巖ちゃんの日々是将棋

2月28日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。日本将棋連盟は、2月27日(月)東京「将棋会館」と大阪「関西将棋会館」にて、平成28年度臨時総会を開催。総会では理事5名の解任についての議案と議決がされ,、3名の理事(青野専務理事、中川常務理事、片上常務理事)が解任される前代未聞の出来事が起きましたことを話す。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・竹田3級VS後手・田中5級の棋譜を並べて解説。
序盤は、先手が四間飛車から美濃に玉を囲う自然な駒組に対し、後手は居飛車から角道を開けずにカニ囲いで対峙。中盤で先手の捌きが奏功し大差の形勢。ところが終盤での先手の指し手に悪手・緩手が続き、逆転模様になりそうでしたが、後手が勝負手を指さなかったため、先手がなんとか後手王を寄せ切った一局でした。
将棋は、悪手を指しても、それを咎めなかったら、好手に変わることが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「素抜き」「速い手・遅い手」の解説です。
スポンサーサイト
DSCF9965.jpg
DSCF9966-1.jpg
DSCF9968.jpg
DSCF9974.jpg
2月26日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第149回将棋教室を「京都市東部文化会館」で開催。

参加者は56名(大人26名、こども30名)でした。

最初に連絡事項を2件。
1、奨励会三段リーグで14連勝して待望の昇段を決めた京都出身の西田拓也四段の誕生と、京都山科支部の藤井奈々さんが研修会でC-1に昇級し念願の女流3級となったことの朗報を話しました。

2、第21回将棋交流大会(第150回将棋教室)の参加申込みの受付。 3月5日(日) 午前9時~午後5時
日本将棋連盟棋士・平藤眞吾七段にお越し頂き、指導対局を企画。

大会終了後、平藤眞吾七段を囲んでの支部会員有志による懇親会を実施します。参加希望される方は小野まで

その後は、恒例の対局カードによる駒落ち対戦と初級者指導対局です。

それと、今日は事前連絡を頂いていた体験受講希望者10名(大人1名、こども9名)が全員来られ、その対応が大変で、うれしい悲鳴を上げていました。


おかげさまで、本日に支部会員更新および新規加入手続きを行い、支部会員数100名を継続することが出来ました。ありがとうございました。

<昇段・昇級記録>・・・8名。
岩﨑柊典二段→三段(9連勝)
山本裕3級→2級(6連勝)
エマミ貴也5級→4級(6連勝)
緒方登志美7級→6級(5連勝)
服部悠介7級→6級(8勝2敗)
堤才為11級→10級(3連勝)→9級(3連勝)
蛭田光樹12級→11級(3連勝)
安田有吾13級→12級(4勝1敗)
DSCF9958.jpg
2月25日(土)の午後は、山科・小野将棋教室開講日です。

大盤講座は、59期王将戦七番勝負第6局・先手・羽生善治王将VS後手・久保利明棋王の名局を鑑賞しました。後手がタイトルが懸かった一局に、ゴキゲン中飛車の超急戦を採用。序盤から激しい将棋で中盤からすぐに終盤に突入「詰むや詰まらずや」の終盤での攻防が見ごたえがありました。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の松村8級・大岡8級に6枚落ち、西出10級・隠岐13級に8枚落ちでの指導。
2部の岩﨑三段に平手で、藤戸1級に飛車落ちでの指導です。

<昇級記録>
大岡慶乃8級→7級(4連勝)
西出里菜10級→9級(3連勝)
DSCF9948-1.jpg
DSCF9950-1.jpg
DSCF9951.jpg
DSCF9952.jpg
DSCF9955.jpg
DSCF9957.jpg
2月25日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の13回目の開講日。受講者は42名。

最初に、対局カードによる駒落ち対戦は本日で終了し、14回…(予選リーグ戦)、15回…(決勝トーナメント戦)の開講日は、A級、B級にクラス分けの将棋大会を開催することを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」についての講座です。

「守備駒の位置を変える」「逃げ道を封鎖する」「邪魔駒を消去する」の代表的な3つの手法について、例題を挙げて解説しました。

考え方を参考にして実戦で活用してもらいたいです。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦です。

<昇級記録>・・・8名
下野誠太朗8級→7級(4連勝)
五十嵐睦恵9級→8級(4蓮勝)
近西陸11級→10級(3連勝)
高畑奏楽12級→11級(3連勝)
福田理人14級→13級(3連勝)
黒崎優佑15級→14級(3連勝)
菱本鱗太郎16級→15級(3連勝)
小西想16級→15級(3連勝)
日本将棋連盟京都山科支部第151回将棋教室ご案内
標記の件、下記の通りご案内申し上げます。万障繰り合わせの上ご参加をお願い致します。
記 
日時  2017年4月16日(日)  午後1時~5時
場所 「京都市東部文化会館」 第1・第2・第3会議室(室内は禁煙です)
―――――――――――――――――――――――
第21回将棋交流大会(第150回将棋教室)のご案内
標記の件、下記の通りご案内申し上げます。万障繰り合わせの上ご参加をお願い致します。
                 記
 日時  2017年3月5日(日) 午前9時~午後5時
* 日本将棋連盟プロ棋士(平藤眞吾七段)をお招きして、指導対局を企画
* A級(有段者)・B級(級位者)に分かれて上手に厳しい駒割り規定による対局。
* 予選リーグは、4人一組で2勝通過、2敗失格とする。
* 決勝トーナメント戦は、対局時計を使用する。A級は予選リーグより使用する。
* 参加費・・・500円(なお、昼食弁当を希望される方は、別途、500円です。)
* 優勝者および準優勝者には、表彰状・賞品を授与。その他詳細は当日発表。
  昼食弁当の有無を明確にして、2月28日(火)までに小野に申し込み願います。
場所 「京都市東部文化会館」(地下鉄東西線椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
  電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は、禁煙です)
*藤井奈々さん(山科支部所属)が、女流3級としてプロデビューのご挨拶に参ります。
・懇親会・・・2016年3月5日(日)午後5時~7時
 将棋教室終了後、支部会員有志でプロ棋士を囲んでの「懇親会」を予定しています。 
会費・3,500円  場所・和食のサト椥辻店 電話(075)502-4093
 参加希望者は、2月28日(火)までに、小野まで会費を添えて申込み願います。
P1000557.jpg
P1000559.jpg
P1000560.jpg
2月18日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の12回目の開講日でした。

僕は、当日ゼスト御池・河原町広場において、ふたば書房杯子ども将棋大会を開催することになっていたので、野々村正造指導員に加えて、前期まで将棋指導員を務めて頂いていた木下博視先生にピンチヒッターをお願いしました。受講者は33名でした。

大盤講座は、野々村指導員にお願いをしました。詰将棋問題を出題し解説。

写真は木下指導員に撮って頂きました。ありがとうございました。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦でした。

<昇級記録>・・・8名
五十嵐尊哉8級→7級(7勝3敗)
五十嵐睦恵10級→9級(3蓮勝)
岩井颯太11級→10級(4勝1敗)
中川駿14級→13級(3連勝)
林一慶14級→13級(3連勝)
出原義之14級→13級(4勝1敗)
宮本千照15級→14級(4勝1敗)
片岡大河17級→16級(3連勝)
DSCF9912.jpg
DSCF9922.jpg
DSCF9927-1.jpg
DSCF9937.jpg
DSCF9943.jpg
2月22日(水)午後より折立指導員と「京都市みぶ身体障害者福祉会館・将棋教室」へ出向く。

本日の受講者は12名。

最初に将棋界の話題です。

奨励会三段リーグで14連勝して待望の昇段を決めた京都出身の西田拓也四段の誕生と、京都山科支部の藤井奈々さんが研修会でC-1に昇級し念願の女流3級となったことの朗報を話しました。

それと、B級1組の久保利明九段がA級昇級。あと一枠を山崎八段、豊島七段、阿久津八段の中からA級昇級が決まることを話す。

大盤講座は「詰将棋の解き方」についての講座です。

「守備駒の位置を変える」「逃げ道を封鎖する」「邪魔駒を消去する」の代表的な3つの手法について、例題を挙げての解説です。

考え方を参考にして実戦で応用してもらいたいです。

小休止のあと、折立指導員と共に6面指し指導対局(角落ち~6枚落ち)を行う。

次回からは、指導対局に加えて、対局カードによる受講者同士の対戦を取り入れたいと思っています。

受講者の立場に立って希望を聞き、充実した教室を目指します。
2月20日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。久保利明九段が順位戦B級1組からA級に昇級。あと1名の枠は山崎八段、豊島七段、阿久津八段の最終戦の大一番の結果により決まります。
渡辺明棋王に千田翔太六段が挑戦する第42期棋王戦五番勝負の第2局が2月18日(土)に石川県金沢市「北國新聞会館」で行われ、渡辺棋王が逆転で制し、対戦成績を1勝1敗としました。第3局は3月5日(日)に新潟県新潟市「新潟グランドホテル」で行われます。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・奥戸5級VS後手・廣田3級の棋譜を並べて解説。
序盤は、後手の対応が悪く、先手に「と金」作られ大苦戦も、今度は後手の対応がまずく、せっかくの「と金」を角で取られてしまう展開。中盤は五分の戦いで推移したが、先手の龍が桂馬の利きに逃げたため、龍のタダ取り。その後、指し続けるが先手の駒損がさらに拡大し投了。絶対に「取る一手」を逃すと、いっぺんに局面を悪化させてしまうことが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「矢倉囲いの崩し方」「高美濃と銀冠の崩し方」の解説です。
DSCF9902.jpg
DSCF9904.jpg
DSCF9905.jpg
2月20日(月)午後からは「向島南児童館」へ出向く。

今回将棋教室の講師として、大山勝義棋道指導員を紹介。比賀江館長と今後のスケジュールなど詳細の詰めを行い、本日より大山指導員に講師をお願いした。

講座は、8枚落ち定跡です。数の攻め・上手王の寄せ方を解説。

その後、大山指導員と共に3面指しでの8枚落ち指導対局を行い、数の攻め・駒の損得・詰みの状態などを分かりやすく指導した。

16時30分に終了後、大山さんの車に乗せてもらい、3月18日(土)開催の「第5回京都子ども将棋交流大会」の会場「ひとまち交流館京都」まで送って頂いた。

洛和会、児童館学童連盟、将棋連盟京都府連、などの関係者が集まり、当日の段取りやスケジュール、式次第、などの打合せです。
今回は、会津若松からの子ども達も参加するので、午後からセレモニーの時間を取っています。
本日現在、参加者は230名と過去最高となっています。
前日の17日(金)18時から、大会議室の準備を行うことを確認した。
DSCF9836-1.jpg
DSCF9851.jpg
DSCF9852.jpg
DSCF9857.jpg
DSCF9862.jpg
DSCF9876.jpg
DSCF9887.jpg
DSCF9889.jpg
DSCF9892.jpg
DSCF9900-1.jpg
DSCF9897-1_20170220110832b9f.jpg
DSCF9898-1.jpg
2月19日(日)は、日本将棋連盟 京都府支部連合会、主催の将棋大会「さなる杯 第42回小学生将棋名人戦京都府大会」を「ひと・まち交流館京都」において開催しました。

今回も全国大会に繋がる代表選抜戦と交流戦の2クラス制としました。おかげさまで本大会の参加者は、11日に舞鶴で開催しました京都府北部地区予選での参加者42名を加えると過去最高の120名となりました。

今日は京都府北部代表選手2名を本大会に招待し、午後からの決勝トーナメントの2回戦にシードしております。

運営役員は、支部連合会理事7名(小野会長・西澤副会長・吉村幹事長・廣田事務局長・千葉理事・田中理事・折立理事)と豊永嵐山支部幹事長、城南支部・吉田さんの9名体制。

指導対局に南芳一九段にお越しいただき、5面指しで指導。折立指導員には3面指しで指導。43名のこどもたちが指導対局を受けました。

おかげさまで滞りなく、予定より早くトラブルもなく、無事に運営することが出来ました。

関係者の皆様お疲れ様でした。ありがとうございました。

代表選抜戦優勝の山下数毅君(小2)には京都府代表選手として、3月11日(土)~12日(日)に関西将棋会館で開催される西日本大会に出場。京都府代表として健闘を期待しています。

結果
<代表選抜戦>
優勝・・・山下数毅
準優勝・・・井上翼
第三位・・・高山遼貴、柏本凌汰

<交流戦>
優勝・・・・・勝野友康
準優勝・・・奥田寛太
三位・・・・・谷岡光里、山崎琳太郎
DSCF9781.jpg
DSCF9747-1.jpg
DSCF9751.jpg
DSCF9752.jpg
DSCF9762.jpg
DSCF9767.jpg
DSCF9771.jpg
DSCF9793-1.jpg
DSCF9799.jpg
DSCF9816.jpg
DSCF9821-1.jpg
DSCF9824.jpg
DSCF9825.jpg
DSCF9828.jpg
DSCF9833.jpg
2月18日(土)は、ゼスト御池・河原町広場において、ふたば書房杯将棋大会を開催しました。

主催…ふたば書房、
主管…日本将棋連盟京都府支部連合会、
協賛…ゼスト御池会・幻冬舎・ほか

Aクラス、Bクラスに分けての平手戦で、対局時計を使用し、持ち時間は、各20分切れ負けのルールです。
予選リーグは4人一組で、2勝通過2敗失格。42名が参加。

予選リーグで2敗者は、優先的に阿部隆八段による丁寧な指導対局を受けました。

決勝トーナメント戦には、Aクラス8名、Bクラス16名が出揃い、熱戦が繰り広げられました。

今回は、広場での将棋大会で、通りすがりの方々も観戦していただき、公開対局の様相でした。

結果は
Aクラス
優勝… 山下陸
準優勝…小森敦也
3位……園中麻陽
3位……山下数毅

Bクラス
優勝…岡本進作
準優勝…朝日颯太
3位……清水空雅
3位……松宮知慧

敢闘賞
山下数毅
柏本凌汰
平井拓斗
谷岡和達
壽希乃香

おかげさまで、ふたば書房さまのお力添えで無事予定通り終了できました。ありがとうございました。
これを機会に、第2回第3回と開催できることを楽しみにしております。
日時  2017年02月16日(木)午前9時30分~12時00分
場所  「ひと・まち交流館京都」2階 交流コーナー
出席者 小野会長、西澤副会長、吉村幹事長、廣田事務局長、千葉理事、田中理事、折立理事、大山理事、嵐山支部・木村幹事(代理)、野間顧問
議題 
1、 さなる杯「第42回・京都府小学生将棋名人戦」の組合せ抽選、開催当日の2月19日(日)・「ひと・まち交流館 京都」3階・第4、第5会議室での役割分担について。
参加人数・120名(京都北部地区予選参加人数・42名)計78名、代表戦30名・交流戦48名
・東山支部・・将棋盤駒20セット、チェスクロック20台、昼食弁当10個手配
・大将軍支部・将棋盤駒30セット、チェスクロック20台
・山科支部・・表彰状・優勝・準優勝・三位メダル(A級・B級)、参加賞(ボールペン・消しゴム)、進行表、予選リーグ表、決勝トーナメント表、対戦カード、抽選カード、日当交通費、指導対局申込表、役員名札、筆記具、マグネット、ポスター、受付表示、赤バラ1ヶ
2月19日(日)、運営役員は、午前8時40分に会場(ひと・まち交流館京都)に集合する。
運営役員・・・小野、西澤、吉村、廣田、千葉、田中、折立、豊永、吉田
受付・・千葉・吉田、司会・・吉村、開会挨拶・・小野、競技規定・・西澤、賞状書士・吉田A級…西澤、千葉、田中 B級…吉村、折立、豊永、指導対局受付…廣田、プロ棋士…南芳一九段
舞鶴で開催(2月11日)「小学生将棋名人戦京都府北部地区予選大会」大雪で訪問中止・吉村

2、ふたば書房杯将棋大会  2月18日(木)午前10時~17時
ゼスト御池・河原町広場 審判・指導対局…阿部隆八段 小野、廣田、折立、熊本、山岸 

3、第5回京都子ども将棋交流大会 3月18日(土)午前9時~17時、ひとまち交流館

4、西田拓也昇段祝賀会の出席要請 3月19日(日)17時30分~ 京都平安ホテル

5、春休み将棋講座 3月30日(木)・31日(金)島津アリーナ、野間六段・案内チラシ

6、ねんりんピック秋田2017将棋交流大会京都予選会4月30日(日)ひとまち交流館

7、第75期名人戦第3局2日目大盤解説会 5月2日(火)、ひとまち交流館

8、第30回アマ竜王戦京都府大会 5月5日(金・祝)、ひとまち交流館

9、夏休み将棋合宿in中川 2017年7月29日(土)~30日(日)
   30日13時~16時…上海許建東将棋倶楽部訪日団 来訪

10、大政奉還150周年記念将棋交流大会・バスツアー 8月6日(日)~7日(月)
   将棋会場…北野天満宮   宿泊…ホテルルビノ京都堀川

11、支部連合会会長会議 東京 1月29日(日)…概要説明

12、京都府連ホームページを開設   将棋教室一覧(学校、児童館など)作成、

13、3月12日(日)きょうと地域力アップ応援フエアー・ゼスト御池・河原町広場

14、中村理事、体調不良による将棋教室講師調整、定例将棋大会開催資料の担当変更

15、問題発生時に顛末書で記録を残すことを実施。シニア名人戦・八木豊さん申込み漏れ

16、次回の理事会議…3月16日(木)、9時30分~12時 ひとまち交流館  
                                                  以上
2月14日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日です。
最初に将棋界の話題。第66期王将戦七番勝負第4局(郷田真隆王将VS久保利明九段)が昨日から本日にかけて岡山県矢掛町「備中屋長衛門」で行われています。
それと、京都山科支部の藤井奈々さんが、12日(日)の研修会でC-1に昇級し、念願の女流3級資格申請が可能となったことの朗報を話しました。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・鵜頭3級VS後手・孫井1級の棋譜を並べて解説。
序盤は先手が中飛車、後手が向飛車と相振り飛車の戦形。
中盤では、先手が飛車を転換して、いち早く攻めの体制を取り、銀交換をすれば、先手が指しやすかったですが、見送ったため、後手にうまく先攻され、苦しい局面になる。後手優勢で終盤に入るも、先手が王手放置で飛車を下段に引いたため、後手の勝ちとなる。
王の囲い、離れ駒を作らない、飛車を争点に転換して攻めの体制を作る、などが学べた将棋でした。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「王の囲い」と「囲いの悪形」「美濃囲いの崩し方の解説です。
DSCF9726.jpg
DSCF9736.jpg
DSCF9733.jpg
DSCF9734.jpg
2月13日(月)朝から、大宅小学校の朝礼で「学校支援ボランティア」の表彰を受けました。

部活動(学校支援ボランティア)を10年以上続けている「将棋」「柔道」「卓球」が対象でした。

会議室で待機しているときに、柔道の松尾さんと話していると、なんと小森さんとお友達と分かり、敦也君も柔道を習ったとのこと。
世間は広いようで狭いなあと感じました。

お時間があれば、26日(日)13時~17時、東部文化会館で開催の日本将棋連盟京都山科支部へ「ぶらっと」お越しくださいと、ご案内しました。

その後、表彰式の直前に「どなたか代表で挨拶をお願いします」と副校長より要請があり、何となく僕に回って来ました。

表彰を受けた後、代表して壇上から、表彰の御礼と全校生徒に対し「自分が好きな部活動を真面目に続けていれば、大人になった時に必ず「続けていて、よかった」と思います。
「継続は力なり」です。勉強と部活動をともに頑張ってもらいたいです。」のような内容を話しました。

こどもたちはキラキラした目でこちらを見ていて、眩しかったです。

午後からは大宅こども将棋教室の12回目の開講日。23名が受講。
大盤講座は、将棋で一番大切な駒「王将」の囲い方(矢倉囲い、美濃囲い)を折立指導員と共に解説する。
一部の受講者に集中力がなかったので、再度、朝礼で話したことを言いました。

大盤講座終了後は、お待ちかねの対局です。
折立指導員と共に6枚落ち・8枚落ちでの指導対局を行う。福山さんには平手での指導と自由対局の見守りをお願いしました。

DSCF9671.jpg
DSCF9675.jpg
DSCF9677.jpg
DSCF9685.jpg
DSCF9686.jpg
DSCF9692.jpg
DSCF9697.jpg
DSCF9703.jpg
DSCF9694_201702131100412a1.jpg
DSCF9702_20170213110043622.jpg
DSCF9704.jpg
DSCF9705.jpg
DSCF9709.jpg
DSCF9710.jpg
DSCF9721.jpg
DSCF9724.jpg
2月12日(日)の2日目は、9時からスタートです。プロ棋士(伊奈祐介六段)紹介のあと、Aクラス(地下1階)、Bクラス(3階)に分かれての、決勝トーナメントと昇龍戦トーナメントの対局開始です。

伊奈六段による指導対局、5位決定戦、3位決定戦を組み込んで、出来るだけ多くの対局が出来るような配慮がなされていました。

Aクラス優勝戦(地下1階)は、タイトル戦並みに3階のスクリーンに映し出され、伊奈六段の大盤による解説が行われました。

Aクラスの審判をしていて感じたことは、振り飛車対居飛車、相振り飛車の戦形がほぼ70%でアマチュアでの振り飛車人気が根強いこと。
時間いっぱい盤面に集中されていたこと。
相入玉の大熱戦もあり、秒読みが延々と続くのではとの心配をよそに鮮やかに収束されたこと。
など、大きなトラブルもなく予定通り対局を終了できました。

ところが閉会後、Aクラス優勝戦の棋譜は取ってもらいましたか?とのこと、何も聞いてなかったので取っていませんでしたが、急遽、両対局者、伊奈六段、京都府連理事で棋譜の再現を行うハプニングがありました。

2日続いて初めての体験でしたので、帰宅後どっと疲れが出てきました。

夕方、藤井奈々さんより、本日の研修会でC-1に昇級し、念願の女流3級資格申請が可能となりましたとの、疲れを吹っ飛ばす朗報が入りました。ここまで、くじけずによく頑張りました。本当におめでとう。うれしかったです。
DSCF9617.jpg
DSCF9622.jpg
DSCF9621.jpg
DSCF9626.jpg
DSCF9624.jpg
DSCF9627.jpg
DSCF9634-1.jpg
DSCF9637.jpg
DSCF9643.jpg
DSCF9645.jpg
DSCF9651.jpg
DSCF9653.jpg
DSCF9663.jpg
DSCF9664.jpg
DSCF9668.jpg
2月11日(土)~12日(日)にかけて、ホテルビナイオ嵯峨嵐山(全国手話研修センター)において、第16回全国ろう者将棋大会(主催…一般財団法人全日本ろうあ連盟、主管…一般社団法人京都府聴覚障害者協会)が開催されました。

京都市に大雪警報が出ていたので、開催を心配していましたが、全国からの選手の方々は定刻通り(13時30分)集合されて、なによりも良かったです。

日本将棋連盟京都府支部連合会として理事4名(小野会長、西澤副会長、廣田事務局長、折立理事)が運営協力に携わりました。

1日目の開会式では、少しだけ手話を交えて小野が挨拶。続いて西澤副会長より競技ルール説明。

その後、司会よりスケジュール説明のあと、Aクラス(地下1階)、Bクラス(3階)に分かれての予選リーグ3回戦までの対局です。
(持ち時間は各20分切れたら30秒の秒読みのルール)

Aクラスを小野・折立、Bクラスを西澤・廣田に分かれての運営でしたので、連絡し合うのが何かと大変でした。

予選リーグ3回戦を終了後、全員で記念写真を撮影。

予選リーグ2勝者は、翌日の決勝トーナメントへ進出。
予選リーグ2敗者は、翌日の昇龍戦(敗者復活)トーナメントへ回る方式です。

夕方からは、夕食交流会に招待をして頂きました。
座が和んでくると選手の方が次々と前に出てこられ、手話でアピールされていました。
通訳の方のおかげで、楽しく交流が図れました。

予定より1時間オーバーでお開きとなり、帰宅は22時頃になりました。
DSCF9615.jpg
DSCF9609.jpg
DSCF9611.jpg
DSCF9612.jpg
2月10日(金)午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブに出向く。

比叡山が雪化粧していて、風が強く寒かったです。

最初に、将棋界の話題。京都出身の佐藤康光新会長就任と西田拓也新四段の誕生の話をしました。

大盤講座は前回の続きです。3手詰め詰将棋を9問出題。

今日は4年生が体験受講に来ていました。符号で答えるように指導。

講座終了後は自由対局としました。順番に見て回りポイント指導を行う。

DSCF9603-1.jpg
DSCF9604.jpg
DSCF9605.jpg
2月8日(水)15時40分からは大宅小学校将棋部・部活動に出向く。

最初に、3月18日(土)に「ひと・まち交流館京都」で開催の「第5回京都子ども将棋交流大会」の案内。
腕試しに再度参加するように呼びかけました。

今回の大盤講座は、折立指導員にお願いしました。テーマは「歩の手筋」です。継ぎ歩・垂れ歩などの問題を符号で答えを求め、その後は分かりやすい解説です。

大盤講座終了後は、折立指導員と共に3面指し指導対局と自由対局です。
DSCF9598_20170207162333301.jpg
日本将棋連盟は2月6日(月)、コンピューター不正使用疑惑に絡む一連の騒動の責任を取り、任期途中で辞任された谷川浩司会長の後任に、元名人の佐藤康光九段(京都府八幡市出身)を選んだ。
2月7日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて「将棋講座・初めての将棋教室」の開講日。
最初に将棋界の話題。「昨日、谷川会長、島常務理事の辞任による臨時総会が開催され、新たに佐藤康光九段と井上慶太九段が理事として選出されました。そののち理事会で佐藤康光九段が会長に選出された」ことを話す。
大盤講座は阪田指導員と共に解説。先手・高田6級VS後手・浜6級の棋譜を並べて解説。
序盤は先手が中飛車、後手が四間飛車と相振り飛車の戦形。共に王を美濃に囲う。
中盤では、銀交換の後、先手が指しやすかったですが、飛車取りに打った銀が遊び駒となり、逆転。
終盤は、後手が受けを間違い危なかったが、先手の玉側の歩がついてなかったのが致命傷となり、後手が先手玉を寄せ切った一局でした。
基本的な「数の攻め」「駒の取り方」を考えることが学べたと思います。
講座終了後、5手詰め詰将棋を出題。符号で答えてもらいました。
「初めての将棋教室」は、「将棋の格言」の続きと「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」の解説です。
DSCF9593.jpg
DSCF9594.jpg
DSCF9592.jpg
2月6日(月)15時30分からは「大宅こども将棋教室」12回目の開講日。20名が受講。

大盤講座は、寄せの手筋です。王は包むように寄せよ・王は下段に落とせ・王手は追う手・などの格言を交えて、例題を出題し符号で答えるように指導してから解説する。

大盤講座終了後はお待ちかねの対局です。

折立指導員と共に6枚落ち・8枚落ちでの指導対局を行う。福山さんには平手での指導と自由対局の見守りをお願いしました。

最後に、再度将棋大会の案内です。おうちの方に相談して、ぜひチャレンジしてもらいたいです。

3月18日(土)9時~17時、第5回京都子ども将棋交流大会の開催。会場は「ひと・まち交流館京都」。
歴史と文化の町「京都」、将棋にゆかりのある「京都」において、日本将棋連盟京都府支部連合会は設立10周年を迎えました。これを機に、ホームページを開設して、充実した将棋普及活動の発信に努めていきたいと思っております。
今後とも皆様方のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 http://www.eonet.ne.jp/~shogikyotohusibu/
DSCF9585.jpg
DSCF9588.jpg
2月4日(土)の午後は、山科・小野将棋教室開講日です。

大盤講座は、中学生棋士誕生で話題になった藤井聡太四段(14歳)と現役最年長棋士(76歳)加藤一二三九段の対戦(第30期竜王戦ランキング戦6組)を鑑賞。

序盤は堂々の相矢倉に玉を囲い合う。中盤で先手の加藤九段が猛攻を仕掛けるも、後手の藤井四段が的確に受けてから、反撃に転じ、最短の寄せで見事に勝利し、プロ入りデビュー戦を白星で飾った。

大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部の小川友7級に6枚落ち、伊藤10級に8枚落ちでの指導。
2部の小川永1級・藤戸1級に飛車落ちでの指導です。

<昇級記録>
小川友瑚7級→6級(8勝2敗)
DSCF9579-1.jpg
DSCF9581-1.jpg
DSCF9583.jpg
DSCF9584.jpg
2月4日(土)午前中は「平成28年度後期第27回 ももやまこども将棋教室」の11回目の開講日です。

野々村正造指導員と共にももやま児童館に出向く。受講者は37名。

最初に、3月18日(土)開催の第5回京都子ども将棋交流大会の申込み受付です。

現在すでに13名が申し込みました。次回の教室でも間に合います。絶好の機会ですので、ぜひチャレンジしてください。

大盤講座は、寄せの手筋です。王は包むように寄せよ・王は下段に落とせ・王手は追う手・などの格言を交えて、例題を出題し解説する。

大盤解説終了後、お待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦を行う。

<昇級記録>・・・8名
服部悠介5級→4級(6連勝)
下野誠太朗9級→8級(4蓮勝)
杉浦秀拓12級→11級(3連勝)
近西陸13級→12級(3連勝)
林一慶15級→14級(4勝1敗)
福田理人15級→14級(3連勝)
荒木奎太17級→16級(4勝1敗)
黒崎優佑17級→16級(4勝1敗)
DSCF9414.jpg
DSCF9418.jpg
DSCF9432.jpg
DSCF9456.jpg
DSCF9481.jpg
DSCF9475.jpg
DSCF9488.jpg
DSCF9493.jpg
DSCF9497.jpg
DSCF9498.jpg
DSCF9506-1.jpg
DSCF9512-10.jpg
DSCF9518.jpg
DSCF9529.jpg
DSCF9535.jpg
DSCF9538.jpg
DSCF9549-1.jpg
DSCF9553.jpg
DSCF9559-1.jpg
DSCF9560.jpg
2月2日(木)~3日(金)はリフレッシュするため、100%掛け流しの天然温泉「大露天風呂の金太郎温泉」へ行ってきました。

サンダーバードでの窓からの景色は湖西の安曇川あたりから雪が積もっていて寒そうでした。

金沢から乗り換えて富山に到着。金太郎温泉の送迎バスで魚津市の金太郎温泉に向かう。ホテルには16時に着き、ゆっくりと寛げました。

「お湯がご馳走」のキャッチフレーズの通り、温泉は硫黄の香りが漂う透明の湯と、乳白色に白濁している湯の二カ所あり、どちらも天然温泉で素晴らしかったです。

料理もご馳走であれば申し分なかったですが、少し残念です。それと、田んぼの真ん中に建っているので、温泉情緒がないのも、物足りなさを感じました。

3日(金)は、天気が良く暖かくてよかったです。

富山の薬店から富山市ガラス美術館(2014年オープン)の見物。

それから金沢に向かい、兼六園の庭園を見物。65才以上の方は証明書があれば無料です。見事な庭園でした。

続いて、出格子が残る風情のある街並みの「ひがし茶屋町」を散策。

最後は、加賀の伝統金箔工芸で金運がつく「黄金の茶室」を見せてもらいました。

盛り沢山の行程をこなし、時間通り、金沢駅~京都駅へ到着。

リフレッシュした後は、明日から将棋教室です。