巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3088.jpg
DSCF3092.jpg
DSCF3099.jpg
DSCF3101.jpg
DSCF3103.jpg
DSCF3111-1.jpg
8月23日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室へ出向く。12名が受講。

最初に、第58期王位戦七番勝負第4局(羽生善治王位VS挑戦者・菅井竜也七段)が、昨日から本日にかけてウェスティンホテル淡路で開催。

直近の局面は菅井七段が優勢です。

大盤講座は、昨日行われた第11回朝日杯将棋オープン戦 (藤井聡太四段VS竹内雄悟四段)の棋譜を並べてみんなで鑑賞。

長い終盤戦で両者決め手を与えずギリギリで凌ぎながら、攻めのチャンスを伺う大激戦。

いつしか、盤上には一筋の駒柱が現れた。

結果は玉頭戦を制した藤井四段が勝利。

通算成績を38勝3敗としました。

藤井四段の強靭な先受けの粘りが奏功した一局でした。その象徴たる一手が96手目の「△1六同龍!」

小休止のあと、折立指導員と共に5~6面指し指導対局(角落ち~六枚落ち)を行う。

今日は、5面指しで4勝1敗の成績でした。特に柳川さんは力をつけられており、角落ちで負かされました。
スポンサーサイト