FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF6267-11.jpg
DSCF6268-11.jpg
3月20日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

最初に直近での対局の話題です。18日に行われたA級順位戦プレーオフの羽生竜王VS豊島八段の結果、本日対局の棋王戦第4局、明日対局の羽生竜王VS稲葉八段の名人挑戦権をかけた大一番、22日対局の糸谷八段VS藤井六段と注目のカードが目白押しです。

大盤講座は阪田指導員と共にA級優勝者・鵜頭さん(飛車落ち)VS C級優勝者・佐藤さんの棋譜を並べて解説。

序盤で上手から角交換の悪手。下手がすかさず上手の悪手をとがめ、馬を作り大優勢となる。ところが、下手が居玉のまま戦端を開いたため、上手にうまく対応され終盤では逆転。上手の鵜頭さんが勝利。2連覇を図った。
玉を囲ってから戦端を開けば、下手の会心譜になったと思われるだけに、下手にとっては残念な一局。
続いて、A級順位戦プレーオフの羽生竜王VS豊島八段の棋譜を並べてみなさんで鑑賞。羽生竜王の踏み込みの良さには、おどろきました。明日の稲葉八段戦が楽しみです。
大盤講座のあとは対局カードによる対戦。阪田指導員は前回卒業生の実戦指導担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。5名(うち女性4名)の方が受講。
「合い駒による詰みと逃れ」「受け駒による詰みと逃れ」「受けの利かない詰めろ(必至)」を解説。これで6ヶ月講座は終了。最終日の27日は4月からは実戦指導に備えて、8枚落ち、6枚落ちの定跡を指導する予定です。これからは実戦経験を積んで「将棋の楽しさ」を分かってもらいたいです。
スポンサーサイト