FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF7256-11.jpg
DSCF7260-11.jpg
DSCF7270-11.jpg
DSCF7272-11.jpg
DSCF7275-11.jpg
DSCF7286-11.jpg
4月30日(月・祝)は、9時30分~12時まで「東部文化会館」において「やましなこども将棋スクール」2回目の開講日です。20名の子ども達が受講。

最初に、講師3名(日本将棋連盟公認 棋道師範・五段 小野 巖、 棋道指導員・五段 折立冨美男、京都山科支部 幹事長・四段 阪田 進)の紹介と本日の将棋スクールのスケジュール及び対局マナーについて話す。

先ずは大盤講座です。3手詰め・5手詰め問題のプリントを準備。折立指導員と共に詰将棋のルール、解き方を解説。その後、制限時間30分で詰将棋問題にチャレンジ。

小休止のあとは、子ども同士の平手戦と並行して指導員3名による2面指し駒落ち指導対局を行う。

第3回やましなこども将棋スクールは、5月27日(日)9時30分~12時、東部文化会館にて開催。会費は500円(当日持参)です。

受講される場合は、事前に連絡をお願いします。問い合わせ先・・・090-1815-6018(小野)
スポンサーサイト
DSCF7224-11.jpg
DSCF7226-11.jpg
DSCF7233-11.jpg
DSCF7236-11.jpg
DSCF7237-11.jpg
DSCF7245-11.jpg
DSCF7246-11.jpg
DSCF7248-11.jpg
DSCF7249-11.jpg
DSCF7251-11.jpg
4月29日(日)は、日本将棋連盟 京都府支部連合会主催の将棋大会「ねんりんピック富山2018将棋交流京都予選大会」を「ひと・まち交流館京都」において開催。

京都市(20名)、京都府(16名)合わせて36名が参加。今回は京都府連理事4名が選手として出場。

僕も出場し予選リーグ2局は劣勢の将棋を拾わせて頂きました。決勝トーナメント戦では力尽きベスト8。

久しぶりの将棋大会出場でしたが楽しませて頂きました。

京都SKYセンター上田常務理事にお越し頂き選手激励。

審判・指導対局は西田拓也四段。大会運営は京都府連。

持ち時間は、チェスクロックを使用して各25分切れ負けのルール。但し、決勝戦(3位決定戦含む)は、各15分、以後一手30秒の秒読みです。

結果は、
京都府代表選手・・・3名
江上裕一、山口則夫、千葉 均

京都市代表選手・・・3名
須崎康博、三矢敏弘、廣田長己

代表になられた方々は、11月2日(金)~5日(月)富山県において開催の将棋交流大会に京都府・京都市代表として出場。

大いに活躍されることを期待しています。
DSCF7212-11.jpg
DSCF7213-11.jpg
DSCF7215-11.jpg
DSCF7209.jpg
4月28日(土)の午後は山科・小野将棋教室。1部が10名、2部は8名。

大盤講座は、第76期名人戦七番勝負第2局・先手・佐藤天彦名人VS後手・羽生善治竜王の棋譜を並べて鑑賞。

厚みを活かした先手の構想が奏功。対戦成績を1勝1敗とした。第3局の興福寺の対局が注目される。

大盤講座のあとは、1部の黒川8級・南9級に6枚落ちで、田中13級に8枚落ちでの指導。

並行して受講者同士の対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>
松村7級→6級(5連勝)
南颯馬9級→8級(4連勝)
4月27日(金)午前中は北野天満宮・文道会館において、5月12日(土)午後からの「羽生永世七冠のお話を聞く会」のスケジュール、動線、会場レイアウトなどを確認の為、北野天満宮、京都市、京都市児童館学童連盟、将棋連盟京都府連のメンバー8名が集まり打合せを行った。京都の「よさ」を羽生永世七冠に体験していただく「おもてなし」に心掛けたいです。
4月26日(木)午前中は、「ひと・まち交流館京都」において、日本将棋連盟京都府連の理事会議を開催。
議題 
1、第31回・ねんりんピック富山2018将棋交流大会(京都府・京都市)京都予選大会の組合せ抽選および、開催当日の4月29日(日)における「ひと・まち交流館京都」3階・第4会議室での役割分担。
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・京都市 20名、京都府 16名、計36名
・選手代表(府、市、各1名)事務連絡費5,000円を支給。予選リーグ3局目はシャッフル方式。
・大将軍支部・・盤・駒20、対局時計20(25分切負け設定)、謝礼、名札、参加賞(お茶48)、弁当12
・山科支部・・・賞状8、赤バラ、マグネット、受付表示、代表選手参加申込書
・城南支部・筆記具、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合表、対戦表、抽選カード、指導対局申込表
・大会役員は午前8時30分に、ひと・まち交流館京都に集合して準備する。
・当日の役割<会場準備>小野、廣田、千葉、折立、廣澤、田中、水野、銭本 <受付>吉村、吉田 
<司会>廣澤 <開会挨拶>小野、廣田 <競技規定>千葉 <賞状書士>吉田
・審判・指導対局…西田拓也四段  <京都府>吉村、折立、吉田 <京都市>廣澤、田中、銭本 
   
2、第31回アマチュア竜王戦京都府予選大会の組合せ抽選、開催当日(5月6日)における「ひと・まち交流館京都」3階・第4・5会議室での役割分担について。 
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。予選リーグ戦(シャッフル方式を採用)初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・64名
なお4月22日(日)舞鶴中総合会館で開催されたアマ竜王戦京都北部地区予選大会(23名参加)代表選手2名( 山口則夫、江上裕一)を京都府大会決勝トーナメント戦にシード。京都府北部地区予選を含む総参加人数・・・87名
・大将軍支部・・盤・駒30、対局時計20、謝礼、運営役員日当、弁当11、北部地区代表選手交通費、名札
・山科支部・・・盤・駒10、対局時計20、賞状5、参加賞(扇子)、赤バラ、マグネット
・城南支部・筆記具、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合表、対戦表、抽選カード、指導対局申込表
・審判・指導対局…西田拓也四段 ・運営役員は、午前8時30分に「ひと・まち交流館京都」に集合。
・当日の役割・<会場準備>小野、廣田、千葉、折立、廣澤、吉村、田中 <受付>水野、吉田
<司会>廣澤 <開会挨拶>小野、廣田 <競技規定>千葉 <賞状書士>吉田

3、開催報告ほか
親子ふれあい将棋大会 4月15日(日)参加者・30組(60名)、会場…京都信用金庫 西陣支店
第76期名人戦第2局2日目、4月20日(金)全国一斉大盤解説会(桐山清澄九段)、島津アリーナ
羽生永世七冠に会おう「天神さん将棋大会」4月22日(日)参加者・78名(Aクラス19、Bクラス59)
上海将棋交流(3/30~4/2)京都府訪中団14名、上海・北京訪日団(30名)・8/21(火)18時~「彩宴」予定

4、理事会議日程   6月7日(木)9時30分~12時 「ひと・まち交流館京都」2階交流コーナー会議室
  文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会組み合わせ抽選、6月9日(土)の役割分担ほか
DSCF7187-11.jpg
DSCF7193-11.jpg
DSCF7202-11.jpg
DSCF7204-11.jpg
DSCF7207-11.jpg
4月25日(水)午後より折立指導員と共に「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。

14名(うち見学1名)が受講。

最初に新年度に当たり、4月より新任された京都市みぶ身体障害者福祉会館の池田館長よりご挨拶。

その後、将棋界の話題。

大盤講座は、第76期名人戦七番勝負第2局・先手・佐藤天彦名人VS後手・羽生善治竜王の棋譜を並べて鑑賞。

「7五歩」「6五歩」「7六歩」のあと「6四歩」「7七歩成」「6三歩成」「7八と」「6四角」と一直線に踏み込めば、どうなったかが興味がありました。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(飛車落ち~二枚落ち)を行う。

高橋さんに二枚落ちでうまく指され、4勝1敗1分けの成績。

今回、新任の池田館長とお話をして感じたことは、将棋の情報に詳しく、将棋普及にご理解があり、ありがたかったです。

今後ともよろしくお願い致します。
DSCF7181-11.jpg
DSCF7183-11.jpg
DSCF7185-11.jpg
4月24日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。

最初に第76期名人戦七番勝負と本日対局の藤井聡太六段の話題です。

大盤講座は予定していた棋譜に不備があり、急遽、名人戦第2局・先手・佐藤天彦名人VS後手・羽生善治竜王の棋譜を並べて鑑賞。

第1局と打って変わり、先手の佐藤名人が厚みを活かした布陣で優位を築き快勝。

これで1勝1敗となり、5/8-9に開催の第3局、興福寺の対局が注目の一番。続いて5手詰め詰将棋問題を出題。

大盤講座のあと阪田指導員は前回卒業生の4枚落ちでの実戦指導担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。

2名(うち女性2名)の方が受講。「詰みについて」「簡単な3手詰め」を解説。
お二人とも1手詰めを理解、符号での回答が出来、進歩が素晴らしいです。
DSCF7163.jpg
DSCF7164.jpg
DSCF7165.jpg
DSCF7166-11.jpg
DSCF7168-11.jpg
DSCF7170-11.jpg
DSCF7171-11.jpg
DSCF7172-11.jpg
DSCF7174-11.jpg
DSCF7175-11.jpg
4月22日(日)は、羽生永世七冠に会おう!天神さん子ども将棋大会の開催です。

北野天満宮・文道会館に130名(選手80名、保護者50名)が参加。

A級(有段者)、B級(級位者)に分けてのリーグ戦。

チェスクロックを使用し双方とも20分切れ負けのルールです。

A級は5局指し、B級は12局指しで、それぞれの優勝、準優勝者には、表彰状・記念品に加えて、5月12日(土)午後から北野天満宮・文道会館で開催の「羽生永世七冠のお話を聞く会」に招待しツーショット写真をプレゼント。

将棋大会終了後、天神さんのご厚意で「昇殿参拝」その後、表彰式、閉会式。

結果は、
A級優勝  勝野寛陽
  準優勝 栢本凌汰
B級優勝  元井 遼
  準優勝 佃 綾一郎

保護者の皆様、北野天満宮の関係者の皆様、運営役員の皆様、おつかれさまでした。
DSC_0127.jpg
DSC_0128-11.jpg
DSC_0133.jpg
DSC_0138.jpg
DSC_0143.jpg
DSC_0154.jpg
4月21日(土)午後より、「つつじ」が綺麗に咲いている京都国立博物館で開催の「池大雅特別展」に行ってきました。

新しい館内は、3階までエレベーターで上がり、2階、1階と下りてくる順路です。

比較的空いていてゆっくりとみることが出来ました。

出口で、指で描こう「指墨画にチャレンジ」のコーナーがあり、体験してきました。

次に、京都高島屋7階で開催のミニチュア写真家「田中達也見立ての世界」に行きました。

ここでは、写真撮影がOKのため流れが悪く、人・人・人でいっぱいでした。
DSCF7149-11.jpg
DSCF7150-11.jpg
DSCF7153-11.jpg
DSCF7157-11.jpg
DSCF7158-11.jpg
DSCF7159-11.jpg
DSCF7161-11.jpg
4月20日(金)午後からは、石川県小松市「北陸あわづ温泉 辻のや花乃庄」で開催されている、第75期名人戦七番勝負(佐藤天彦名人VS羽生善治竜王)第2局2日目の全国一斉大盤解説会です。

京都地区は「島津アリーナ・会議室」において、プロ棋士・桐山清澄九段にお越し頂き、大盤解説会および指導対局を実施しました。支部会員、一般の方を含めて30名の方が参加。

本日のスケジュールは、
13時30分~14時30分・・・大盤解説(次の一手問題・第1回)
14時30分~17時00分・・・指導対局(当日受付・10名)
17時00分~18時00分・・・・・大盤解説(第2回)
18時~18時30分・・・・・・夕食休憩
18時30分~終局まで・・・・・大盤解説(第3回)。

佐藤名人優勢の局面から羽生挑戦者が追い上げ熱戦でしたが、終盤では先手の佐藤名人が寄せを読み切り103手で勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。

今回は要所で「次の一手」を3回実施。正解者(多数の時は抽選)5名には、将棋連盟からの賞品5、将棋書籍8、北山杉駒台2を、次の一手問題の賞品としました。

桐山九段、参加頂いた皆様、役員の皆様、長時間おつかれさまでした。
本日は、第76期名人戦第2局「全国一斉大盤解説会」の開催です。奮ってご参加いただきますようご案内致します。
                  記
日時    平成30年4月20日(金) 午後1時30分~終局まで 
(ただし、会場の都合により、午後9時までを限度とします。)
会場    「島津アリーナ京都」会議室
京都市北区大将軍鷹司町
       電話 075-462-9191
イベント内容
4月19日・20日(木・金)に実施される第76期名人戦第2局2日目(佐藤天彦名人VS挑戦者羽生善治竜王)の全国大盤解説会を開催。
京都地区はプロ棋士(桐山清澄九段)による大盤解説会および指導対局を実施します。

スケジュール予定
13時30分~15時・・・大盤解説(第1回)・・・次の一手出題
15時~17時・・・指導対局(当日受付・申し込み多数の場合は抽選)
17時~18時・・・・・・大盤解説(第2回)・・・次の一手出題
18時~18時30分・・・夕食休憩
18時30分~終局まで・・大盤解説(第3回)・・・次の一手出題

参加費   一般  500円(受付にて当日支払い)
      支部会員  無料(支部会員カード持参)
指導対局  500円
申し込み  当日参加OK

なお、その他お問い合わせは、下記へお願いします。
日本将棋連盟 京都府支部連合会 小野 巖まで
携帯 090-1815-6018
CIMG0252_20180419202741a1e.jpg
DSCF7147-11.jpg
DSCF7146.jpg
4月19日(木)昼前より「向日町囲碁将棋クラブ」へ出向く。兼ねてより日本将棋連盟京都支部に入会の相談を受けていたので、必要書類を持参し説明してきました。

4月27日・28日・29日・30日のプレオープンおよび5月1日のオープンに向けて、内装などの準備をされているところでした。

囲碁五段の清水三雄さん(ペタンク京都代表)とは、宮城県多賀城市で開催の「ねんりんピック宮城・仙台2012」において、新幹線の中で将棋(二枚落ち)を指した間柄です。それから将棋を続けて棋力向上を目指されているが、囲碁と勝手が違うようです。

今回、将棋に力を注ぎたいとのことで、支部入会を希望されています。

場所は、向日市寺戸町辰巳22-1 BNコート洛西3F (向陽幼稚園横・・・阪急東向日駅徒歩7分)
電話(FAX) 075-931-5477

営業時間は、午後1時~午後7時
定休日・・・毎週火曜日
ファミリー教室・・・毎週土曜日・午前10時~12時(予約制)

向日町囲碁将棋クラブ代表・・・木村くみ子
日本棋院向日支部支部長・・・清水三雄

帰りに、JR山科駅前2階にある「ふたば書房」の将棋書籍コーナーを見にいきました。将棋・囲碁コーナーとなっており、将棋書籍が目立つ配置になっていて、将棋に力を入れて頂いていることが、うれしかったです。


DSCF7142-11.jpg
DSCF7140.jpg
DSCF7145-11.jpg
DSCF7144-11.jpg
4月18日(水)午後からは、日吉ヶ丘高校1年4組クラス会に京都ホテルオークラ地下一階「桃季」に出向きました。

久し振りのクラス会で次回はあるかどうか分かりませんとの案内でしたので、なんと20名(男性10名、女性10名)が出席しました。

近況報告と昨年末に突然亡くなられた幹事役の山本さんを偲び全員がスピーチ。

長年お会いしていない方は、顔と名前が一致せず分からなかったです。

楽しい懇談のひとときが短く感じました。
DSCF7129-11.jpg
DSCF7130-11.jpg
DSCF7132-11.jpg
DSCF7133-11.jpg
DSCF7134-11.jpg
4月17日(火)午前い中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日です。通り道で「ハナミズキ」が綺麗でした。

最初に昨年度活躍した棋士が受賞の「将棋大賞」の話題です。最優秀棋士賞は羽生善治竜王(22度目)。

特別賞・新人賞・記録4部門(最多対局賞・最多勝利賞・勝率1位賞・連勝賞)は藤井聡太六段が受賞。

次に、名人戦七番勝負第1局は羽生挑戦者が踏み込みのいい将棋で勝利。第2局は4月19日~20日に「北陸あわづ温泉 辻のや花乃庄」で開催。

なお、2日目の4月20日(金)は全国一斉大盤解説会が行われます。

京都会場は「島津アリーナ・会議室」で13時30分より桐山清澄九段による大盤解説・次の一手問題・指導対局を行います。支部会員は無料、一般の方は500円です。ご来場をお待ちしています。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・村瀬さんVS後手・山本さんによる女性同士の平手戦を解説。

序盤は先手が中飛車から美濃囲い。後手も四間飛車から美濃囲いで対峙。

中盤では角交換後、お互いに桂頭にキズを抱えていましたが、先手の歩切れが痛く、後手がうまく駒得を図り優勢。

その後、先手にも大きなチャンスが2回ありましたが、疲れが出てきたのか見逃し、後手が押し切った将棋でした。

好手と悪手が入り混じっていましたが134手の大熱戦は素晴らしいです。

課題としては「局面の優先順位に敏感になる」「狙いを持った指し手に心掛ける」などが求められます。これからも、精進を積んで棋力向上を目指して頂きたいです。

大盤講座のあとは対局カードによる対戦。阪田指導員は前回卒業生の6枚落ちでの実戦指導担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。
2名(うち女性2名)の方が受講。「駒が成る」「王手について」「合い駒をして王手を遮る」を解説。
DSCF7124.jpg
DSCF7125-11.jpg
早いもので母が98歳で昨年の4月17日に亡くなってから1年になります。

4月15日(日)は足元の悪い中、親戚や長男家族、次男家族に山科の小野宅まで来て頂き一周忌の法要を行いました。

お坊さんに読経をあげてもらい、焼香を順番に行なった50分ぐらいの時間がいつの間にか正座が出来なくなっていました。

その後、場所を変えて会食です。久しぶりに母を偲んで話が弾みました。
DSCF7112-11.jpg
DSCF7113-11.jpg
DSCF7116-11.jpg
DSCF7104.jpg
4月14日(土)の午後は山科・小野将棋教室。1部が11名、2部は7名。

大盤講座は、第76期名人戦七番勝負第1局・先手・羽生善治竜王VS後手・佐藤天彦名人の棋譜を並べて鑑賞。

横歩取りの戦形から後手が仕掛け妥協を許さない激しい攻め合いの展開。

中盤では一進一退の攻防が続く名局。

終盤では先手が緩急自在に後手王をうまく寄せ切り羽生竜王が幸先の良い1勝を挙げた。

大盤講座のあとは、1部の大岡5級・西出7級・樋口8級に6枚落ちで、栗本14級に8枚落ちでの指導。

2部は服部篤志4級に4枚落ちでの指導。

並行して受講者同士の対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>
大岡慶乃5級→4級(9勝3敗)
南颯馬10級→9級(3連勝)
日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。
万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。
記                     
日時   2018年6月3日(日)午後1時~5時
* 今回の開催日は、第1日曜日です。
場所 「京都市東部文化会館」第1・第2・第3会議室(会議室内は禁煙です)
(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
       電話(075)502-1012 
4月12日(木)午前中は、「ひと・まち交流館京都」において、日本将棋連盟京都府連の定期理事会議を開催。
出席者・・・小野会長、廣田副会長、千葉副会長、吉村幹事長、廣澤事務局長、折立理事、田中理事、大山理事、水野理事、岡本会計(新任)
議題 
1、定時理事会役員改選・・・小野会長→代表権のある名誉会長(期限2018年12月末)、
廣田副会長(事業局長)→会長(事業局長)、千葉副会長→副会長、折立理事→副会長、吉村幹事長→理事、廣澤事務局長→幹事長(事務局長)、田中会計監査→会計監査、会計→岡本理事(新任)

2、2017年度 京都府支部連合会・会計報告
田中会計監査より「領収書を監査した結果間違いないことを認めます」の報告。預金通帳、現金持参し確認。

3、羽生永世七冠国民栄誉賞受賞記念講演会(5/12)チケット販売状況

4、親子ふれあい将棋大会・・4月15日(日)9時~16時 会場・京都信用金庫 西陣支店
組み合わせ抽選時、初戦は同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮・30組・60名参加スイス方式  運営役員・・・野間、廣田、折立、廣澤、田中、櫻井、吉見、志摩(筆耕)
山科支部(折立)・盤駒20セット、チェスクロック20台・・4/22も使用、不足分は大将軍支部

5、羽生善治永世七冠と会おう将棋大会・・・4月22日(日)会場・・・北野天満宮
組み合わせ抽選時、初戦は同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮。役員は8時30分集合、運営役員・・・野間、小野、廣田、廣澤、田中、岡本、熊本、豊永

6、第76期名人戦第2局2日目、4月20日(金)全国一斉大盤解説会(桐山清澄九段)
「島津アリーナ」会議室での役割分担。13時集合(小野、廣田、折立、吉村)
大将軍支部…大盤、将棋盤・駒5セット、賞品5・将棋書籍5冊、夕食弁当5
山科支部…次の一手カード、指導対局申込表、胸章リボン、名札

7、その他
第4回夏休み将棋合宿in中川・・・7/28-29、天神さん子ども将棋大会・・・8/11予定
創業300年記念白竹堂将棋イベント・・・8/12、会場・みやこメッセ…「西遊棋」主催予定

<今後の理事会議日程>・「ひと・まち交流館京都」2階・交流会議室・・・9時30分~12時
4月26日(木)・・ねんりんピック2018富山及びアマ竜王戦・組み合わせ抽選、役割分担
6月 7日(木)・・文部科学大臣杯第14回小・中学校将棋団体戦京都府大会の組み合わせ抽選、役割分担、全国中学生選抜将棋選手権大会京都代表男子1名、女子1名選出
以上

DSCF7099-11.jpg
DSCF7100-11.jpg
DSCF7102-11.jpg
DSCF7103-11.jpg
4月10日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日です。

最初に本日の対局、第11期マイナビ女子オープン五番勝負第1局(加藤桃子女王VS西山朋佳奨励会三段)と竜王戦5組ランキング戦・藤井聡太六段VS阿部光瑠六段の話題です。

それと、注目の第76期名人戦七番勝負第1局(佐藤天彦名人VS羽生善治竜王・棋聖)が4/11-12日にホテル椿山荘東京開催されることを話す。

大盤講座は阪田指導員と共に上手・田中さんVS下手・小山さんの飛車落ち戦の棋譜を並べて解説。

序盤は上手が中住まいの王に対し、下手は左美濃の布陣。中盤で下手の角が壁になっているのか不満も、上手が指しすぎて歩切れ。

下手にチャンスが巡ってきたが、指し手の優先順位を誤り上手が銀得、さらに「と金」作りに成功。

終盤では、劣勢の下手に角を捌く勝負手がありましたが見送ったため、上手の堅実な寄せが奏功し勝利。

下手の小山さんは棋歴1年でのデビュー戦でしたが、よく頑張られました。

課題としては「駒の損得に敏感になること」と「相手の狙いがどこにあるかを察知し優先すべき指し手を考える」ことが求められます。今後の精進を期待しています。

大盤講座のあとは対局カードによる対戦。阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座を担当。
2名(うち女性2名)の方が受講。「駒損と駒得」「持ち駒を打つ」を解説。
DSCF7027-11.jpg
DSCF7028-11.jpg
DSCF7031-11.jpg
DSCF7036-11.jpg
DSCF7038-11.jpg
DSCF7039-11.jpg
DSCF7040-11.jpg
DSCF7047-11.jpg
DSCF7048-11.jpg
DSCF7050-11.jpg
DSCF7059-11.jpg
DSCF7064-11.jpg
DSCF7068-11.jpg
DSCF7069-11.jpg
DSCF7079-11.jpg
DSCF7086-11.jpg
DSCF7088-11.jpg
DSCF7096-11.jpg
4月8日(日)9時より17時まで、東部文化会館において、日本将棋連盟・京都山科支部第23回将棋交流大会を開催。

西川和宏六段、西田拓也四段にお越し頂きました。

参加人数は70名。椅子の数が足りず苦肉の策として、B級の4人一組の予選リーグ戦において、3人枠(1人・不戦勝)を多く作りなんとか乗り切りましたが、運営役員席の椅子が無くなり、たいへんでした。

最初に小野より、5月12日(土)にグランドプリンスホテル京都にて行われる「羽生永世七冠国民栄誉賞受賞記念講演会」の案内と協力依頼。

それと、4/20-22に100名支部特典で京都山科支部より出場の支部名人戦・対抗戦、シニア名人戦西地区大会出場選手の紹介と激励。

続いて、阪田幹事長より将棋大会の案内(4/22・天神さん子ども将棋大会、4/20・名人戦大盤解説会、4/29・ねんりんピック2018将棋交流大会、5/6・アマ竜王戦)

その後、将棋交流大会ルール説明を折立副支部長より行う。

最後に、恒例のプロ棋士を囲んでの記念写真を撮りました。

対局は、山科支部の駒割り規定によるハンデ戦で4枚落ちまでとする。

持ち時間は各25分(チェスクロック使用)切れ負け。

B級予選リーグ戦はチェスクロックを使用せずに対局。但し、進行が遅れている場合はチェスクロック使用する。

その他のルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用。問題が生じた時は、すべて運営役員の判定に従うこと。

A級(五段~1級)とB級(2級~15級)に分かれて、4人一組の2勝通過、2敗失格の予選リーグ戦。

決勝トーナメント戦はA級4回、B級は5回勝ち抜くと優勝です。

将棋交流大会と並行して、西川和宏六段、西田拓也四段には指導対局をお願いし、予選リーグ敗退者を優先して4面指しで40名の支部会員が指導を受けました。

局後は丁寧なワンポイントアドバイスを頂きました。

決勝トーナメント戦では、ハイレベルな大熱戦を展開。

A級決勝戦は村田祈星五段と小森敦也三段との角落ち対戦。結果は村田五段が見事優勝の栄誉を勝ち取りました。

B級の決勝戦は木村泰裕2級が村上朋裕4級との角落ち戦を制し見事優勝。

<将棋交流大会結果>
A級
優勝・村田祈星五段(大1)
準優勝・小森敦也三段(高2)
3位・小島篤初段
3位・武田唯文初段(高1)

B級
優勝・木村泰裕2級
準優勝・村上朋裕4級(高2)
3位・高山一夫3級
3位・源本雅弥3級(中3)

将棋大会終了後、17 時からは支部有志による西川和宏六段、西田拓也四段を囲んでの懇親会を開催。

折立副支部長の発声により、乾いた喉を潤しました。

和やかに歓談のあと、一息ついたところで、阪田幹事長の司会により一分間スピーチを順番にお願いしました。
最後に全員で記念写真を撮りお開き。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。西川六段、西田四段、運営役員の皆様、おつかれさまでした。
DSCF7016-11.jpg
DSCF7018.jpg
DSCF7021.jpg
4月7日(土)の午後は山科・小野将棋教室。1部が11名、2部は9名。

今日は新入会が2名(田中成君、栗本蒼真君)来てくれました。

大盤講座は、第68期王将戦一次予選・先手・井上慶太九段VS後手・藤井聡太六段の棋譜を並べて鑑賞。

矢倉の戦形から後手が仕掛け攻め合いの展開。

終盤で先手の指し手が素晴らしく最後は見事に後手玉を即詰に打ち取った一局でした。

大盤講座のあとは、1部の黒川8級・堤田10級・南10級・田中13級・栗本14級に6枚落ちでの指導。

2部は木村晴悠2級に2枚落ちでの指導。

並行して受講者同士の対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>
隠岐僚太12級→11級(3連勝)
4月6日(金)午前に京都府連・廣田副会長と共に関西将棋会館を訪問。
井上常務理事にお時間を頂き要件を2件申し上げました。
1、5月12日(土)羽生永世七冠国民栄誉賞受賞記念イベントについての詳細説明と協力依頼。
2、8月12日(日)に「みやこメッセ」で開催予定の「白竹堂(扇子)創業300年記念将棋イベント」について、京都府連としての関わり方を確認。
帰りに将棋連盟の売店で、京都山科支部将棋交流大会(4/8)の将棋書籍などの賞品を購入。
やましなこども将棋スクールのご案内

日時  平成30年4月30日(月・祝)午前9時30分~12時…第2回開講日
     平成30年5月27日(日) 午前9時30分~12時…第3回開講日 


なお、第4回以降の開講日は決まり次第「巖ちゃんの将棋道場・日記欄」に掲載。

会場    京都市東部文化会館 第2会議室

会費    小・中学生   1回受講   500円(当日持参)

募集定員  30名・・・(参加人数確認の為、事前に申し込み願います)

指導員  日本将棋連盟公認 棋道師範・五段 小野 巖
       日本将棋連盟公認 棋道指導員・五段 折立冨美男
       日本将棋連盟京都山科支部 幹事長・四段 阪田 進

問い合わせ先   日本将棋連盟京都山科支部 支部長 小野 巖 TEL 090-1815-6018
DSCF6428-11.jpg
DSCF6446-11.jpg
DSCF6449-11.jpg
DSCF6467-11.jpg
DSCF6469-11.jpg
DSCF6472-11.jpg
DSCF6476-11.jpg
DSCF6480-11.jpg
DSCF6486-11.jpg
DSCF6494-11.jpg
DSCF6503-11.jpg
DSCF6507-11.jpg
DSCF6513-11.jpg
DSCF6520-11.jpg
DSCF6521.jpg
DSCF6525-11.jpg
DSCF6526-11.jpg
DSCF6535-11.jpg
DSCF6542-11.jpg
DSCF6544-11.jpg
DSCF6545-11.jpg
DSCF6546-11.jpg
DSCF6550-11.jpg
DSCF6558-11.jpg
DSCF6563-11.jpg
DSCF6573-11.jpg
DSCF6584-11.jpg
DSCF6585-11.jpg
DSCF6588-11.jpg
DSCF6591-11.jpg
DSCF6593-11.jpg
DSCF6600-11.jpg
DSCF6603-11.jpg
DSCF6614.jpg
DSCF6621-11.jpg
DSCF6624-11.jpg
DSCF6630-11.jpg
DSCF6633-11.jpg
DSCF6647-11.jpg
DSCF6685-11.jpg
DSCF6690-11.jpg
DSCF6694-11.jpg
DSCF6699-11.jpg
DSCF6701-11.jpg
DSCF6706-11.jpg
DSCF6710-11.jpg
DSCF6716-11.jpg
DSCF6718-11.jpg
DSCF6720-11.jpg
DSCF6721-11.jpg
DSCF6726-11.jpg
DSCF6727-11.jpg
DSCF6728-11.jpg
DSCF6744-11.jpg
DSCF6746-11.jpg
DSCF6752-11.jpg
DSCF6756-11.jpg
DSCF6758-11.jpg
DSCF6759-11.jpg
DSCF6760-11.jpg
DSCF6762-11.jpg
DSCF6777-11.jpg
DSCF6789-11.jpg
DSCF6792-11.jpg
DSCF6806-11.jpg
DSCF6814-11.jpg
DSCF6841-11.jpg
DSCF6843-11.jpg
DSCF6846-11.jpg
DSCF6847-11.jpg
DSCF6859-11.jpg
DSCF6865-11.jpg
DSCF6880-11.jpg
DSCF6884-11.jpg
DSCF6891-11.jpg
DSCF6898-11.jpg
DSCF6911-11.jpg
DSCF6923-11.jpg
DSCF6925-11.jpg
DSCF6930-11.jpg
DSCF6931-11.jpg
DSCF6939-11.jpg
DSCF6944-11.jpg
DSCF6967-11.jpg
DSCF6972-11.jpg
DSCF6973-11.jpg
DSCF6975-11.jpg
DSCF6980-11.jpg
DSCF6985-11.jpg
DSCF6986-11.jpg
DSCF6993-11.jpg
DSCF6998-11.jpg
DSCF7004-11.jpg
DSCF7005-11.jpg
3月30日~4月2日の3泊4日の日程で「上海許建東将棋倶楽部主催・日中友好(国交回復)45周年記念子ども将棋交流大会」に京都府訪中団14名(大人9名、こども5名)で参加してきました。

「はるか3号」に乗り予定通り通り関西空港に全員集合。

スムーズに搭乗手続きを完了するも、上海が天候不順?とのため、JL891便が約1時間遅れで出発し上海浦東空港に到着。

空港で許建東さん、恵下さんの出迎えを受けました。許建東さんの計らいで、なんとか東遼陽中学校訪問に間に合い「熱烈歓迎」を受けました。

今回の旅は天候に恵まれ、限られた時間の中で、東遼陽中学訪問、娄山中学での将棋交流、上海許建東将棋倶楽部将棋教室訪問、崇明島観光、外灘・南京路步行街、上海博物館周辺、豫園商場など、盛り沢山のスケジュールを組んで頂きました。

食事も事前に献立をチェックして口に合うものを取り揃えるなど「おもてなし」が行き届いており、特にこどもたちに取っては、忘れられない良い経験になったと思っております。

何よりも、心配していた最終の「はるか60号」に乗車出来、14名全員が無事に元気に帰国出来たことで「ほっと」しました。

それと、千葉(5名)、高知(9名)、香川(2名)からの参加があり、それぞれスケジュールが異なり、いろいろとアクシデントがありましたが、許建東さんの臨機応変の計らいで無事に対応されたことに訪中団として感謝申し上げます。

許建東理事長、恵下事務局長、お世話になりました。ありがとうございました。

8月の訪日でお会いできることを楽しみにしております。

最後になりましたが、京都府訪中団においては、皆様方のご協力により楽しい充実した交流が持てて、無事に帰国出来ましたことに対し、感謝いたします。

[スケジュール]
3/30(金) 
6:21~ 7:41・・「はるか3号」京都駅~関西空港
10:10(1時間遅れ)~11:45(13時頃)・・関西空港~上海浦東空港(JL891便)
14:50~17:00・・・東遼陽中学訪問
17:20~19:20・・・夕食
20:00~20:30・・金水湾大酒店・チェックイン
20:40~21:30・・徒歩5分~上海許建東将棋教室
21:40~・・・・・・金水湾大酒店(4つ星ホテル宿泊)

3/31(土) 
6:30~7:00・・・・朝食
7:30~8:10・・・・貸切 バスにて将棋大会会場に移動(会場:上海市婁山中学校)
8:10~8:30・・・・婁山中学校校内将棋室案内
8:30~12:40・・・娄山中学(2018年上海市"娄山杯"将棋大会&"所司和晴杯"将棋駒落大会)
12:50~13:30・・昼食 (婁山中学校内食堂)
13:30~16:00・・貸切バスにて「崇明島」へ移動
16:00~17:00・・崇明島観光(崇明博物館ほか)
17:30~22:00・・上海天鶴大酒店(チェックイン・歓迎交流会・指導対局・宿泊)

4/1(日) 
7:00~7:30・・・・朝食
8:50~9:40・・・貸切 バスにて移動
9:50~12:10・・・崇明島観光(西沙国家湿地公園ほか)
12:10~13:00・・昼食
13:10~16:10・・貸切 バスにて移動
16:10~18:00・・外灘・南京路步行街
18:30~19:00・・金水湾大酒店・チェックイン
19:30~20:30・・夕食
21:00~22:00・・指導対局(金水湾大酒店・宿泊)

4/2(月)
7:00~7:30・・・・朝食
9:30~10:00・・・貸切 バスにて移動
10:00~11:00・・上海博物館周辺
11:10~11:30・・・貸切 バスにて移動
11:30~14:00・・豫園商場
14:00~15:00・・・貸切 バスにて移動
18:10~21:35・・上海浦東空港(JL898便)~関西空港
22:16~23:32・・「はるか60号」・関西空港~京都駅
DSCF7007.jpg
DSCF7008.jpg
DSCF7009.jpg
4月3日(火)の午前0時過ぎに上海より帰国。

午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」6ヶ月講座の初回開講日です。

最初に上海将棋交流での話題です。

大盤講座は阪田指導員と共に、第66期王座戦に時予選決勝・先手・藤井聡太六段VS後手・糸谷哲郎八段の棋譜を並べて観賞。

序盤は後手が阪田流向飛車に対し、先手は居飛車で対峙。中盤に入り強烈な攻め合い。終盤では先手が自王の詰めろを消しながら後手に詰めろをかけ勝利。

大盤講座のあとは詰将棋を1問。その後は対局カードによる対戦。阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座初回を担当。
3名(うち女性2名)の方が受講。
将棋の歴史、マス目の呼び方、駒の名前と種類、駒の移動、駒の利き・取る・取られるを解説。今回の受講生は、初歩的なことはご存知なようで講座をスムーズに勧めることが出来ました。