巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3069.jpg
DSCF3070-1.jpg
8月22日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋講座。受講生30名のうち7名が女性です。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・馬場さんVS後手・田中重雄さんの棋譜を並べて解説。

序盤は、先手が四間飛車から美濃囲いに玉を囲ったのに対し、後手は居飛車中住まい王で対峙。

中盤は後手の押さえ込みを、先手が上手く捌き優勢の局面。

終盤では先手が「「と金」を作り、ほぼ必勝の局面。

後手がやむなく飛車を捌くために8筋の歩を突いたのを、飛車先を止めるため「8二歩」と打ったのが痛恨の「二歩」の反則。あっけない幕切れでした。先手が会心譜だったので残念な一局でした。

講座終了後は、前回に続いて「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会」開催。優勝は鵜頭さんに決定。

初めての将棋教室は「攻め合い」「合い駒による詰みと逃れ」を解説。阪田指導員は卒業生の実戦指導です。
スポンサーサイト