巖ちゃんの日々是将棋

DSCF2783.jpg
DSCF2786.jpg
8月1日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「初めての将棋教室」6ヶ月講座の開講日。

最初に、第30期竜王戦決勝トーナメントの話題。羽生善治三冠VS稲葉陽八段の対局は羽生三冠が勝利。
挑戦者決定三番勝負で松尾歩八段と対戦。
渡辺明竜王への挑戦者は、悲願の永世竜王の称号がかかっている羽生三冠か、所司一門の兄弟弟子対決か、注目の2人に絞られました。

続いて、次回の8月8日(火)から開催する「第1回初めての将棋教室OB・OG将棋大会」について、世話人の浜さんから詳細のお話です。
いろいろとご意見があるかと思いますが、第1回大会をやってみてから、前向きな建設的なご意見をお聞かせください。第2回以降に反映していけばと思っています。

大盤講座は阪田指導員と共に、先手・竹田さんVS後手・奥戸さんの対戦を解説。序盤は後手の棒銀に対し、先手は向飛車で対峙。

中盤では飛車交換から先手の捌きが冴えわたり、終盤突入。
一気に決めに行ったが、後手も決め手を与えずに頑張るも、戦力不足で指し切り、投了。

感想戦では、中盤で後手が指した「5七桂成」のところ「5七桂不成」すれば、後手ペースだった。将棋の奥深さを知った一局でした。
その後、5手詰め詰将棋を2問出題。符号で答えてもらいました。

初めての将棋教室は「囲いの悪形」「囲いの崩し方・美濃囲いの崩し方」を解説。
前回の卒業生については、阪田指導員による実戦指導です。
スポンサーサイト