巖ちゃんの日々是将棋

今日から、4つの列車でめぐる「鬼怒川・日光・草津・寛ぎと名湯の旅」に行ってきます。
行きは「サンダーバード」「はくたか」、帰りは「ワイドビューしなの」「こだま」の4つの列車と、名湯でゆっくりとリフレッシュして将棋普及活動の充電をしてきます。おかげさまで、天気予報では、晴れが続いていてよかったです。詳細は後日掲載いたします。
スポンサーサイト
4月28日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。今回は京都山科支部幹事長の阪田進さんに応援をお願いしました。
大盤講座は、先手・馬場3級VS後手・鳴田3級の対戦を小野と阪田で解説。序盤は、先手、後手ともに玉を美濃に囲い中飛車で対峙。中盤に入り、先手の5五歩に対し、後手は同歩と取らなかったことから、先手に5四歩と取り込まれ、一気に先手が主導権を握る。先手優勢のまま終盤戦に突入。駒得の先手は丁寧な受けで後手に何もさせず、堅実に後手玉を寄せ切った一局でした。後手の五筋での対応がまずく、イッペンに棋勢を損ねた将棋でした。次に詰将棋(3手詰め問題)を出題。初めての将棋教室は4回目。「合い駒をして王手を遮る」「詰みについて」「簡単な3手詰め、1手詰めの理解」について解説する。
DSCF9515.jpg
DSCF9516.jpg
4月26日(日)は、大宅フラワーガーデンの中で、中在家町町内会レクリエーションとして恒例の「バーベキュー」での懇親会です。普段は、なかなかゆっくりと話をする機会がなかったですが、本企画は、晴天にも恵まれ、町内会のきずなを深める絶好の催しでした。参加してよかったです。
DSCF9478.jpg
DSCF9499.jpg
DSCF9500.jpg
4月25日(土)は、日本将棋連盟 京都府支部連合会主催の将棋大会「ねんりんピック山口2015将棋交流京都予選大会」を「ひと・まち交流館京都」において開催。京都市(20名)、京都府(10名)合わせて30名が参加。京都市より長寿福祉課・谷利課長にお越し頂き選手激励。審判は中尾修七段。運営は京都府連新体制での役員5名(小野会長・西澤副会長・吉村幹事長・廣田会計監査・大西理事)と大山理事の代理として中田晴洋君、吉田賞状書士が担当、予定通り滞りなく運営することが出来ました。
持ち時間は、チェスクロックを使用して各25分切れ負けのルールです。但し、決勝戦(3位決定戦含む)は、各15分、以後一手30秒の秒読みとしました。
DSCF9502.jpg
DSCF9506.jpg
DSCF9512.jpg
結果は、
京都府代表選手・・・3名
大西就明、杉谷隆志、小中 勲
京都市代表選手・・・3名
奥田 進、押田善博、春山健三
代表になられた方々は、10月16日(金)~19日(月)山口県において開催の「ねんりんピックおいでませ!山口2015」将棋交流大会に京都府・京都市代表として出場していただきます。大いに活躍されることを期待しています。
DSCF9436.jpg
DSCF9433.jpg
4月24日(金)は「第44回全国支部将棋対抗戦・名人戦・第22回全国シニア将棋名人戦西地区大会」の前夜祭に招待され、日本将棋連盟より感謝状を頂きました。京都山科支部は100名支部の特典として西地区大会へ招待出場(5回目)します。今日は大会に先駆けて、プロ棋士による指導対局および前夜祭が開催されました。
DSCF9441.jpg
DSCF9446.jpg
DSCF9455.jpg
DSCF9457.jpg
DSCF9461.jpg
今回の京都山科支部の出場メンバーは、支部対抗戦に川崎琢也君、藤井奈々さん、村田祈星君、支部名人戦に寺村功二さん、シニア名人戦に阪田進さんの5名です。「京都東山支部」「京都梅津支部」も100名支部の特典でそれぞれ5名が招待されました。また、京都代表のメンバーは、支部対抗戦には櫻井研支部、支部名人戦に高橋英晃さん、シニア名人戦に安田兌さんが出場されます。朗報を期待しております。
日時   2015年4月23日(木)午前9時30分~12時00分
場所  「ひと・まち交流館京都」2階 市民活動総合センター 交流コーナー
出席者 東山支部・西澤支部長、梅津支部・大山副支部長、城南支部・大西支部長、
錦旗会支部・吉村支部長、大将軍支部・廣田支部長、山科支部・小野支部長
議題
1、第28回・ねんりんピック山口2015将棋交流大会(京都府・京都市)京都予選大会の組合せ抽選および、開催当日の4月25日(土)における「ひと・まち交流館 京都」3階・第4会議室での役割分担について。
・組合せ抽選は各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・京都市20名、京都府10名、計30名
・選手代表(府、市、各1名)事務連絡費5,000円支給。予選リーグ3局目はシャッフル方式。
・東山支部・・・将棋盤・駒15セット、チェスクロック15台、べんとう手配8個、賞状8枚
・大将軍支部・・駒台15セット
・山科支部・・・謝礼・日当・名札・筆記具など準備、進行表、予選リーグ・
決勝トーナメント組合せ表、対戦表、抽選カード、参加賞ほか(お茶48個)
・大会役員は午前8時40分に、ひと・まち交流館京都に集合して準備する。
・当日の役割<会場準備>小野、西澤、吉村、廣田、中田
<受付>大西、吉田<賞状>吉田  
<司会>吉村 <開会挨拶>小野、京都市担当 <競技規定>西澤 ・審判・中尾修七段
2、第73期名人戦第3局(2日目、5月8日)全国一斉大盤解説会(平藤眞吾七段)
  「ラボール京都」での役割分担について。13時集合
大将軍支部…大盤、将棋盤・駒5セット、山科支部…次の一手カード、胸章リボン
3、2014年度 京都府支部連合会・会計報告
 大西会計監査より「領収書を監査した結果間違いないことを認めます」の報告。
4、第36回全国中学生選抜将棋選手権大会(8月3日、4日・天童温泉、滝の湯)
 京都代表選手・男子1名・・・「少年王将戦中学生の部」成績上位者(優勝)の中より推薦。
女子の部・1名・・・少年王将戦の結果及び過去の実績を勘案・京都府連理事会で推薦
5、夏休み将棋合宿IN中川・・・開催日・平成27年7月25日~26日(1泊2日)
  日本将棋連盟、京都市、京都市教育委員会、京都新聞・・・後援申請完了
  平成27年度「伝統文化親子教室事業」採択、案内ポスター作成後、各支部にて募集
6、文部科学大臣杯 第11回小・中学校将棋団体戦 京都府大会の開催(6月13日・土)
に備え、参加の呼びかけを行なう。京都代表・・小学校2チーム、中学校2チーム
  京都府教育委員会、京都市教育委員会の後援申請許可済・・・学校へ案内配布依頼
7、京都府連所有対局時計45台…佐藤康光杯将棋大会(6月21日・日)へ貸出
8、京都府連所有盤駒30セット、対局時計20台…梅津支部→大将軍支部へ移管
2015年4月23日
               日本将棋連盟 京都府支部連合会 会長 小野  巖
4月22日(水)午後より「京都市みぶ身体障害者福祉会館」へ出向く。平成27年度初回の将棋講座です。受講者は8名。今期より、折立冨美男将棋指導員と2人体制で指導対局を重点的に行う方針です。
大盤講座は、詰将棋問題の出題と6枚落ち定跡の解説を行う。小休止のあと、折立さんに4面指し(飛車落ち・飛車落ち・二枚落ち・六枚落ち・六枚落ち)での指導対局をお願いして、僕も4面指し(二枚落ち・二枚落ち・二枚落ち・二枚落ち・六枚落ち・六枚落ち)での指導対局を行いました。先ずは、六枚落ちで確実に勝てるようになってもらいたいです。
4月21日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。今回は京都山科支部顧問の岩井眷ニさんに応援をお願いしました。
大盤講座は、先手・孫井1級VS後手・脇田初段の対戦を小野と岩井で解説。先手の四間飛車に対し、後手は居飛車舟囲いで対峙。先手が手損を繰り返している間に、後手は十分な態勢を整える。中盤に入り、先手の強引な捌きを、後手が駒得で対応。後手優勢のまま終盤戦に突入。後手の丁寧な受けで先手の攻めは切れ筋になり、後手が反撃。堅実に先手玉を寄せ切った一局でした。後手の駒得が大きく物を言い、先手の捌きが不発に終わった将棋で後手の会心譜。次に詰将棋(3手詰め問題)を出題。初めての将棋教室は「持ち駒を打つ」「駒が成る」「王手について」について解説する。
DSCF9361.jpg
DSCF9364.jpg
4月19日(日)は、ANAクラウンプラザホテル神戸で開催の「谷川浩司九段の紫綬褒章受章をお祝いする会」に出席してきました。300名を超える人数で、盛大な式典でした。
DSCF9389.jpg
DSCF9391.jpg
DSCF9405.jpg
DSCF9406.jpg
関西所属のプロ棋士はむろん、東京からのプロ棋士もたくさん来られていました。羽生名人、渡辺棋王、郷田王将、森内九段、佐藤九段、広瀬八段などと話をすることができ、出席してよかったです。それと、毎年恒例の「第4回大宅三世代交流将棋教室」を6月6日(土)に開催することになり、今日はプロ棋士の先生に出演依頼の営業活動もやっていました。おかげさまで、出演プロ棋士は決定しました。後日のお楽しみにしておきます。
DSCF9417.jpg
DSCF9424.jpg
DSCF9428.jpg
DSCF9351.jpg
4月18日(土)午後からは「山科・小野将棋教室」を開講。大盤講座は「第8期マイナビ女子オープン五番勝負第1局・先手・加藤桃子女王VS後手・上田初美女流三段」の対戦を鑑賞。横歩取りの難解な将棋から後手がペースを握った展開になる。後手優勢も先手が馬を作って反撃を狙う。後手が大長考の結果が皮肉にも疑問手となり、攻守が入れ替わる。終盤は先手の駒が躍動し、後手陣を一気に攻略。先手の加藤女王が幸先の良い1勝を挙げた一局でした。
DSCF9354.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、新入会の吉村尽15級、若林朔太郎15級に8枚落ちで指導。2部では、武田明夜1級に飛車落ちで、長澤一輝2級に2枚落ちで指導。本日の昇級者は、1部の藤戸登真2級が6連勝で1級に、小川永瑚2級も6連勝で1級に、鬼村遼9級は4連勝で8級に、新開はる12級は3連勝で11級にそれぞれ昇級。おめでとう。更なる精進を期待しています。
4月17日(金)午後からは「夏休み将棋合宿in中川」第3回企画会議のため、島津アリーナ京都・会議室へ出向く。
議題は、
1、京都府連より進捗状況の説明
2、中川地域合宿運営委員会より説明
3、その他、案内チラシ作成準備・スケジュール確認など。
京都府連からは、審判長・・・森信雄七段が決定。あと若手棋士3名調整中。文化庁伝統文化親子教室採択内定通知あり。後援名義使用承認の取り付け完了(日本将棋連盟・京都市教育委員会・京都新聞)を報告。次に、中川地域合宿運営委員会からは、入浴を民家10軒に依頼・50人対応OK。プロ棋士宿泊用ペンション貸切OK。将棋大会賞品(北山杉での置き駒)製作等を報告。北区役所中川出張所長より案内チラシ原案作成・・・京都府連理事会議において、募集要項など詳細の詰めを行い、案内チラシの完成版を早期作成する。
標記の件、下記の通りご案内申し上げます。今回は、3月29日(日)に78歳でお亡くなりになった「平手脩副支部長追悼将棋交流大会」として開催します。万障繰り合わせの上、ご参加いただきますようお願い致します。

記 
                    
 日時  2015年6月7日(日) 午前9時~午後5時
* 日本将棋連盟関西本部より、プロ棋士2名(調整中)にお越しいただき、指導対局を企画。
* A級(有段者)B級(級位者)に分かれて上手に厳しい駒割り規定による対局。
* 予選リーグは、4人一組で2勝通過、2敗失格とする。
* 決勝トーナメント戦は、対局時計を使用する。A級は予選リーグより使用する。
* 参加費・・・500円(なお、昼食弁当を希望される方は、別途500円です。)
* 優勝者および準優勝者には、表彰状・賞品を授与。その他詳細は、当日発表。
  昼食弁当の有無を明確にして5月30日(土)までに小野に申し込み願います。
場所 「京都市東部文化会館」(地下鉄東西線椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
 電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は、禁煙です)

懇親会・・・2015年6月7日(日)午後5時~7時
将棋教室終了後、支部会員有志でプロ棋士を囲んでの「懇親会」を企画しています。
会費・3,500円 場所・和食のサト椥辻店 電話(075)502-4093
参加希望者は、5月30日(土)までに、小野まで会費を添えて申込み願います。

2015年4月17日
 公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋 棋道師範・五段  
日本将棋連盟・京都山科支部 支部長  小野 巖
電話 075-581-7304 ・ 携帯 090-1815-6018
巖ちゃんの将棋道場 http://www2.odn.ne.jp/iwao/
4月16日(木)午後からは今年なって初めて醍醐将棋同好会に出向き、2局指してきました。K三段との角落ち戦です。1局目は下手の向飛車に対し、棒金で対峙。うまく抑え込んだかに見えたのですが、読み抜けがあり、すかさず下手に捌かれてしまい、最後は受けなしに追い込まれ、投了。
気を取り直し2局目。下手の三間飛車に対し、上手は中央に戦いを求め、下手の攻めを誘い駒得を図る。下手が懸命に攻めを繋ぐも、徹底的に受けつぶし指し切りに導き、最後は上手が豊富な持ち駒で寄せ切った一局でした。結果は1勝1敗の指し分けでした。ブランクが大きく、実戦感覚を取り戻すまでに至ってなかったです。日々の精進が足りないと反省しました。
4月14日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの「初めての将棋教室」です。今回も京都山科支部幹事の阪田進さんに来ていただきました。
大盤講座は、先手・孫井1級VS後手・植松1級の対戦を小野と阪田で解説。先手の石田流三間飛車に対し、後手は居飛車舟囲いで対峙。先手の強引な攻めを後手が受け間違い、一挙に終盤戦に突入。先手が大優勢も後手の頑強な受けに、てこずりましたが、駒得が大きく物を言い、堅実に後手玉を寄せ切った一局でした。序盤での手順前後が致命的な影響を受けた将棋でした。次に詰将棋(5・7手詰め問題)を出題。初めての将棋教室は「駒の利き」「駒を取る、取られる」「駒損・駒得」について解説する。
4月13日(月)午後からは、丹波橋にある「京都府総合教育センター内の小・中学校校長会事務局」へ出向く。「文部科学大臣杯第11回小・中学校将棋団体戦京都府大会」の京都府教育委員会後援名義の使用許可がおりたので、早速「大会案内と申込書」を持参し、校長会を通じて小・中学校への周知徹底をお願いしてきました。そのあと、近くの「ももやま児童館」に足を伸ばしました。波多野館長にお会いし山科支部設立10周年記念祝賀会の御礼と、今期こども将棋教室の一部日程変更、小学校への案内配布、ブログでの案内についての打合せです。
夕方からは、廣田理事の案内で京都を訪問された秋田県連の山崎将明会長と京都平安ホテル「和食処帆舟」で将棋普及について懇談。親交を深める良い機会でした。
平成27年度前期「第24回ももやまこども将棋教室」開講日程を下記の通りご案内致します。
             記
2015年
5月・・・ 9日(土)―ーー将棋教室登録会、23日(土)、30日(土)
6月・・・20日(土)、27日(土)
7月・・・ 4日(土)、11日(土)、18日(土)
8月・・・ 7日(金)、10日(月)、20日(木)、21日(金)
9月・・・ 5日(土)、12日(土)、19日(土)          計15回コース

*午前10時~12時
*最終日の9月19日(土)は将棋大会と表彰式のため、13時00分終了予定です。

場所・・・ももやま児童館 ℡075-605-5586

参加対象・・小学2年生以上、中学3年生まで、15回とも参加できる人。
      真面目に将棋に取り組める、やる気のある人。

講師・・・小野 巖先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋棋道師範・五段)
     木下博視先生(公益社団法人 日本将棋連盟公認 将棋普及指導員補佐)

参加費・・3,000円

定員・・・先着40名まで

申込み受付開始

   4月20日(月)午前10時から・・・ももやま児童館(閉館は18時30分です)
   これ以前の申し込みは受付けられません。

主催  日本将棋連盟 京都山科支部

お問い合わせ 「ももやま児童館」 京都市伏見区桃山町立売1-6 
        ℡075-605-5586 FAX075-605-5587
DSCF9343.jpg
4月12日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第124回将棋教室を「京都市東部文化会館」で開催。64名(大人28名、こども36名)の方々に参加していただきました。
最初に残念なお知らせです。京都山科支部設立当初より支部運営にご尽力を頂いた副支部長の平手脩さんが、3月29日にお亡くなりになりました。78歳でした。平手さんのご冥福をお祈りし、みなさんに1分間の黙祷をお願いしました。次に、京都山科支部の新体制を討議などで役員会を開催するため、本日の将棋教室は16時終了することをご了承いただきました。続いて連絡事項2件。1つは、平手脩副支部長追悼将棋大会を、6月7日(日)に開催。2つ目は、京都府連主催・将棋イベントの日程連絡です。4月25日(土)ねんりんピック将棋交流大会京都予選・会場・・・ひと・まち交流館京都。5月8日(金)第73期名人戦第3局全国一斉大盤解説会・会場・・・ラボール京都。5月31日(日)第28回アマ竜王戦京都府大会・会場・・・ひと・まち交流館京都。6月13日(土)文部科学大臣杯第11回小・中学校将棋団体戦京都府大会・会場・・・ひと・まち交流館京都。以上です。
DSCF9342.jpg
今回は体験受講に5名の方が来られました。早速に4名の方が支部会員に入会をいただきました。おかげさまで、支部会員は111名となりました。特に、こども会員の増加が顕著で、その対応が大変になってきました。そこで、井上さん、小森さん、武田さんに将棋教室運営のお手伝いをお願いしました。快くお引き受けいただき、ありがたいことです。5月からの新体制の役員と共に、みなさんで平手さんの意志を継ぎ、京都山科支部運営を続ける力が湧いてきました。
DSCF9344.jpg
その後は、恒例の対局カードによる駒落ち対戦です。それと、今日の昇級者は9名です。高山一夫4級が9勝2敗の成績で3級に、武田明夜4級は9勝3敗で3級に、村上朋裕8級は4連勝で7級に、橋本康希10級は3連勝で9級に、エマミ貴也11級も3連勝で10級に、高山結衣13級も3連勝で12級に、地野友晴14級は3連勝で13級さらに3連勝で12級に、太田川由青14級も3連勝で13級に、加納智樹14級も3連勝で13級にそれぞれ昇級。おめでとう。これからも精進を積んで更なる目標を目指しましょう
DSCF9334.jpg
4月11日(土)午後からは「山科・小野将棋教室」を開講。大盤講座は「A級順位戦熱戦譜・先手・行方尚史八段VS後手・久保利明九段」の対戦を鑑賞。先手の居飛車に対し、後手は角交換形四間飛車から三間に振る。中盤に入り、飛車交換から先手は龍を作るも、後手の「魔法の2七歩」が後から利いてくる展開となり、終盤では後手が先手玉を受けなしに追い込み投了となった一局でした。
DSCF9335.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、新入会の伊藤光志朗15級に8枚落ちで指導。2部では、山下陸三段と長澤一輝2級に2枚落ちで指導。本日の昇級者は、1部の村上朋裕2級が6連勝で1級に昇級。おめでとう。初段を目指して更なる精進を期待しています。
DSCF9339.jpg
DSCF9333.jpg
4月9日(木)午後からは今年度の新規募集のため「御所南学童クラブ将棋教室」無料体験講座を開催しました。12名が参加してくれました。今回は折立冨美男将棋指導員と共に講師を務めました。最初に、講師の自己紹介をしてから、将棋リーフレットに沿って将棋の歴史、礼儀作法、駒の動き方などを説明してから、それぞれ将棋盤に駒を並べて8枚落ち定跡手順により「端の破り方」「上手王の寄せ方」を学んでもらい勝ち味を体験してもらいました。
4月8日(水)午前中は「文部科学大臣杯第11回小・中学校将棋団体戦京都府大会」の大会案内・申込書を持参し、京都府庁まで出向く。文化環境部文教課へ私立の小・中学校への「大会案内と申込書」の配布をお願いし周知徹底を図りました。次に、後援名義の使用許可がおりた京都市教育委員会学校指導課へ出向き、学校便を通じて小・中学校への周知徹底をお願いしてきました。午後からは、所用があったので、京都市以外の京都府の小・中学校については、後日、丹波橋の京都府総合教育センター内の「小・中学校校長会事務局」へ出向きます。
DSCF8652.jpg
4月7日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの平成27年度初回の「初めての将棋教室」です。今日は、12年間一緒に講師を務めていた平手脩講師(日本将棋連盟京都山科支部副支部長・3月29日ご逝去、78歳)の意志を継ぐため、京都山科支部幹事の阪田進さんに来ていただきました。最初にみなさんに平手脩さんの訃報をお話してから、ご冥福をお祈りするため1分間の黙祷を捧げました。
大盤講座は「第64期王将戦七番勝負第7局・先手・郷田真隆九段VS後手・渡辺明王将」の対戦を小野と阪田で解説。相掛かりの戦形から、先手が一筋の端攻め。と金作りに成功し駒得を図る。後手の勝負手を力強い指し回しで圧倒。「王は包むように寄せよ」の格言通り、後手玉を寄せ切りました。郷田新王将の誕生です。渡辺棋王にとっては、第6局で入玉の勝ち筋を逃したことが悔やまれます。次に詰将棋(5・7手詰め問題)を出題。
新年度より「将棋を通じてお互いの交流をさらに深めよう」との提案を平手さんが中心になり、世話人(A級・・・竹田さん、B級・・・浜さん)を決めて、本日よりリーグ戦を実施していこうとの矢先でした。残念でたまりません。みんなで平手さんの意志を継いでリーグ戦を開始しました。阪田さんには、孫井1級と植松1級の対局の棋譜取りをお願いしました。僕は「初めての将棋教室」の担当です。最初に「将棋リーフレット」を配布し「テキスト」と併用して活用するように話しました。具体的には、将棋の歴史・駒の正しい並べ方・玉と王の区別・マス目の呼び方・駒の名前と種類・駒の動きなどを解説しました。
DSCF9324.jpg
DSCF9325.jpg
DSCF9326.jpg
4月4日(土)午後からは「山科・小野将棋教室」を開講。最初に全員で、3月29日(日)にご逝去された京都山科支部副支部長・平手脩さんのご冥福をお祈りし、1分間の黙祷を捧げました。大盤講座は「第64期王将戦七番勝負第7局・先手・郷田真隆九段VS後手・渡辺明王将」の対戦を鑑賞。相掛かりの戦形から、先手が一筋の端攻め。と金作りに成功し駒得を図る。後手の勝負手を力強い指し回しで圧倒。「王は包むように寄せよ」の格言通り、後手玉を寄せ切りました。郷田新王将の誕生です。最終戦、3戦全敗のジンクスをはね退けました。
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、中村優仁8級に6枚落ちで指導。体験受講として児島そう君が来てくれました。8枚落ちで棋力認定を行う。15級と認定。それと、1部の岩﨑柊典二段が、4月より2部に転入。健闘を期待しています。
DSC01766_201504031402050b5.jpg
DSCF8369.jpg
3月28日(土)グランフィックホテル(如皋市 格林菲特.格拉菲特永林国際酒店) にて「上海許建東将棋倶楽部開設20周年記念」パ―ティが開催されました。この席で、日本将棋連盟京都府支部連合会(会長・小野巖)から、許建東理事長に、記念トロフィーが贈呈されました。
DSCF8683.jpg
DSCF8698.jpg
DSCF8712.jpg
DSCF8721.jpg
DSCF8735.jpg
3月27日~31日の4泊5日の日程で「上海許建東将棋倶楽部開設20周年記念将棋交流大会」に、京都府訪中団13名(大人7名、こども6名)で参加してきました。今回は、京都、千葉、静岡、沖縄からの参加者です。ハードスケジュールでしたが、食事も口に合い、こどもたちに取っては、いい経験になったと思っております。何よりも、13名全員が無事に元気に帰国できて、よかったです。 ただ、2日間の将棋交流大会が終わり、29日の無錫・蘇州観光のバスの中で、京都山科支部設立10周年祝賀会(22日)の閉会挨拶をされた平手脩副支部長(78歳)が急死されたとの信じられない訃報に接しました。
突然のことでその対応に追われていました。お通夜、告別式とも女房や幹事の方にお願いし、私は「寒山寺」でご冥福をお祈りしました。今回の上海将棋交流は、楽しさと悲しさが入り混じった忘れられない旅となりました。いまだに信じられず残念でなりません。
<スケジュール>
3/27(金) 
各地の参加者それぞれの便で上海浦東、上海虹橋空港着、それぞれ出迎えを受けたあとホテル、チェックイン
18:30~20:00 ・・・歓迎夕食会 【海鲜坊大酒店(ホテル内にて)】
20:00~22:00・・・ 中日子ども将棋交流20周年記念大会[一](対戦カードで成績登録)
所司和晴七段、北尾まどか女流二段、中倉彰子女流初段、大庭美夏女流1級による指導対局。
 宿泊ホテル・・・金水湾 大酒店(4つ星ホテル)
DSCF8735.jpg
DSCF8736.jpg
DSCF8752.jpg
DSCF8757.jpg
3/28(土) 
7:00~7:30・・・ 朝食
8:00~8:40・・・貸切 バスにて将棋大会会場に移動(会場:上海市婁山中学校)
8:50~12:30・・・ 【1】所司和晴杯中日子ども将棋大会(駒落戦):【2】上海市“婁山杯”將棋邀請賽(平手戦)
(参加者の棋力は自己申告)成績優秀者にはトロフィー・賞状・賞品などが授与。引率者の方は婁山中学校校内にご案内。
昼食: 【婁山中学校内食堂】
13:30~17:30・・・貸切バスにて江蘇省南通市に移動、狼山景区観光後ホテルにチェックイン
18:00~19:50・・・上海許建東将棋倶楽部開設20周年記念パ―ティ夕食招待宴会
20:00~22:00・・・ 中日子ども将棋交流20周年記念大会[二]及び 所司和晴七段、大庭美夏女流1級による指導対局。
宿泊・・・ グランフィックホテル(如皋市 格林菲特.格拉菲特永林国際酒店) 【2012年オープン、華南地区有数5つ星ホテルです】
DSCF8778.jpg
DSCF8791.jpg
DSCF8806.jpg
DSCF8814.jpg
DSCF8824.jpg
DSCF8832.jpg
DSCF8837.jpg
DSCF8859.jpg
DSCF8901.jpg
DSCF8926.jpg
DSCF8974.jpg
DSCF9013.jpg
DSCF9017.jpg
3/29(日) 
7:00~7:30・・・朝食
8:00~12:00 貸切 バスにて無錫市に移動,游览灵山大佛風景区
昼食・・・ 【宏梁大酒店】後、蘇州市に移動、寒山寺、蘇州シルク博物館。
18:00~19:00・・・ 【新金满楼大酒店】にて夕食
宿泊・・・ 苏州玄妙马哥孛罗酒店(市内4つ星ホテル)、チェックイン後蘇州市市内自由行動
DSCF9040.jpg
DSCF9066.jpg
DSCF9079.jpg
DSCF9089_20150402223205622.jpg
DSCF9130.jpg
DSCF9135.jpg
DSCF9190.jpg
DSCF9198.jpg
DSCF9205.jpg
DSCF9214.jpg
DSCF9219_20150402223355195.jpg
DSCF9228.jpg
DSCF9244.jpg
DSCF9253.jpg
DSCF9280.jpg
DSCF9282.jpg
DSCF9295.jpg
3/30(月)
7:00~7:30・・・朝食
8:00~12:00・・・ 貸切バスにて上海市に移動後、上海動物園市内見学。
昼食・・・ 【海立阁精品菜坊】後、バスにて豫園商場、外灘
18:30~20:00・・・夕食:【海鲜坊大酒店(ホテル内にて)】
宿泊・・・金水灣大酒店(4つ星ホテル)
3/31(火) 
7:00~8:00・・・ 朝食
8:30~12:00・・・貸切バスにて、東遼陽中学将棋授業見学及び交流戦(京都・静岡)
昼食・・・東遼陽中学校給食
13:00~14:00・・・貸切バスにて上海浦東空港