FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

DSCF5150-1.jpg
DSCF5151-11.jpg
DSCF5154-11.jpg
DSCF5155-11.jpg
12月19日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。

最初に、棋王戦挑戦者決定二番勝負(永瀬拓矢六段VS黒沢怜生五段)の第1局は敗者復活戦を勝ち上がってきた黒沢五段が勝利。第2局の大一番は12月27日(水)東京将棋会館で開催され、渡辺明棋王への挑戦者が決定する。

続いて、朝日杯将棋オープン戦予選において、藤井聡太四段が屋敷九段(A級)、松尾八段(B級1組)を連破し本戦入りを決めた。通算成績、54勝9敗(0.857)。

A級順位戦、豊島八段VS渡辺棋王において、渡辺棋王が勝利し、挑戦者争いが混沌。
成績順・・・羽生棋聖・5勝2敗、豊島八段・5勝2敗・久保王将・4勝2敗、佐藤康光九段・4勝3敗、渡辺棋王・4勝4敗などの話題。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・安倍さん(女性)VS後手・稲葉さんの棋譜を並べて解説。

お互い実戦経験が浅い割には、いい手を指されていたのですが、双方ともに肝心の局面になると悪手が目立ち、その悪手を咎めないため好手に変わる局面が多くありました。

今後は、さらに実戦経験を積んで、狙いを持った指し手に心掛けるとともに、相手の狙いを見抜く力もつけてもらいたいです。
結果は、指し分けとしました。

大盤講座のあと阪田進指導員は前回卒業生の実戦(6枚落ち)指導を担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。7名(うち女性4名)の方が受講。
「駒の働きによる価値を知る」「駒の取り方」の講座です。将棋の格言を交えながら解説し、符号で答えることを指導する。
スポンサーサイト