巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8389-11.jpg
DSCF8392-11.jpg
6月30日(土)午後からは、山科・小野将棋教室です。1部・8名、2部・6名が受講。

大盤講座は藤井奈々女流3級が勝利し待望の2級に昇級した一局「第8期リコー杯女流王座戦・先手・中澤沙那女流初段VS後手・藤井奈々女流3級」の棋譜を並べて鑑賞!

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、1部の松村6級、南6級、樋口7級、黒川8級に4枚落ちでの指導。

2部は岩﨑三段に3面指し指導対局を依頼。木村1級に2枚落ち、服部悠介4級、服部篤志4級に4枚落ちでの指導。
対局カードによる駒落ち対戦は、村上1級VS鬼村3級の角落ち戦です。

17時前に、京都山科支部設立当初よりの支部会員で幼馴染の親友F君のお通夜に参列。
あらためて本当に逝去されたことを実感。
お通夜のあと、奥さん、娘さんはじめ親戚の方々と故人を偲んで献杯。
明日の告別式で最後のお別れです。
スポンサーサイト
DSCF8374-11.jpg
DSCF8376-11.jpg
DSCF8380-11.jpg
DSCF8381-11.jpg
DSCF8382-11.jpg
DSCF8384-11.jpg
6月30日(土)午前中は野々村指導員と共に「ももやまこども将棋教室」に向かう。

健光園の入り口には「ゆり」の花が綺麗に咲いていました。今日のj受講者は46名。

大盤講座は「美濃囲いの崩し方」の解説。

講座終了後は「対局カードによる駒落ち対戦」を実施!!みんな集中して将棋を指していました。

最後に、北野天満宮での将棋大会(8/11)の案内チラシ配布と日本将棋連盟Ⅹ大塚製菓「栄養バランスで勝利に王手!」カロリーメイト・詰将棋問題を配布。

<昇級記録>14名
平井湧真3級→2級(6連勝)
川地風詩8級→7級(4連勝)
黒川英寛9級→8級(4連勝)
田中啓二郎10級→9級(3連勝)
髙木里織汰11級→10級(3連勝)
川畑優來11級→10級(3連勝)
大谷伊織11級→10級(3連勝)
佐藤航太11級→10級(3連勝)
片岡大河13級→12級(3連勝)
安田貫志14級→13級(3連勝)→12級(3連勝)
伊藤克己16級→15級(3連勝)
成田晃太朗17級→16級(3連勝)
吉川雄也18級→17級(4勝1敗)
岡田徹平18級→17級(3連勝)
やましなこども将棋スクールのご案内
日時   平成30年7月15日(日)午前9時30分~12時…第5回開講日
      平成30年8月26日(日)午前9時30分~12時…第6回開講日 
なお、第7回以降の開講日は決まり次第「巖ちゃんの将棋道場・日記欄」に掲載。
会場    京都市東部文化会館 第2会議室
会費    小・中学生   1回受講   500円(当日持参)
募集定員  20名(参加人数確認の為、事前に申し込み願います)
指導員   日本将棋連盟公認 棋道師範・五段 小野 巖
        日本将棋連盟公認 棋道指導員・五段 折立冨美男
        日本将棋連盟京都山科支部 幹事長・四段 阪田 進

問い合わせ先   日本将棋連盟京都山科支部 支部長 小野 巖 TEL 090-1815-6018
6月28日(木)、京都山科支部設立当初よりの支部会員で幼馴染の棋友F君が昨日、逝去されたとの訃報の電話を受け愕然とした。
4ヶ月前、御見舞にT病院へ行ったときインフルエンザの大流行で面会制限でしたが、なんとかマスク着用で短時間の面会許可をもらうことが出来、20分ほど将棋や競馬の話をしたのが最後となりました。
実は、24日(日)の佐藤康光杯将棋大会の帰りに、F君の奥さんに連絡を取り、様子を聞いていたので、本日にお見舞いに行く予定をしていた矢先でした。10年前にも幼馴染の誠ちゃんが逝去されたこともあり、ショックが大きく、残念でたまりません。3人で全国競馬場めぐりを企画し、第一弾として「函館競馬」に行ったことがついこの前のように思い出されます。合掌
DSCF8334-11.jpg
DSCF8336-11.jpg
DSCF8341-11.jpg
DSCF8346-11.jpg
DSCF8353-11.jpg
DSCF8360-11.jpg
DSCF8363-11.jpg
DSCF8367-11.jpg
6月27日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室」へ出向き、折立指導員と合流。

13名が受講。

最初に、藤井聡太七段の竜王戦決勝トーナメント戦、今後の対局予定などを話す。

大盤講座は、第31期竜王戦決勝トーナメント戦・先手・都成竜馬五段VS後手・藤井聡太七段の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は、双方とも雁木模様に出だしから変化。

中盤での後手の落ち着いた指し回しが印象的で、先手がたまらず攻める展開。

終盤では後手がギリギリまで駒を蓄え、一番弱い端を効率よく攻めて先手を投了に追い込んだ一局。

自然に勝っているところがすごいです。

続いて、第8期リコー杯女流王座戦・先手・中澤沙那女流初段VS後手・藤井奈々女流3級の棋譜を並べて鑑賞。

序盤は先手が居飛車に対し後手はゴキゲン中飛車。

中盤で後手が「3四角」打ちに勝負をかける。

千日手模様になるも先手が解消。

終盤では後手が攻めを繋いで先手玉に迫る。

先手の「5三角」の反撃に「4二金」が先手の望みを打ち砕いた素晴らしい手で先手を投了に追い込んだ。

藤井奈々女流3級が勝利し待望の2級に昇級した一局。

最後に、折立指導員による「序盤での指し方」のワンポイントレッスン。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(飛車落ち~二枚落ち)を行う。

今回は、前回二枚落ちで完敗した高橋さんにリベンジし二枚落ちで快勝。6局とも勝利。
DSCF8329-11.jpg
DSCF8332-11.jpg
6月26日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。今日も30人近くの方々が参加。

最初に、昨日行なわれた竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)の話題。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・野間さんVS後手・竹田さんの棋譜を並べて解説。

序盤は先手が三間飛車、後手が四間飛車で対峙。

中盤では五筋からの先手の強引な攻めを後手が受け切り、終盤では後手が先手玉を王手龍取り!!
先手を投了に追い込み、後手が勝利した一局。
攻守のバランスが課題となる将棋でした。
その後、久しぶりに5手詰めの詰将棋を出題。
大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。「美濃囲いの崩し方」「矢倉囲いの崩し方」について解説。
DSCF8319-11.jpg
DSCF8320-11.jpg
DSCF8321-11.jpg
DSCF8323-11.jpg
DSCF8325-11.jpg
6月25日(月)15時からは大宅こども将棋教室の開講日です。

1部(15時~15時45分)は、2クラスに分けての講座です。

まだ対局が出来ないクラスは、大盤を使い駒の動き・裏になった動きについての復習です。

対局が出来るクラスは、対局カードによる対戦を行う。

2部(15時45分~16時30分)も「詰将棋を勉強するクラス」と「対局カードによる対戦を行うクラス」の2クラスに分けました。

大盤講座では3手詰め詰将棋問題を出題し符号で答える指導。

並行して対局カードによる対戦です。

前回に厳重注意(レッドカード相当)しても、今回も改善の兆しが見られないN君には、真面目に将棋に取り組んでいる受講生に迷惑がかかるので、児童館の先生から保護者へ退会を通告。

将棋が好きで強くなりたい為に来ている45分間の将棋教室ですので、集中して将棋に取り組んでもらいたいです。

DSC_0036-11.jpg
DSC_0026-11.jpg
DSC_0029-11.jpg
DSC_0030-12.jpg
DSC_0034-11.jpg
DSC_0035-11.jpg
6月18日(日)は八幡市文化センターで開催の「第20回佐藤康光杯争奪将棋大会」に出場し将棋を楽しんできました。

開会は、大会会長・堀口八幡市長の主催者挨拶。続いて主賓挨拶は森川八幡市議会議長、公益社団法人日本将棋連盟会長・佐藤康光九段。審判長の挨拶は平藤眞吾七段。最後に実行委員長の吉村幸夫錦旗会支部長より競技説明。

10時に予選リーグ第1局の対戦がスタート。

僕はA級4組に出場。予選リーグを突破することが目標です。

第1局目はSさんとの対戦。先手番になり中飛車を採用。

後手は三間飛車の為、予定変更し左に玉を穴熊に囲う。

中盤で飛車切りの強襲をかけるも、うまい受けを見落とす。終盤では駒損が響き完敗。

第2局目はI さんです。今回は後手番となり、再度中飛車を採用。

先手は居飛車で左美濃を目指す。中盤で美濃囲いの堅陣を頼りに五筋から強襲。
一進一退の攻防が続くも、なんとか攻めが繋がり先手玉を必至に追い込み、待望の1勝。
第3局目はシャッフル方式で、よりによって3組・1勝1敗の岩﨑柊典君(高1)と対戦することになりました。
岩﨑君は小学生の時から将棋教室で指導しており、最近急激に力を付けてきています。
振り駒の結果、先手は岩﨑君。今回も後手中飛車戦法で美濃囲いに王を囲う。
先手が居飛車から急戦模様に銀を繰り出してきたところを、5筋の歩を交換し飛車を捌いたが、手厚い受けで狙いを消され、終盤では代表的な美濃崩しで寄せられました。岩﨑君、予選通過、おめでとう!!
1勝2敗で予選通過はならず、残念な結果で疲れがどっと出てきましたが、楽しく指せていい勉強になりました。
今日は、将棋関係者の方々との懇談や将棋イベント(大宅三世代交流将棋教室)のPR活動が出来たことなど、有意義なひとときで、いい気分転換になりました。
DSCF8310-11.jpg
DSCF8311-11.jpg
DSCF8312-11.jpg
DSCF8316-11.jpg
DSCF8317-11.jpg
6月23日(土)午後からは「第20回記念佐藤康光杯争奪将棋大会記念対局・佐藤康光九段と北村桂香女流初段」との「目隠し将棋・角落ち」を観戦の為、八幡市文化センターへ出向く。

盤面解説は平藤眞吾七段、聞き手に藤井奈々女流2級です。

下手が中飛車から美濃囲い、上手は趣向を凝らして向飛車。

下手の捌きが奏功し上手王に迫る。端からの上手の反撃から下手玉に必至がかかる。

最後は秒読みの中、下手が上手王を見事に即詰めに寄せ切った見ごたえのある好局でした。

夕方からは「吉兆松花堂店」において祝賀会に京都府連として廣田会長と共に出席。

出演プロ棋士及び野間俊克六段、堀口八幡市長、森川市会議長はじめ吉村大会実行委員長、八幡市の関係者の皆様との懇談と佐藤会長ともゆっくりとお話が出来、有意義なひとときでした。

座が和んだ時に、佐藤会長より堀口市長に三段免状が贈られました。

明日は第20回記念佐藤康光杯争奪将棋大会です。A級で出場してきます。
DSCF8281-11.jpg
DSCF8286-11.jpg
DSCF8287-11.jpg
DSCF8289-11.jpg
DSCF8291-11.jpg
6月23日(土)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」4回目の開講日。

12名の子ども達が受講。

最初に将棋界の話題です。王座戦挑戦者決定戦(先手・深浦康市九段VS後手・藤井聡太七段)の内容。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛し3連覇。

棋聖戦は現在、羽生善治棋聖1勝、挑戦者・豊島将之八段1勝で第3局が大一番。

25日(月)には、竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)が開幕。

今日の大盤講座のテーマは「歩の格言・手筋」の復習と「香車の手筋」「桂馬の手筋」。

折立冨美男棋道指導員と共に解説。

小休止のあとは、指導員3名(小野、折立、阪田)による4面指し駒落ち指導対局を行う。

第5回やましなこども将棋スクールは、7月15日(日)9時30分~12時、東部文化会館にて開催。会費は500円(当日持参)です。

受講される場合は、参加人数を把握の為事前に連絡をお願いします。問い合わせ先・・・090-1815-6018(小野)
DSCF8271-11.jpg
DSCF8272-11.jpg
DSCF8273-11.jpg
DSCF8274-11.jpg
DSCF8275-11.jpg
6月22日(金)午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

北山通りに紫陽花が綺麗に咲いていたので、おもわず写真撮影。

最初に、本日の対局、王座戦挑戦者決定戦(先手・深浦康市九段VS後手・藤井聡太七段)の紹介。

名人戦は佐藤天彦名人が防衛し3連覇。

棋聖戦は現在、羽生善治棋聖1勝、挑戦者・豊島将之八段1勝で第3局が大一番。

25日(月)には、竜王戦決勝トーナメント戦(藤井聡太七段VS都成竜馬五段)が開幕などを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」①守備駒の位置を変える②逃げ道を封鎖する③邪魔駒を消去する、について解説。

講座終了後は指導対局と自由対局です。帰り道も北山通りの緑が映えていたので撮りました。

その後、京都市在田教育長にアポをとり訪問。

羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞受賞記念の講演会・子ども向けのお話・門川市長との対談が無事に終了したことを報告。

続いて、7月28日(土)~29日(日)に開催「第4回夏休み将棋合宿in中川」の来賓として開会式への出席を要請。

今回は会場が冷房の利く「北山杉の里総合センター」なったことを話しました。

DSCF8069 -117月7日(土)10時~13時「おおやけこども園」で開催の「第7回大宅三世代交流将棋教室」の申込み締切日が迫ってきました。
日本将棋連盟棋士・小林健二九段、古森悠太四段によるトークショー、大盤講座、指導対局があります。またとない企画です。たくさんのお申し込みをお待ちしております。
参加費  無料  
詳細は、小野までお問い合わせください。携帯 090-1815-6018
申込締め切り日・・・7月2日(月)
申し込みは下記内容を記入の上、大宅児童館℡075-591-3063 (京都市山科区大宅五反畑町69-13)
又は、iwao-ono@syd.odn.ne.jp  小野(090-1815-6018)まで申込みください。
参加児童氏名(ふりがな)
学校名、学年
住所・電話番号
参加保護者氏名(続柄)
児童のみの参加の場合は○を書いてください。
DSCF8266-11.jpg
DSCF8267-11.jpg
DSCF8269-11.jpg
6月20日(水)15時40分からは大宅小学校将棋部・部活動です。

受講者は20名。

今日の大盤講座は折立指導員ともに、詰将棋の解き方を復習し再度解説。

講座終了後は、3クラス(1、実戦(自由対局) 2、詰将棋の練習 3、指導対局)に分けて、希望のクラスを選択。

実戦希望が12名、詰将棋4名、指導対局4名でした。

詰将棋の練習を折立指導員、小野は4面指し指導対局。
DSCF8263-11.jpg
DSCF8264-11.jpg
DSCF8265-11.jpg
6月19日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。今日も30人近くの方々が参加。

最初に、昨日中京老人福祉センターで開催の「囲碁・将棋交流親睦会」の様子。

続いて、本日山形県天童市で開催の第76期名人戦七番勝負第6局の話題。

大盤講座は阪田指導員と共に飛車落ち戦・上手・田中さんVS下手・高田さんの棋譜を並べて解説。

序盤は上手が角交換から金開きの戦形。下手は矢倉模様から仕掛けたが銀損。

上手必勝かと思いきや、歩切れが影響し逆転。終盤に入っても、二転三転し最後は下手が鮮やかに上手王を寄せ切り勝利!!

下手の指し手が序盤と終盤では別人のようでした。
大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」「王の囲い」「囲いの悪形」について解説。
DSCF8261-11.jpg
6月18日(月)7時58分頃の地震の為、小学校がお休みになりました。その影響で15時からの大宅こども将棋教室は受講生が少ないと判断し、僕一人で対応。
案の定、受講者は1年生が一人。
8枚落ちで45分間の個人レッスンを行う。普段と違い静かすぎました。
DSC_0014-11.jpg
DSC_0009-11.jpg
DSC_0012-11.jpg
IMGP1435.jpg
IMGP1439.jpg
6月18日(月)は9時から中京老人福祉センターで開催の「囲碁・将棋交流親睦会」に出向きました。8時前に自宅を出ようとしたときに地震に遭遇。

阪神淡路大震災の時と同じぐらいの揺れでした。

中京老人福祉センター職員の吉岡毅さんが企画されたイベントで、以前より参加の約束をしていました。吉岡さんとは将棋で三世代にわたりご縁があり、久しぶりの再会です。

椥辻駅から地下鉄の乗ったのですが、徐行運転の為、二条駅まで行くのに大阪まで行くのと同じ位の時間(40分)がかかりました。

なんとか9時に到着。会場では息子さんの知輝君の写真が展示されていて懐かしかったです。久しぶりに囲碁の藤山先生にお会いしたのと、将棋は3局交流対局を楽しみました。
6月17日(日)高校竜王戦京都府大会の速報を連絡頂きましたのでアップします。
京都山科支部のメンバー3名が大活躍!!
優勝・・・・坂本貫太君、準優勝・・・・西田篤史君、ベスト8・・・小森敦也君
激戦の中、素晴らしい成績です。
優勝の坂本君には京都代表として全国大会での活躍を期待し応援しています。
DSC_0008.jpg
6月17日(日)午後よりイオンモール京都桂川で上映の「空飛ぶタイヤ」の映画鑑賞。
ウトウトとする間がない見ごたえのある映画で、信念を貫く強い意志や胸が熱くなる場面が随所にあり良かったです。
豪華俳優陣の演技によって描かれる贅沢な作品は一見の価値ありです!お勧めです!
最後まであきらめずに望みを捨てず戦う気持ちは、将棋の対局時にも持ち続けたいものです。
DSCF8247-11.jpg
DSCF8251-11.jpg
DSCF8252-11.jpg
6月16日(土)午後からは、山科・小野将棋教室です。1部・9名、2部・5名が受講。

最初に、今日の京都新聞朝刊に先日、北野天満宮での羽生善治永世七冠と門川大作京都市長、濱﨑加奈子さんとの対談記事が掲載されていることを話す。

大盤講座は「第29期女流王位戦五番勝負第4局・先手・渡部愛女流二段VS後手・里見香奈女流王位の棋譜を並べて鑑賞。

終盤で先手の「3三桂打」に対し後手が「同金」。この緩手を咎め先手が後手玉を下段に追い込み勝利。

渡部女流二段が女流王位のタイトルを奪取し女流三段に昇段‼おめでとうございます!

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、1部の大岡4級に4枚落ち、隠岐10級、栗本14級に6枚落ちでの指導。
2部は木村1級に2枚落ち、服部悠介4級に6枚落ちでの指導。
<昇級記録>
南颯馬7級→6級(5連勝)
DSCF8236-11.jpg
DSCF8238-11.jpg
DSCF8239-11.jpg
DSCF8242-11.jpg
DSCF8243-11.jpg
DSCF8244-11.jpg
DSCF8245-11.jpg
6月16日(土)午前中は野々村指導員と共に「ももやまこども将棋教室」に向かう。受講者は40名。

最初に、今日の京都新聞朝刊の話題です。

先日、北野天満宮での羽生善治永世七冠と門川大作京都市長、濱﨑加奈子さんとの対談記事が掲載されていることを話す。

将棋や茶道をはじめ伝統文化に触れる豊かな生活を、京都から提案!

次に将棋イベントの案内です。

7月7日(土)10時~13時、おおやけこども園で開催の「第7回大宅三世代交流将棋教室」および7月28日~29日、北山杉の里総合センター・中川小学校で開催の「第4回夏休み将棋合宿in中川」のチラシを配布し、参加を呼びかけた。

大盤講座では、今話題の藤井聡太七段vs石田直裕五段の棋譜「竜王戦5組ランキング戦・決勝」を並べて鑑賞。

講座終了後は、7月から始める予定の「対局カードによる駒落ち対戦」を、みんなの要望に応えて今回より実施しました!!

<昇級記録>5名
菱本麟太郎9級→8級(4連勝)
堤田陽羽12級→11級(3連勝)
髙木里織汰12級→11級(3連勝)
大谷伊織12級→11級(3連勝)
安田貫志15級→14級(3連勝)


DSCF8230-11.jpg
DSCF8232-11.jpg
DSCF8234-11.jpg
DSCF8235-11.jpg
6月15日(金)午前は春日野自町連交流将棋大会の打合せと盤駒25セット購入の確認に南山城学園まで出向きました。

参加対象者は、春日野学区自治町内会に加入世帯が原則です。

7月22日の開催まであと1ヶ月余りですが、目標の参加人員50名を集めて頂くようにお願いをしました。

午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。
受講者は15名。

最初に、明日対局の棋聖戦第2局(羽生善治棋聖VS豊島将之八段)の話題と、6/19~20に天童で開催の名人戦第6局(佐藤天彦名人VS羽生善治竜王)のタイトル戦について話す。

羽生竜王は直近5連敗とハードスケジュールの影響があるのか少し心配です。巻き返しを期待したいです。

大盤講座は、今話題の藤井聡太七段vs石田直裕五段の棋譜「竜王戦5組ランキング戦・決勝」を並べて鑑賞しました。

終盤での「7七飛成」は予測が出来ない素晴らしい!指し手と感じました。

講座終了後は、2面指し指導対局と自由対局です。
DSCF8226-11.jpg
DSCF8229-11.jpg
6月13日(水)15時40分からは大宅小学校将棋部・部活動です。

今日は折立指導員は用事でお休みです。

受講者は18名。

大盤講座は「詰将棋の解き方」①守備駒の位置を変える②逃げ道を封鎖する③邪魔駒を消去する、について解説。

講座終了後は指導対局と自由対局です。

最後に、第7回大宅三世代交流将棋教室(7/7)と第4回夏休み将棋合宿in中川の案内チラシを配布し参加を呼びかけた。
DSCF8220-11.jpg
DSCF8221-11.jpg
DSCF8222-11.jpg
DSCF8224-11.jpg
6月12日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

最初に、羽生善治竜王の直近5連敗と藤井聡太七段の活躍(今期7連勝)の話題です。

大盤講座は阪田指導員と共に共に先手・鳴田さんVS後手・安澤さんの棋譜を並べて解説。

序盤はお互いに飛車を振り先手は美濃囲い、後手は高美濃囲いで対峙。

中盤では後手が受けを誤り、先手の仕掛けが奏功し優勢なったところで先手の勝利。

続いて、思い出の棋譜より、第5回全大日本印刷将棋大会・決勝戦・先手・黒田さん(大阪)VS後手・小野(京都)の棋譜を解説。

先手の注文により、角換わり腰掛銀の戦形。中盤で馬を作るために「2七角」と打った手が大悪手で角損となり、いっぺんに形勢を損ねた。

その後、先手の的確な攻めを決め手を与えないように指し続けた結果、先手に焦りがでてきて「王手は追う手」になり、ついに入玉し大逆転での後手が勝利!!

一局の将棋を、最後まであきらめなず、相手に楽をさせない、決め手を与えない指し方を心掛ければ、大逆転もありうることを実感してもらいたいです。

大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。「手番・持ち駒・駒得の効果」「王手と詰み」「千日手と持将棋」について解説。

将棋教室終了後、帰り道で見事な紫陽花が咲いていたので、アップしました。
DSCF8215-11.jpg
DSCF8217-11.jpg
DSCF8218-11.jpg
6月11日(月)15時からは大宅こども将棋教室の開講日です。

最初に9日(土)に、ひと・まち交流館京都において開催した「文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会」の様子を話す。

1部(15時~15時45分)は、大盤を使い、駒の動き・裏になった動きについての復習です。

その後は、駒を並べて、振り駒をして、自由対局の実戦を横で見守る。

2部(15時45分~16時30分)の大盤講座は、3手詰め詰将棋問題を出題し符号で答える指導。

前回に続いて大盤講座での集中力が途切れる受講生に再度厳重注意(レッドカード相当)。

大盤講座終了後は、指導対局とこども同士の自由対局を行う。
DSCF8171-11.jpg
DSCF8174-11.jpg
DSCF8184-11.jpg
DSCF8193-11.jpg
DSCF8197-11.jpg
DSCF8198-11.jpg
DSCF8184-11.jpg
DSCF8190-11.jpg
DSCF8201-11.jpg
DSCF8205-11.jpg
DSCF8210-11.jpg
DSCF8177-11.jpg
6月10日(日)午前に北野天満宮・史跡御土居の「青もじみ苑公開」へ行きました。

天神さんの本殿では、修学旅行生が昇殿参拝の順番を待っているぐらい多かったです。

本殿を左側に行くと、青もじみ苑の公開です。本殿の前とは大違いで、静かに散策が出来ました。

緑に囲まれた中に赤い鶯橋が印象的でした。
DSCF8093-11.jpg
DSCF8096-11.jpg
DSCF8100-11.jpg
DSCF8103-11.jpg
DSCF8114-11.jpg
DSCF8123-11.jpg
DSCF8124-11.jpg
DSCF8128-11.jpg
DSCF8130-11.jpg
DSCF8133-11.jpg
DSCF8138-11.jpg
6月9日(土)は、ひと・まち交流館京都において「文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会」を開催。
参加チームは、小学校…15チーム、中学校…19チーム、計…34チーム(102名)。

9時30分より、主催者開会挨拶。続いて、村田智弘六段、野間俊克六段及び運営役員の紹介。最後に、競技規定、ルール説明。

対局のトラブルを避ける為、運営役員が見回り、終局後は対局テーブルから速やかに離れること。引率者、保護者の方にもマナーを守るように呼びかけ、トラブル防止に努める。

予選リーグ1回戦を一斉に開始。

対局ルールは、予選リーグ戦・決勝トーナメント戦とも持ち時間は各20分切れ負け。
但し、準決勝・決勝戦の持ち時間は各15分、切れたら以後一手30秒の秒読み。

予選リーグ3回戦はシャッフル方式。2勝通過、2敗失格です。

2回戦が終了し予選リーグ戦敗退チームを優先して指導対局の受付を行い、それぞれ5面指しでの指導対局をお願いしました。

午後1時からは、決勝トーナメント戦。

並行して、指導対局も引き続き行い、48名のこどもたちが指導対局を受けました。

表彰式のあとは、記念写真、閉会です。

おかげさまで、予定より早めに終了。
村田六段、野間六段、運営役員の皆様、引率の先生・保護者の皆様、おつかれさまでした。ありがとうございました。

結果は
<小学校>
優勝・・・「京都市立松陽小学校」(高橋紘生、長嶺駿輔、所幾心)・・・西日本大会への代表権獲得

準優勝・・「京都市立樫原小学校」(勝野寛陽、勝野友康、岩合優和)・・・西日本大会への代表権獲得

三位・・・「京都教育大学付属桃山小学校」(榎川佳希、平井拓斗、雲林院陽太)

・「胡麻郷小学校B」(谷口陽飛、足立悠馬、渡辺流星)

<中学校>
優勝・・・「洛南高等学校附属中学校B」(江田樹、近藤涼馬、吉澤志功)・・・・・西日本大会への代表権獲得

準優勝・・「洛南高等学校附属中学校A」(高橋健、清水皓仁、菊地浩嗣)・・・ 西日本大会への代表権獲得

三位・・・「洛星中学校C」(新保聡一朗、立本泰之、井関健)

・「宇治市立西宇治中学校A」(篠原日向、衣川昂成、森重歩武)

代表権を獲得されたチームは、7月26日(木)にホテルモントレ大阪で開催される西日本大会に出場。
京都府代表として活躍を期待しています。
6月8日(金)午後からは、廣田会長と共に京都府聴覚障碍者協会へ近畿ろうあ者将棋大会開催の打合せに出向く。
日程…7月22日(日) 会場…ホテルビナリオ嵯峨嵐山、
競技種目…個人戦(A級、B級)・団体戦の審判と運営を京都府連が行う。6月下旬に参加人数が確定。
日時   2018年6月7日(木)午前9時30分~11時30分
場所  「ひと・まち交流館京都」2階 市民活動総合センター 交流コーナー
出席者 小野名誉会長、廣田会長、千葉副会長、折立副会長、吉村理事、田中理事、大山理事、水野理事、嵐山支部・木村幹事(廣澤幹事長の代理)
議題
1、文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦 京都府大会の組合せ抽選、開催当日(6月9日)における「ひと・まち交流館 京都」第4・5会議室での役割分担について。 
・組合せ抽選は各理事立会いの上厳正に行う。予選リーグ初戦は同じ学校同士の対戦は当てないように配慮。参加チーム…小学校 15チーム(京都北部地区予選は不開催)、中学校19チーム 計34チーム(102名)
・大将軍支部・・将棋盤・駒30セット、チェスクロック20台、べんとう手配11個、謝礼日当、役員名札
・山科支部(城南支部分)・・・将棋盤・駒30セット、チェスクロック20台、筆記具、マグネット、抽選カード、進行表、対戦表、予選リーグ・決勝トーナメント表、指導対局申込用紙
・山科支部・・・チェスクロック20台、参加賞(駒・根付)、メタル(優勝・準優勝・三位)、表彰状(10枚)、プロ棋士胸章、受付表示 、 *チェスクロックは20分切れ負けにセット
・運営役員は、午前8時40分に「ひと・まち交流館京都」に集合して準備する。
・当日の役割・<会場準備>廣田、折立、廣澤、大山、熊本、小野<受付>吉村、水野、吉田
<司会>廣澤<開会挨拶>小野、廣田<競技規定>折立<賞状書士>吉田
<担当> ・小学校…廣澤、折立、大山 ・中学校…吉村、水野、熊本<指導対局受付>…廣田 
*審判・指導対局・・・野間俊克六段、村田智弘六段 *予選リーグはシャフル方式
*対局のトラブルを避ける為、審判・運営役員が見回り終局後は対局テーブルから速やかに離れることを徹底。
引率者、保護者もマナーを守るように呼びかけトラブル防止に努める。
2、羽生善治永世七冠達成・国民栄誉賞記念、特別講演会(5月12日)収支報告承認
3、京都商工会議所会員申請承認 初年度…37,000円/年、二年度以降…33,000円/年
4、夏休み将棋合宿in中川の中間報告 7月28日~29日に開催 すでに25名が申込み
廣田会長より報告…将棋会場変更(冷房完備)、食事手配、申込状況、学生ボランティア、
5、NPO法人駒文化ネットワーク設立報告…京都市(所轄庁)の審査、認証完了、現在登記手続き中
6、全国中学生選抜将棋選手権大会京都代表選手推薦 男子…高橋健 女子…壽希乃香
7、その他 
本日、京都市児童館学童連盟・山手重信会長にお越し頂き、将棋連盟京都府連との結びつき強化を確認
 近畿ろうあ者将棋大会…7月22日(日) 会場…ホテルビナリオ嵯峨嵐山
第4回夏休み将棋合宿in中川…7月28日~29日 会場…京都北山杉の里総合センター、中川小学校
天神さん子ども将棋交流大会…8月11日(日)  会場…北野天満宮
ゼスト御池寺子屋イベント…8月15日(水)   会場…ゼスト御池河原町広場
上海・北京訪日団懇親会…8月21日(火)18時  会場…チャイニーズレストラン「彩宴」
白竹堂創業300年記念将棋イベント…8月12日(日) 会場…みやこメッセ
放課後学び将棋教室のモデル(大将軍小)…伝統文化親子教室事業に京都府連として申請
11月…北区きずな支援事業…いかに弟子を育てるか・トークショー企画・森七段、山崎八段
ゼスト御池 夜間の活性化の一環として「将棋酒場」の立ち上げを検討…ふたば書房よりの提案
*次回理事会議日程・・・2018年7月19日(木)9時30分~「ひと・まち交流館京都」2階
DSCF8082-11.jpg
DSCF8083-11.jpg
DSCF8080-11.jpg
6月6日(水)15時40分からは大宅小学校将棋部・部活動です。

受講者は20名。折立指導員と相談して3グループに分けて指導していく方針としました。

1グループ・・・初心者(1手詰めの勉強)、2グループ・・・初級者(3手詰めの勉強)、3グループ・・・中級者(5手詰めの勉強)

大盤講座では、1グループに1手詰め問題を出題し、符号で答える練習と詰んだ状態が理解できることを確かめました。

2グループ、3グループには、詰将棋問題を配布し何問解けるかをチャレンジしてもらいました。
DSCF8087-11.jpg
6月6日(水)第8期リコー杯女流王座戦二次予選 において藤井奈々女流3級 が中澤沙耶女流初段 に勝利。本戦進出と待望の女流2級へ昇級!!
これで今期は5連勝と絶好調!!おめでとう。