FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF8071-11.jpg
DSCF8072-11.jpg
DSCF8073-11.jpg
DSCF8075-11.jpg
6月5日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

最初の話題は、昨日行われた第59期王位戦挑戦者決定戦(先手・羽生善治竜王VS後手・豊島将之八段)。

大熱戦の末、豊島八段が菅井王位への挑戦権を獲得。平成生まれ同士の初めてのタイトル戦。時代の移り変わりが実感します。

続いて、藤井聡太七段が第31期竜王戦5組ランキング戦決勝に登場。決勝トーナメント進出をかけて石田直裕五段との注目の一番です。

大盤講座は阪田指導員と共に共に角落ち戦・上手・湊さんVS下手・賀来さんの棋譜を並べて解説。

序盤は下手がカニ囲い、上手は中飛車から美濃囲いで対峙。

中盤からの下手の仕掛けが奏功し上手陣に先攻し優勢。

終盤で上手にチャンスが巡ってきましたが、集中力が途切れたことにより見逃したため、下手が堅実に上手王を寄せ切りました。

一局の将棋を大切に考え、最後まであきらめない、相手に楽をさせない、指し方を心掛けてもらいたいです。

大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。駒の取り方・両取り・成と不成の復習・遊び駒とは?を解説。
DSCF8070.jpg
第7回大宅三世代交流将棋教室のご案内です。詳細は、小野までご連絡ください。090-1815-6018
DSCF8053-11.jpg
DSCF8054-11.jpg
DSCF8056-11.jpg
DSCF8057-11.jpg
DSCF8058-11.jpg
DSCF8059-11.jpg
6月4日(月)15時からは大宅こども将棋教室の開講日です。

最初に「第7回大宅三世代交流将棋教室」(7/7)の案内チラシを配布。

1部(15時~15時45分)の講師は福山先生が担当。対局マナー、駒の動き・裏になった動きについて話し、その後初めて、駒を並べて、振り駒をして、自由対局の実戦を行う。

2部(15時45分~16時30分)は折立先生と共に、再度6枚落ち定跡の指導。

大盤講座での集中力が途切れる受講生に「真面目に将棋に取り組んでいる受講生の妨げになる」ので厳重注意。

大盤講座終了後は、指導対局とこども同士の自由対局を行う。


DSCF8025-11.jpg
DSCF8028-11.jpg
DSCF8029-11.jpg
DSCF8030-11.jpg
DSCF8032-11.jpg
DSCF8035-11.jpg
DSCF8037-11.jpg
DSCF8038-11.jpg
DSCF8042-11.jpg
DSCF8051-11.jpg
6月3日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第166回将棋教室を「京都市東部文化会館」で開催。

今回、Facebookがご縁で、船戸陽子女流二段に山科までお越し頂き、支部会員への指導対局と教室終了後の有志10名による懇親会に参加して頂きました。

参加者は63名(大人34名、こども29名)。

最初に連絡事項。

1、船戸陽子女流二段のご紹介

2、文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会申込の最終受付

3、夏休み将棋合宿in中川(7/28-29)の早期申込み案内

4、大宅三世代交流将棋教室(7/7)の案内

5、京都山科支部将棋教室(7/1)、やましなこども将棋スクール(6/23・7/15)の日程蓮格

その後は、恒例の船戸女流二段を囲んでの記念写真の撮影。対局カードによる駒落ち対戦。

<昇級記録>・・・5名
下野誠太朗5級→4級(6連勝)
平井湧真5級→4級(6連勝)
樋口颯音11級(3連勝)→10級(3連勝)→9級
藤城早登15級→14級(3連勝)

将棋大会終了後、17 時からは支部有志による船戸陽子女流二段を囲んでの懇親会を開催。

阪田幹事長の司会進行。折立副支部長の発声により、乾いた喉を潤しました。

和やかに歓談のあと、一息ついたところで、順番に一分間スピーチ。

船戸女流二段とは対局マナー、上海訪中などを楽しく話しをすることが出来ました。

最後に全員で記念写真を撮りお開き。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。船戸陽子女流二段、運営役員の皆様、おつかれさまでした。
DSCF8018-11.jpg
DSCF8019-11.jpg
DSCF8023-11.jpg
6月2日(土)午後からは、山科・小野将棋教室です。1部・9名、2部・5名が受講。

7月7日(土)に「おおやけこども園」で開催の「第7回大宅三世代交流将棋教室」の参加案内チラシを配り説明。

大盤講座は「天下分け目の関ヶ原」東西人間将棋・先手・渡辺明棋王VS後手・都成竜馬五段の棋譜を並べて鑑賞。

すべての駒を動かすことが条件とのことでしたが、見事に達成‼

将棋の内容も終盤での寄せ合いが見ごたえがありました。

大盤講座終了後は、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、1部の松村6級、黒川8級に6枚落ちでの指導。2部は服部悠介4級に4枚落ちでの指導。

<昇級記録>
南颯馬8級→7級(4連勝)
DSCF8010-11.jpg
DSCF8009-11.jpg
DSCF8013-11.jpg
6月2日(土)午前中は野々村指導員と共に「ももやまこども将棋教室」に向かいました。受講者は43名。

最初に、6月9日(土)に「ひと・まち交流館京都」で開催の文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会の最終案内。

大盤講座では、禁じ手、対局マナーについて話し、その後は詰将棋問題を出題。符号で答えるように指導。

大盤講座終了後は、新規受講者の棋力認定を行う指導対局と自由対局。

今日は棋力認定に追われ対局風景を撮るのを忘れました。

あと1回~2回で新規受講者の棋力認定も終了するので、7月からは「対局カードによる駒落ち対戦」を実施します。お楽しみに!
DSCF8004-11.jpg
DSCF8007-11.jpg
DSCF8008-11.jpg
5月31日(木)午後より、二条城前の「ANAクラウンプラザホテル京都」に出向き、公益社団法人京都市児童館学童連盟・第9回定時総会(平成29年度決算総会)に出席。

山手会長には、5月12日(土)羽生善治永世七冠による「将棋から学んだこと、挑戦する勇気」の子ども向け講演会についての協賛御礼を申し上げました。

会議の目的事項は、平成29年度事業活動報告(案)の承認、平成29年度収支決算報告(案)の承認、役員選任(案)の3議案が議決されました。

定時総会終了後は懇親会です。京都市子ども若者はぐくみ局長はじめ児童館関係者の皆様と交流を図り有意義なひとときでした。