巖ちゃんの日々是将棋

DSCF0303-1.jpg
DSCF0306-1.jpg
DSCF0309.jpg
DSCF0312-1.jpg
DSCF0327.jpg
DSCF0328-1.jpg
DSCF0339.jpg
DSCF0345-1.jpg
DSCF0348-1.jpg
DSCF0350.jpg
DSCF0353-1.jpg
DSCF0359-1.jpg
DSCF0366.jpg
DSCF0377-1.jpg
DSCF0384-1.jpg
3月19日(日)夕方からは京都平安ホテルで開催の「西田拓也昇段祝賀会」に出向く。
96名が出席。盛大な祝賀会でした。

発起人代表・中尾修七段の挨拶、師匠の森信雄七段祝辞、西田拓也新四段挨拶と続き、小野が挨拶

「このたびは、待ちに待った四段昇段、誠におめでとうございます。今までの悔しさをバネに、一気に花開き14連勝の素晴らしい活躍で、御両親はじめ、育ての中尾七段、師匠の森七段、関係者の方々へ恩返しができて本当によかったです。

プロ棋士としてデビューするこれからが正念場です。三段リーグで苦労された経験を糧にして、大いに飛躍してください。京都府連および振り飛車党、挙げて応援しております。」その後、乾杯の音頭を取らさせて頂きました。

食事、歓談のあと、アトラクションとして、ナレオ・プカマイカラーの出演です。将棋の祝賀会で、なぜハワイアンなのかと「意表の一手」と思われた方が多かったと思います。

ナレオハワイアンズのリーダー、木下博視さんは、長年の将棋愛好者です。京都山科支部会員で棋力は初段。
ももやまこども将棋教室開講時から昨年まで13年間、講師(将棋指導員補佐)を務めていただきました。
現在も地域ボランティアとして、二条城北小学校将棋部活の将棋部講師を務められています。

2014年10月に開催の「第27期竜王戦七番勝負第1局」において、ハワイでのタイトル戦が注目されました。
森一門の糸谷哲郎七段(当時)が、竜王戦決勝トーナメントを勝ち進み、森内俊之竜王(当時)に挑戦。幸先の良い勝利を勝ちとった場所が、「フラ」の本場のハワイです。

その勢いで竜王位を奪取されたことは、皆様ご承知のことと存じます。

このように、おめでたい席には、打ってつけと思い、「フラ」のアトラクションを提案。「意表の一手」は座を和ませ「好手」だと思っております。

アトラクションが終了後、糸谷八段よりハワイ対局の思い出の話を聴くことが出来ました。

その後、来賓の陽明文庫・名和文庫長、ふたば書房・洞本社長よりご祝辞。

歓談後、西田奨励会三段が四段昇段を決めた一局を安用寺六段と西田四段が大盤で解説。

続いて、西田四段の子どもの頃からのスライドショーをお父様が解説。色紙・将棋書籍プレゼント、トロフィー贈呈。

締めは西田四段のお父様から御礼の挨拶です。

プロ顔負けの名司会者(廣田事務局長)に加えて、盛り沢山の楽しい内容が織り込まれており予定の時間をオーバーしてお開きとなりました。
楽しい祝賀会でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト