巖ちゃんの日々是将棋

DSCF9726.jpg
DSCF9736.jpg
DSCF9733.jpg
DSCF9734.jpg
2月13日(月)朝から、大宅小学校の朝礼で「学校支援ボランティア」の表彰を受けました。

部活動(学校支援ボランティア)を10年以上続けている「将棋」「柔道」「卓球」が対象でした。

会議室で待機しているときに、柔道の松尾さんと話していると、なんと小森さんとお友達と分かり、敦也君も柔道を習ったとのこと。
世間は広いようで狭いなあと感じました。

お時間があれば、26日(日)13時~17時、東部文化会館で開催の日本将棋連盟京都山科支部へ「ぶらっと」お越しくださいと、ご案内しました。

その後、表彰式の直前に「どなたか代表で挨拶をお願いします」と副校長より要請があり、何となく僕に回って来ました。

表彰を受けた後、代表して壇上から、表彰の御礼と全校生徒に対し「自分が好きな部活動を真面目に続けていれば、大人になった時に必ず「続けていて、よかった」と思います。
「継続は力なり」です。勉強と部活動をともに頑張ってもらいたいです。」のような内容を話しました。

こどもたちはキラキラした目でこちらを見ていて、眩しかったです。

午後からは大宅こども将棋教室の12回目の開講日。23名が受講。
大盤講座は、将棋で一番大切な駒「王将」の囲い方(矢倉囲い、美濃囲い)を折立指導員と共に解説する。
一部の受講者に集中力がなかったので、再度、朝礼で話したことを言いました。

大盤講座終了後は、お待ちかねの対局です。
折立指導員と共に6枚落ち・8枚落ちでの指導対局を行う。福山さんには平手での指導と自由対局の見守りをお願いしました。

スポンサーサイト
DSCF9671.jpg
DSCF9675.jpg
DSCF9677.jpg
DSCF9685.jpg
DSCF9686.jpg
DSCF9692.jpg
DSCF9697.jpg
DSCF9703.jpg
DSCF9694_201702131100412a1.jpg
DSCF9702_20170213110043622.jpg
DSCF9704.jpg
DSCF9705.jpg
DSCF9709.jpg
DSCF9710.jpg
DSCF9721.jpg
DSCF9724.jpg
2月12日(日)の2日目は、9時からスタートです。プロ棋士(伊奈祐介六段)紹介のあと、Aクラス(地下1階)、Bクラス(3階)に分かれての、決勝トーナメントと昇龍戦トーナメントの対局開始です。

伊奈六段による指導対局、5位決定戦、3位決定戦を組み込んで、出来るだけ多くの対局が出来るような配慮がなされていました。

Aクラス優勝戦(地下1階)は、タイトル戦並みに3階のスクリーンに映し出され、伊奈六段の大盤による解説が行われました。

Aクラスの審判をしていて感じたことは、振り飛車対居飛車、相振り飛車の戦形がほぼ70%でアマチュアでの振り飛車人気が根強いこと。
時間いっぱい盤面に集中されていたこと。
相入玉の大熱戦もあり、秒読みが延々と続くのではとの心配をよそに鮮やかに収束されたこと。
など、大きなトラブルもなく予定通り対局を終了できました。

ところが閉会後、Aクラス優勝戦の棋譜は取ってもらいましたか?とのこと、何も聞いてなかったので取っていませんでしたが、急遽、両対局者、伊奈六段、京都府連理事で棋譜の再現を行うハプニングがありました。

2日続いて初めての体験でしたので、帰宅後どっと疲れが出てきました。

夕方、藤井奈々さんより、本日の研修会でC-1に昇級し、念願の女流3級資格申請が可能となりましたとの、疲れを吹っ飛ばす朗報が入りました。ここまで、くじけずによく頑張りました。本当におめでとう。うれしかったです。
DSCF9617.jpg
DSCF9622.jpg
DSCF9621.jpg
DSCF9626.jpg
DSCF9624.jpg
DSCF9627.jpg
DSCF9634-1.jpg
DSCF9637.jpg
DSCF9643.jpg
DSCF9645.jpg
DSCF9651.jpg
DSCF9653.jpg
DSCF9663.jpg
DSCF9664.jpg
DSCF9668.jpg
2月11日(土)~12日(日)にかけて、ホテルビナイオ嵯峨嵐山(全国手話研修センター)において、第16回全国ろう者将棋大会(主催…一般財団法人全日本ろうあ連盟、主管…一般社団法人京都府聴覚障害者協会)が開催されました。

京都市に大雪警報が出ていたので、開催を心配していましたが、全国からの選手の方々は定刻通り(13時30分)集合されて、なによりも良かったです。

日本将棋連盟京都府支部連合会として理事4名(小野会長、西澤副会長、廣田事務局長、折立理事)が運営協力に携わりました。

1日目の開会式では、少しだけ手話を交えて小野が挨拶。続いて西澤副会長より競技ルール説明。

その後、司会よりスケジュール説明のあと、Aクラス(地下1階)、Bクラス(3階)に分かれての予選リーグ3回戦までの対局です。
(持ち時間は各20分切れたら30秒の秒読みのルール)

Aクラスを小野・折立、Bクラスを西澤・廣田に分かれての運営でしたので、連絡し合うのが何かと大変でした。

予選リーグ3回戦を終了後、全員で記念写真を撮影。

予選リーグ2勝者は、翌日の決勝トーナメントへ進出。
予選リーグ2敗者は、翌日の昇龍戦(敗者復活)トーナメントへ回る方式です。

夕方からは、夕食交流会に招待をして頂きました。
座が和んでくると選手の方が次々と前に出てこられ、手話でアピールされていました。
通訳の方のおかげで、楽しく交流が図れました。

予定より1時間オーバーでお開きとなり、帰宅は22時頃になりました。