FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。なお、体験受講に来られる折には、事前にご連絡をお願い致します。
              記                     
日時 
2017年12月 3日(日) 午後1時~5時・・・160回将棋教室(第1・2・3会議室)
2018年 1月14日(日) 午後1時~5時・・・161回将棋教室(第1・2会議室及び和室A)
場所 
「京都市東部文化会館」 会議室(室内は禁煙です)
(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)電話(075)502-1012 

日本将棋連盟京都山科支部 支部長
公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋 棋道師範・五段   小野 巖
        電話 075-581-7304・携帯 090-1815-6018
E-mail: iwao-ono@syd.odn.ne.jp 巖ちゃんの将棋道場 http://www2.odn.ne.jp/iwao/
スポンサーサイト
DSCF4902.jpg
DSCF4906.jpg
DSCF4907.jpg
11月28日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」の開講日。みなさん熱心で、今日も大勢の方々に参加頂きました。

最初に京都出身の西田拓也四段が加古川清流戦において優勝。25日に盛大な祝賀会が開催されたことを話す。

タイトル戦の日程は、12月4・5日(月・火)に竜王戦七番勝負第5局の大一番が鹿児島県「指宿白水館」で開催。

1月7・8日(日・月祝)には、久保利明王将に豊島将之八段が挑戦する「王将戦七番勝負第1局」が静岡県「掛川城 二の丸茶室」において開催。

大盤講座は阪田指導員と共に先手・村瀬さんVS後手・藤田さんの女性同士の棋譜を並べて解説。

序盤は先手が中飛車から美濃に王を囲い、後手は居飛車棒銀から矢倉模様に王を囲う。
中盤において、双方ともに緩手がありましたが、銀得の後手が局面を優位に進めた。
終盤でも後手のペースも最後の寄せで大逆転の局面があり、ハラハラドキドキの将棋でした。結果は、後手が勝利。

将棋をはじめて1~2年でここまで指せたことは、素晴らしいです。
欲を言えば、肝心な局面での対応を身につけてもらいたいです。

大盤講座のあと阪田進指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。
僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当。
9名(うち女性6名)の方が受講。
将棋の格言を含めた「1手詰め・3手詰め」の復習です。符号で答えることと、詰みの形を理解してもらいました。