巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0475.jpg
DSCF0483.jpg
DSCF0481.jpg
3月23日(木)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室(平成28年度最後日)」へ出向く。
本日の受講者は14名。

最初に将棋界の話題です。
第66期王将戦七番勝負第6局(郷田真隆王将VS久保利明九段)が3月14、15日(火、水)に静岡県浜松市「グランドホテル浜松」で開催され、久保九段が勝利。
4勝2敗で王将位を奪取。久保九段はA級昇級に加えての朗報です。

続いて、第42期棋王戦五番勝負第5局(渡辺明棋王VS千田翔太六段)の大一番が、3月27日(月)東京・将棋会館で開催。目が離せません。

大盤講座は「西田奨励会三段が四段昇段を決めた一局」を折立指導員と共に大盤で解説。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(飛車落ち~二枚落ち)を行う。

今日は、来年度の将棋教室運営に受講者のみなさんのお声を聞かせて頂くため、アンケート調査のご協力をお願いしました。
アンケートの回答を参考にして、受講者の立場に立って、充実した教室を目指します。
スポンサーサイト