139-11.jpg
DSCF2140-11.jpg
DSCF2141-11.jpg
3月2日(土)午後からは、山科・小野将棋教室。

今日は体験受講として杉田君がお母さんと共に来てくれました。

大盤講座は「第77期順位戦A級9回戦・先手・豊島将之二冠VS後手・久保利明九段」の棋譜を並べて鑑賞。

豊島二冠が細い攻めをうまく繋ぎ見事に勝利‼

A級順位戦を8勝1敗とし、佐藤天彦名人への挑戦が決定!!応援しています。

大盤講座終了後は対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

1部の達川15級、杉田15級の六枚落ちでの指導。

2部では服部悠介4級、服部篤志4級に四枚落ち、谷岡1級に二枚落ちでの指導。

<昇級記録>
石橋希望11級→10級(4勝1敗)
栗本蒼真12級→11級(4勝1敗)


DSCF2128-11.jpg
DSCF2127-11.jpg
DSCF2130-11.jpg
DSCF2131-11.jpg
DSCF2132-11.jpg
DSCF2133-11.jpg
DSCF2135-11.jpg
3月2日(土)午前中は野々村先生と共に「 ももやまこども将棋教室」。

最初に、「将棋界の一番長い日」A級順位戦最終一斉対局の様子を話す。

それと、対局カードによる駒落ち対戦は本日で終了。

あと2回の教室は、次回がクラス分け予選リーグ戦、最終日は決勝トーナメント戦の将棋大会です。

大盤講座は、藤井聡太七段が2年連続優勝!!の栄誉に輝いた「第12回朝日杯将棋オープン戦決勝・先手・渡辺明棋王VS後手・藤井聡太七段」の棋譜を並べて鑑賞。

終了後は、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦と指導対局。

最後に、平成31年度前期(第32回)ももやまこども将棋教室の案内配布。

<昇段・昇級記録>(3名)
瀬木成希6級→5級(8勝2敗)
小野拓馬9級→8級((4連勝)
吉川雄也14級→13級((3連勝)
DSCF2122-11.jpg
DSCF2123-11.jpg
DSCF2124-11.jpg
DSCF2125-11.jpg
DSCF2126-11.jpg
昨日は風邪気味でしたので、9時に身体を休め翌日9時まで12時間ぐっすり眠っていました。

おかげさまで、3月1日(金)午後から本年度最終日のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向くことが出来ました。

学内では、お雛祭りの飾りがされていました。

最初に、本日のA級順位戦最終一斉対局「将棋界で一番長い日」の話題です。

大盤講座は「第68期王将戦七番勝負第4局・先手・久保利明王将VS後手・渡辺明棋王」の棋譜を並べて鑑賞。

結果は絶好調の渡辺棋王が久保王将に勝利。ストレートの4連勝でタイトル奪取‼

講座終了後は、六枚落ちでの指導対局と自由対局。