巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3830-1.jpg
DSCF3833-1.jpg
DSCF3838.jpg
DSCF3840.jpg
DSCF3841.jpg
DSCF3842-1.jpg
DSCF3844-1.jpg
DSCF3846.jpg
DSCF3828-1.jpg
DSCF3848.jpg
DSCF3849.jpg
10月17日(火)午後からは、5年ぶりに六原小学校・門川学級ミニクラス会に出席。

会場はJR稲荷駅前の「玉屋」です。

門川学級のクラス会は、5年前の古希のクラス会で一区切りとなりましたが、その後、幹事の松田さんへ再会の希望が多数あり、平日のお昼に小規模なクラス会として開催されることになりました。

11名が出席。みんな60年前にタイムスリップし、次から次と話がつきませんでした。

気の置けない幼馴染との3時間の語らいは短く感じました。

次は、2年後に喜寿記念として一泊二日の旅行を企画してほしいと意見が一致。幹事の松田さん、いつもお世話になりますが、よろしくお願いいたします。楽しみにしております。

終了後、久しぶりに伏見稲荷大社本殿に参拝。帰りの裏参道は外国人でにぎわっていました。
スポンサーサイト
DSCF3819.jpg
DSCF3821-1.jpg
DSCF3822-1.jpg
DSCF3824.jpg
10月17日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。

7名(うち女性5名)の方が受講。

最初に、第65期王座戦五番勝負(羽生善治王座VS挑戦者・中村太一六段)第4局の大一番において中村太一六段が勝利。

通算3勝1敗でタイトル奪取。同時に七段昇段の話題。

次に、第30期竜王戦第1局(渡辺明竜王VS羽生善治挑戦者)が10月20日(金)~21日(土)に東京・渋谷の「セルリアンタワー能楽堂」において開催。注目の一番です。

大盤講座は阪田指導員と共に、上手・廣田さんVS下手・竹田さんの角落ちの棋譜を並べて解説。

序盤は双方とも慎重な駒組で対峙。中盤に指しかかったところで、上手に致命的なミス。

終盤では下手が駒得し上手王を包むように寄せ切った。

続いて、詰将棋問題は5手詰め問題を出題。

大盤講座のあと、阪田指導員は前回卒業生の実戦指導を担当。

僕は、初めての将棋教室の6ヶ月講座担当です。

「駒損と駒得」を詳細に解説。符号で答えるように指導する。