巖ちゃんの日々是将棋

DSCF3064-1.jpg
DSCF3061.jpg
DSCF3062-1.jpg
DSCF3066.jpg
DSCF3068.jpg
8月21日(月)午後からは、大宅こども将棋教室の開講日。

最初に、「夏休みの宿題を完了した人は」との問いには、ほとんどが手を挙げてくれました。

次に、「夏休みに将棋の勉強をした人は」になると1/3ぐらいでした。

将棋教室に来ているときだけではなく、お家でも時間を見つけて少しでも続けてもらいたいです。

大盤講座は「3手詰め詰将棋」を出題して、符号で答える練習をしました。

講座終了後、福山先生には、2面指しで平手戦の指導をお願いしました。

僕は2面指しで8枚落ち・6枚落ちの指導。あとは自由対局と駒遊びです。
スポンサーサイト
DSCF3046.jpg
DSCF3049.jpg
DSCF3051.jpg
DSCF3052.jpg
DSCF3053.jpg
DSCF3054-1.jpg
DSCF3055.jpg
8月21日(木)午前中は「第28回 ももやまこども将棋教室」の開講日です。

野々村指導員と共にももやま児童館に向かう。44名が受講。

前回(18日)の教室は、孫とのクッキング体験教室に参加のため、事前に受講生、野々村先生それと木下先生に応援を依頼して「ももやま教室」をお願いしました。

大盤講座は第88期棋聖戦五番勝負第3局・先手・斎藤慎太郎七段VS後手・羽生善治棋聖の棋譜を並べて鑑賞。

羽生棋聖が四間飛車から藤井システムを採用。一方、斎藤七段は穴熊に組む工夫。

終盤では一手指した方が良く見える展開で大変に勉強になりました。結果は「7三金」の詰めろが厳しく、斎藤七段が勝利した一局でした。

大盤講座終了後、お待ちかねの「対局カードによる駒落ち対戦」の開始です。

15回の教室も、いよいよ、あと2回となり、今日で対局カードによる対戦は終了です。

次回の8月26日は将棋大会・予選リーグ戦。最終日の9月2日は決勝トーナメント戦・表彰式です。

いつもながら、子ども達が喜びそうな賞品の用意に頭を悩ましています。

<昇級記録>    8月18日・・・10名
菱本鱗太郎10級→9級(3連勝)
松本啓吾10級→9級(3連勝)
田中俊太郎11級→10級(3連勝)
平井湧真12級→11級(3連勝)
瀬木成希12級→11級(3連勝)
黒川英寛14級→13級(3連勝)
宮本千照14級→13級(3連勝)
竹谷梨音17級→16級(3連勝)
安田貴志17級→16級(3連勝)
樋口奈央20級→19級(3連勝)


<昇級記録>    8月21日・・・12名
平井拓斗2級→1級(6連勝)
高畑奏楽7級→6級(5連勝)
平井湧真11級→10級(3連勝)
福田理人12級→11級(4勝1敗)
黒川英寛13級→12級(3連勝)
前田暁成13級→12級(3連勝)
黒崎優佑13級→12級(3連勝)
佐藤航太13級→12級(3連勝)
大槻崇徳15級→14級(3連勝)
梅村真弘16級→15級(3連勝)
菱本虎次郎16級→15級(3連勝)
増田香月17級→16級(3連勝)