巖ちゃんの日々是将棋

5月28日からの3日間は雨雨雨の天気予報で、旅に出るのが億劫になっていました。天気予報通り雨は降りましたが、夜中とかバスでの走行中でした。45名のツアーで晴れ女、晴れ男が大勢おられたのか、おかげさまで、奇跡的にカサを使わずに旅が出来ました。明日は「三世代交流将棋教室」の最終確認を行いますので、旅の詳細は後日掲載します。
スポンサーサイト
今日から30日(木)まで、以前から行ってみたいと思っていた「四国大自然浪漫紀行3日間の旅」に行ってきます。松山から高知を周遊して自然を満喫するツアーでの旅です。残念ながら天気予報では、梅雨入りとのこと。詳細は後日掲載いたします。
CIMG0161.jpg
5月27日(月)15時過ぎに大宅児童館に出向きました。今日は大宅小学校が日曜参観の代休日となっていたので、受講者は少なかったです。新規入会者の1・2年生には将棋入門ドリル1に沿って「駒のうごきかた」の指導を福山先生、澤先生にお願いしました。
CIMG0162.jpg
継続受講者は僕が担当して、将棋入門ドリル2「突き捨ての歩」「焦点の歩」「タタキの歩」「連打の歩」「継ぎ歩」などの歩の手筋について解説しました。
その後は、おまちかねの自由対局で楽しんでもらいました。今日は4面指しで8枚落ちでの実戦指導を行いました。
教室終了後、大宅保育園に出向き山手理事長と6月1日(土)開催する「第2回・大宅三世代交流将棋教室」の参加状況、準備事項、式次第、司会・受付担当、お楽しみ抽選会賞品、参加賞などの打ち合わせを行いました。現在の参加状況は約70名です。あと、10名ほど参加を受付けますので、参加ご希望の方は、ご連絡をお願い致します。
CIMG0111.jpg
CIMG0114.jpg
5月26日(日)は、第26回アマチュア竜王戦 京都府大会を「ひと・まち交流館 京都」3階第5会議室で開催しました。定刻の9時30分より清水幹事長の司会により開会しました。
会長の開会挨拶「みなさんおはようございます。アマチュア竜王戦も今年で第26回を迎えます。今回も「京都府北部地区予選大会」を4月21日に舞鶴において開催しました。本大会に上位者2名を決勝トーナメント戦にシードしています。参加者は年々増加しており、北部地区予選の24名を含めて、京都府全体では、91名と多くの方の参加をいただきました。京都府大会においては、毎年ハイレベルな戦いが繰り広げられています。今日はその中より、全国大会へ出場する京都府代表選手1名を選出します。
話は変わりますが、今年になってからの、京都在住者の全国大会での活躍状況をお知らせいたします。1月に京都梅津支部所属の久保田貴洋さんが全国オール学生将棋選手権戦において優勝されました。3月には櫻井研支部所属の中川慧梧さんが、昨年の学生名人に続いて学生将棋選手権の全国優勝をされました。皆様方の拍手でもって、その栄誉を讃えたいと思います。ありがとうございました。
話は戻りますが、これからの対局では長丁場の戦いとなり、集中力の持続に大変ですが、禁じ手や時間切れに注意して、日頃の持てる力を充分に発揮していただき、代表を目指して悔いの残らない将棋を指していただきたいと願っております。
最後に、日本将棋連盟・京都府支部連合会として、これからも将棋フアンを増やしていく企画に心掛けたいと思っておりますので、皆様方のお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。みなさんの健闘を祈ります。ありがとうございました。」
CIMG0118.jpg
次に審判の中尾修七段よりご挨拶をいただきました。続いて清水幹事長より運営役員の紹介です。最後に西澤副会長より競技規定の説明です。「対局は、総平手、2勝通過2敗失格の予選後、決勝トーナメント戦を行う。予選リーグ戦及び決勝トーナメント戦での持ち時間は各25分切れ負け(チェスクロック使用)です。但し、準決勝及び決勝は、各15分以後一手30秒の秒読みとする。その他は、原則として日本将棋連盟採用のルールを適用。持将棋は27点制を採用。その他問題が生じた時は、すべて審判の判定に従う。」などの説明がありました。
CIMG0142.jpg
CIMG0150.jpg
9時40分には、いよいよ予選1回戦のスタートです。今回、優勝までの対局は予選リーグ戦で2~3回、決勝トーナメント戦で5~6回と、レベルの高い大会で合計7~9回を戦う長丁場の体力勝負です。決勝戦は、先手の中川さんが冷静に千日手を選択し、指し直し局では先手の鰐渕さんを寄せつけず快勝でした。京都山科支部のメンバーでは、ハイレベルの本大会において、折立冨美男さん、橋本正治さん、川崎琢也君、岩崎亮介君の4名が決勝トーナメント戦に進出しました。
CIMG0158-1.jpg
結果は
優勝・・・中川慧梧さん(六段)
準優勝・・鰐渕啓史さん(六段)
三位・・・山田賀永さん(五段)
三位・・・久保田貴洋さん(五段)
CIMG0159.jpg
CIMG0160.jpg
優勝の中川慧梧六段には、6月22日(土)~23日(日)に東京「チサンホテル浜松町」で開催される全国大会に京都府代表として出場していただきます。
京都府代表として健闘を期待しています。
読売新聞社京都総局の南記者の取材、表彰式、写真撮影を行い19時前に無事終了することが出来ました。審判の中尾修七段、運営役員の皆様、本当におつかれさまでした。ありがとうございました。
CIMG0096.jpg
5月25日(土)午前中は「平成25年度前期・第20回ももやまこども将棋教室」初回開講日です。今回の受講者は50名です。最初に講師2人(小野巖先生・木下博視先生)の自己紹介をしてから、将棋教室で守るべきことをみんなに話しました。
CIMG0099.jpg
1、大きな声で挨拶をしよう。2、出席簿に○をつけ名札をつけましょう。3、休む場合は必ず事前連絡をしよう。4、開講日程を分かるところに貼っておく。5、教室内でふざけて騒ぐのはやめる。6、盤・駒の道具を大切に。7、後片付けはみんなで行う。
CIMG0103.jpg
大盤講座では、将棋がはじめての受講者に「将棋リーフレット」を渡し、将棋の歴史、礼儀作法、基本ルール、駒の動かし方、を説明しました。前期受講者と新規受講で駒の動かし方が分かる者は、早く将棋が指したいようですので、自由対局を楽しむようにしました。新規受講者の棋力を確認してから、対局カードによる対戦を組みたいと思っています。
CIMG0107.jpg
13時30分からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。1部の受講者14名、15時30分からの2部の受講者は10名でした。大盤講座は「支部名人戦東西決戦」先手・中口貴裕さんVS後手・吉岡大和さんの棋譜を並べてみんなで鑑賞しました。
千日手の指し直し局です。将棋内容は、先手が居飛車から左美濃、後手は石田流から美濃囲いにそれぞれ玉を囲いました。中盤に入り、後手が石田流から態勢を立て直したことが奏功し、優位に立ちました。終盤では、お互いの玉頭で熾烈な戦いとなりましたが、後手が一気に寄せ切った将棋でした。
CIMG0108-1.jpg
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、2面指しで指導対局を行いました。1部の中村6級に6枚落ち、田中夏生12級には8枚落ちです。2部でも2面指しで、西塚1級に角落ち、村上初段に飛車落ちでの指導です。それと、前回に1部の曽根7級が8勝3敗で6級に昇級していましたので追記します。今日は、1部の別所12級が3連勝で11級に昇級。2部では、山下陸1級が10勝2敗の成績で待望の初段に昇段しました。よく頑張りました。おめでとう。これからは、有段者としての対局マナーを身につけ更なる精進を期待しています。

日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。
万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。
          記                     
日時   2013年7月15日(月・祝)午後1時~5時
* 今回の開催日は、海の日です。
場所 「京都市東部文化会館」第1・第2・第3会議室(会議室内は禁煙です)
(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
       電話(075)502-1012 
今回、京都山科支部第101回目の将棋教室を記念して、香川愛生女流初段に来ていただき、初級講座・指導対局をお願いすることと致しましたので、ご連絡申し上げます。

日時   2013年6月9日(日)午後1時~5時

場所 「京都市東部文化会館」第1・第2・第3会議室(会議室内は禁煙です)
(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
       電話(075)502-1012 

なお、将棋教室終了後、香川愛生女流初段を囲んでの懇親会を開催します。出席希望の方は、小野までご連絡を願います。
日時   2013年5月23日(木)午前9時30分~11時30分
場所  「ひと・まち交流館京都」2階 交流コーナー
     市民活動総合センター 電話(075)354-8721
出席者 東山支部・西澤支部長、梅津支部・清水支部長、城南支部・大西支部長、
    錦旗会支部・吉村支部長、山科支部・小野支部長
議題
1、第26回アマチュア竜王戦京都府予選大会の組合せ抽選、開催当日(5月26日)における「ひと・まち交流館京都」3階・第5会議室での役割分担について。 
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・・・67名

なお、4月21日(日)舞鶴中総合会館で開催されたアマ竜王戦京都北部地区予選大会(24名参加)での代表選手2名(中島星冶、熊倉勝)を京都府大会の決勝トーナメント戦にシードする。京都府北部地区予選を含む総参加人数・・・91名

・東山支部・・・将棋盤・駒20セット、チェスクロック20台、べんとう手配8個
・梅津支部・・・賞状5枚、将棋盤・駒15セット、チェスクロック15台、駒台
・山科支部・・・謝礼、運営役員日当、北部地区代表選手交通費、名札、筆記具、マグネット、
        進行表、対戦表、予選リーグ・決勝トーナメント組合せ表、抽選カード、参加賞
       (記念扇子)など

・運営役員は、午前8時40分に「ひと・まち交流館京都」に集合して準備する。
・当日の役割・<受付>大西、吉村<会場準備>西澤、清水、大蔵、中村、小野
<司会>清水 <開会挨拶>小野 <競技規定>西澤 <賞状書士>大蔵
・審判・・・中尾修七段

2、第34回全国中学生選抜将棋選手権大会(8月3日、4日・天童温泉、滝の湯)
 京都代表選手決定・男子・・・本川卓佐「少年王将戦中学生の部」優勝 
 女子の部・京都府連理事会で推薦・・芦田実里「少年王将戦中学生の部」三位

3、文部科学大臣杯 第9回小・中学校将棋団体戦 京都府大会の開催(6月29日)に備え、参加の呼びかけを行なう。
  京都府教育委員会、京都市教育委員会の後援申請許可済・・・学校へ案内配布依頼済
CIMG0087.jpg
今日は午後より大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。真夏のように暑かったです。最初に顧問の高堂先生より6月1日に開催する「大宅三世代交流将棋教室」へ参加申込書提出と再度案内をしていただきました。大盤講座では、前回講座(礼儀作法・基本ルール・駒の動かし方・禁じ手)の復習と「駒の取り方」問題を「符号」で答える方式を取りました。その後は、おまちかねの自由対局の時間です。並行して3面指しで8枚落ちでの指導を行いました。
CIMG0091.jpg
帰宅してからは、第71期名人戦第4局を「NHK」と「にこにこ生放送」で観戦していました。森内俊之名人の強さが目立った快心譜となったようです。大一番を制した森内名人は、羽生善治三冠をカド番に追い込み、名人防衛まであと1勝としました。

5月21日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室へ出向きました。大盤解説の対戦は、先手・竹田勉4級VS後手・鳥居孝之3級です。先手の四間飛車に対し、後手は右四間で対峙しました。中盤に入ると先手の捌きが奏功し優位を拡大して必勝形となりました。ところが、銀を捨てて後手玉を寄せ切るつもりが攻めが切れてしまい、後手の重たい攻めが間に合う展開となり、大逆転して後手の勝ちとなった一局でした。
自玉が3手スキになっているので、後手玉を駒を捨てて寄せる必要がない局面でした。次に厳しい手(詰めよ)で迫っていけば、自然に勝ちになる流れで先手にとっては悔やまれる将棋でした。初めての将棋教室は7回目です。「駒の取り方」「両取り」「成と不成」を例を挙げて解説しました。
午後からは、幼馴染の棋友宅を訪問して気軽に思い出話しや将棋界の話題などで盛り上がっていました。短時間でしたがタイムスリップした心地よい楽しいひとときでした。
19日(日)に「京都少年王将戦」と並行して京都新聞文化ホールで開催された「第49回全国高校将棋京都府選手権大会」女子個人の部において、藤井奈々さんが見事優勝の栄誉に輝きました。おめでとう。更なる精進を図り、全国大会での活躍を期待しています。
CIMG0085.jpg
5月20日(月)15時過ぎに大宅児童館に出向きました。大盤講座では「駒のならべかた」「マスの符号と指し手」について解説しました。大盤講座終了後は、新規入会者の1・2年生に将棋入門ドリル1を、継続受講者及び高学年の新規受講者に将棋入門ドリル2を配布し問題を解いてもらいました。
CIMG0083.jpg
その後は、おまちかねの自由対局で楽しんでもらいました。今日は3面指しで8枚落ちでの実戦指導を行いました。澤先生、福山先生にはマンツーマンでの1年生の個別指導をお願いしました。
ドリルを解説してから、それぞれに問題を解いてもらうと、解答時間にバラツキがあるのと、時間がすぐに経ち、対局時間が少ししか取れなくなる場合があり、次回教室からの課題です。
CIMG0072-1.jpg
毎年恒例の「第42回京都少年王将戦」が曇り空のなか、京都新聞文化ホールで開催されました。中学生の部および小学生の部(低学年の部・高学年の部)に分かれての個人戦です。並行して、第49回全国高校将棋京都府選手権大会も開催されました。審判は、森信雄七段、中尾修七段、野間俊克五段です。小学生の各部優勝者・準優勝者は、小学生倉敷王将戦全国大会への出場資格が得られます。
CIMG0074.jpg
中学生の部優勝者(男子)は、天童で開催の全国中学生選抜将棋選手権大会への出場資格が得られます。なお中学生女子の部は、京都府連理事会議において、京都府代表選手として芦田実里さんを推薦しましたので、本日会場で正式に申込書の記入をしていただきました。それぞれが全国大会に繋がる将棋ですので、会場内は熱気でムンムンしていました。
CIMG0077.jpg
午後からは「まどか会カラオケ教室親睦の集い」に出席の為、10時30分頃に将棋会場を後にしました。日頃のカラオケ教室では、円さつき先生の指導の下、課題曲を習っているのですが、今日は、それぞれが十八番の歌を3曲披露してお互いに親睦を図ろうとの目的です。円さつき先生は、持ち歌の中から4曲を歌われました。そのなかの一つ「歩の女」は、僕も含めて将棋ファンの方にはぜひカラオケでリクエストして歌ってもらいたいです。
カラオケが中盤戦に入った14時30分頃に、井上さんから「京都少年王将戦・小学生低学年の部」井上翼君優勝!!の朗報が入ってきました。翼君、よく頑張りました。おめでとう。倉敷での全国大会では、さらに大きく翼を羽ばたいてください。気分をよくして3曲目の「冬の嵐(北川大介)」を思う存分に歌うことができました。天気予報が当たり、帰りは雨に降られました。気分転換が図れて、楽しかったです。
CIMG0065.jpg
5月18日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」開講日です。今日は、京都山科支部所属の将棋指導員・折立冨美男五段が自宅教室に来られました。これから将棋普及活動をやっていくに当たり、自宅教室での雰囲気を参考にしていただければと思っています。
CIMG0067.jpg
大盤講座は、第24期女流王位戦五番勝負第2局・先手・甲斐智美女流四段VS後手・里見香奈女流王位の対戦を解説しました。序盤は双方とも相振り飛車の戦形から美濃に玉を囲いました。中盤に入り、後手から強烈に攻める展開になりましたが、先手が正確な受けにより優位に立ちました。ところが、先手の桂馬による待望の反撃が、後手の角による王手で桂馬を外され形勢が混沌となりました。逆転するかと思いましたが、その後も先手が踏ん張り、後手の勝負手を正確な受けで凌ぎきりました。大熱戦の名局でした。これで1勝1敗となり、第3局が天王山となり面白くなりました。
CIMG0069.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、田中夏生12級・鬼村遼14級に8枚落ちで、奥田龍晟5級に6枚落ちでの指導を行いました。折立指導員には、1部の受講生3名(武田明夜5級・中村将大6級・西尾訓一初段)に駒落ち指導をお願いしました。
2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、野村真衣3級に2枚落ちで、小森敦也ニ段・井上翼3級とは平手での指導対局です。それと、今日は1部の武田明夜5級が9勝3敗の成績で4級に、長澤一輝6級は8勝1敗で5級にそれぞれ昇級しました。よく頑張りました。おめでとう。これからも更なる目標に向かって精進を続けましょう。
CIMG0060-1.jpg
CIMG0062.jpg
CIMG0063.jpg
5月17日(金)午後からは2ヶ月ぶりに今年度最初のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向きました。最初に講師として自己紹介と将棋部活の約束事を話しました。大盤講座は、将棋リーフレットに沿って、将棋の歴史・礼儀作法・基本ルール・駒の動かし方を解説しました。その後は、おまちかねの自由対局の時間をとりました。並行して3面指しで8枚落ちでの指導を行いました。ポイントの局面でヒントを出しながらの対局です。これからも順番に指導対局を実施して、将棋知識の理解度をチェックしていきます。
昨年、好評だった将棋教室、第2回開催決定!はじめての方でも、わかりやすい指導で楽しく取組めます。また、将棋を通じて親子・三世代がふれあい、家族の絆を深め、対面将棋のよさ(礼節、考える力、決断力、集中力、あきらめない根性、相手を思いやる心など)を体験しましょう。
たくさんのお申し込みをお待ちしております。

日時・・・6月1日(土)10時~13時
場所・・・大宅保育園 3階ホール(京都市山科区大宅五反畑町69-5)
対象・・・年長児、小学生、中学生及び保護者
指導講師・日本将棋連盟棋士 畠山鎮七段・斎藤慎太郎五段、日本将棋連盟公認 小野巖将棋棋道師範 
参加費・・無料
プロ棋士による特別講座!!
・トークショー
・大盤による将棋入門初級教室
・多面指し指導対局の開催
・三世代将棋交流の開催

申込締切日・・・5月27日(月)

申込み方法
住所、氏名(ふりがな)、学校名(学年)、電話、保護者氏名・連絡先を明記の上、大宅保育園または大宅児童館に申し込み願います。もしくは「巖ちゃんの日々是将棋」のメールフォームにて申込みもOKです。

問い合わせ先
大宅保育園 ℡075-581-6879
大宅児童館 ℡075-591-3063
「巖ちゃんの日々是将棋」のメールフォーム
5月16日(木)午後は、先週に続いて醍醐将棋同好会へ出向きました。木曜日は「つどい」の日になりましたので、先週と同様で満席でした。しばらく待っていると、席を譲っていただきF四段との香落ちを2局指すことが出来ました。
今日は2局とも落ち着いて指すことができ、幸いしました。これで2勝を上乗せで、通算10勝1敗となりました。今の調子を持続して六段昇段規定の18勝2敗を目指します。

CIMG0055.jpg
5月15日(水)15時40分からは、今年度最初の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。顧問の先生は、高堂先生と中村先生です。先ず、部員16名ひとりひとりの自己紹介をしてもらってから、講師として自己紹介と将棋部活の約束事を話しました。大盤講座は、将棋リーフレットに沿って、将棋の歴史・礼儀作法・基本ルール・駒の動かし方・禁じ手を解説しました。その後は、おまちかねの自由対局の時間をとりました。並行して3面指しで8枚落ちでの指導を行いました。これからも順番に指導対局を実施していきます。

5月14日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説の講師は平手脩五段、聞き手は小野です。今日の対戦は、先手・谷口5級VS後手・田中5級です。
お互いに棋譜を取ってもらと普段の将棋が指せなくなったようで、先手は居玉のまま、後手玉は飛車と隣り合わせの悪形となっていました。中盤から、先手が駒得を図り優位を拡大してそのまま押し切った将棋でした。今回の将棋では、玉をしっかりと固く囲ってから戦いをおこしてもらいたいと感じました。
初めての将棋教室は6回目です。いつものように講師は小野です。「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」「駒の働きによる価値を知る」「駒得・駒損」の解説を例を挙げて詳しく解説しました。
午後からは「カラオケまどか会」です。最初に円さつき先生の持ち歌「歩の女」(DAM.NO.2572-99)をみんなで歌いました。将棋にまつわる歌でしたので、早速CDを購入し練習をしようと思いました。
今回の課題曲は、岩出和也「北のとまり木」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、全員で歌い、先生から音とりのアドバイスをいただきました。

CIMG0049-1.jpg
5月13日(月)15時過ぎに久しぶりに大宅児童館に出向きました。今日は平成25年度大宅こども将棋教室前期の初回開講日です。最初に講師の先生の紹介、続いて大盤講座では、将棋は礼に始まり礼に終わること、将棋教室で守るべき事項、将棋の知識と経験のアンケートに基づき「駒の名前・種類・動き方」「対局マナー」についてを解説しました。大盤講座終了後は、新規入会者の1・2年生に将棋入門ドリル1を、継続受講者及び高学年の新規受講者に将棋入門ドリル2を配布し1~3ページの問題を解いてもらいました。
CIMG0054.jpg
その後は、おまちかねの自由対局で楽しんでもらいました。次回から、新規入会の1・2年生に4面指しで8枚落ちでの実戦指導を行う予定です。澤先生、福山先生にはマンツーマンでの個別指導をお願いしました。

CIMG0044.jpg
5月12日(日)午後より「KJS杯第2回京都ジュニア将棋大会」が開催されている「ひと・まち交流館京都」へ出向きました。要件は「ねんりんピックよさこい高知」将棋交流大会の京都市引率代表・廣田長己さんとの打ち合せです。出場に伴う必要書類のとりまとめをお願いしました。
京都梅津支部主催の「KJS杯第2回京都ジュニア将棋大会」の会場は、熱気がムンムンしていて盛況でした。中学生の部・小学高学年の部・小学低学年の部、準決勝と、小林裕士七段および北村桂香女流3級の指導対局を観戦してから会場を後にしました。
夕方に、西田篤史君滋賀少年王将戦高学年の部優勝!!の朗報が入ってきました。小学5年生で高学年の部での連続優勝は本当に素晴らしいです。篤史君、本当によく頑張りました。おめでとう。8月に開催の第12回全国小学生倉敷王将戦に向けて、更なる精進を期待しています。5月19日(日)京都新聞文化センターで開催の「京都少年王将戦」においても、篤史君に続いての代表権獲得を目指してもらいたいです。午前に応援に行きます。


CIMG0039.jpg
5月11日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」開講日です。受講者は1部が9名、2部は10名でした。大盤講座は、第71期将棋名人戦七番勝負第3局・先手・羽生善治三冠VS後手・森内俊之名人の対戦を鑑賞しました。序盤は角換わりの戦形になり、先手の羽生三冠が端からの攻めを、後手の森内名人が馬を作り攻めをけん制する展開となりました。中盤に入り先手が攻めをうまく繋げて、後手に立ち直るスキを与えず、森内名人を投了に追い込んだ、羽生三冠らしい見事な指し回しが印象に残った一局でした。
CIMG0041-1.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、曽根7級、中村6級、藤戸6級、武田5級に6枚落ちでの指導を行いました。2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、井上3級に2枚落ちで、山本三段・西田ニ段と平手での指導対局です。岩崎亮介三段VS 村上直維初段および西塚将貴1級VS野村真衣3級の角落ち戦はデジカメで局面を撮り、指しかけとして次回に決着をつけることとしました。それと、今日は2部の村上直維1級が7連勝で待望の初段に昇段しました。おめでとう。これからも更なる目標に向かって精進を続けましょう。
CIMG0028.jpg
5月10日(金)午後より、岩手県宮古市「浄土ヶ浜パークホテル」で開催されている、第71期名人戦(羽生善治三冠VS森内俊之名人)第3局2日目の大盤解説会が全国47都道府県で実施されました。
CIMG0029.jpg
CIMG0030.jpg
京都地区は「ひと・まち交流館京都」において、プロ棋士・藤原直哉六段による大盤解説会および指導対局を実施しました。30名(支部会員25名・一般5名)の方に参加していただき、夕方からの参加者を期待していたところ、なんと、午後4時48分に森内名人が投了を告げ、羽生三冠が91手で勝ち、対戦成績を1勝2敗としました。第4局は21日・22日、大分県日出町の「的山荘」で行われます。
本日のスケジュールは、
13時30分~15時・・・大盤解説(第1回)
15時~17時・・・指導対局(当日受付・申し込み多数の場合は抽選)
17時~18時・・・・・・大盤解説(第2回)
18時~19時・・・・・・夕食休憩
19時~終局まで・・・・・大盤解説(第3回)でした。
CIMG0034.jpg
CIMG0035.jpg
CIMG0032.jpg
大盤解説会(藤原直哉六段、聞き手・小野)では、将棋連盟より次の一手問題の賞品として、駒桜風呂敷5枚、谷川浩司九段DVD5本の提供があり、京都府連からは将棋書籍5冊を用意して、要所で「次の一手」を3回実施して、みなさんに考えて頂き、正解者(5名・多数の時は抽選)には、賞品を贈呈しました。
将棋の内容は、2日目から先手・羽生三冠が端からの攻めをうまく繋げて、後手に立ち直るスキを与えず、森内名人を投了に追い込んだ、羽生三冠らしい見事な指し回しが印象に残った一局でした。
今回は次の一手問題出題のタイミングが難しかったです。スケジュールを少し変更して、藤原六段には直近の棋譜情報での大盤解説をして頂いた後、指導対局をお願いしました。次の棋譜情報が来た時点で、指導対局を指しかけにして、大盤解説をして頂く方式としました。何とか次の一手問題を3回出題することができ、よかったです。
CIMG0037.jpg
17時過ぎに大盤解説会を終了し、指しかけの指導対局をお願いしました。藤原六段には10名の方が指導対局を受けることができ、満足の様子でした。藤原六段おつかれさまでした。役員のみなさま、ありがとうございました。
5月9日(木)午後は、醍醐将棋同好会へ行きました。4月から木曜日は、同好会員以外の方も将棋に参加できる「つどい」の日になりましたので、満席でした。しばらく待っていて、やっとF三段の将棋が終了したので、相手の方に席を譲っていただき、F三段と角落ち戦を2局指してきました。
2局とも勝ち将棋でしたが、終盤での甘さが出てしまい、結果は1勝1敗でした。残念ながらこれで連勝が止まり8勝1敗となりました。気を取り直して、六段昇段規定の18勝2敗を目指してチャレンジします。
5月8日(水)午前中は、中在家町自主防災統括リーダー(町内会長)とともに、山科区役所地域力推進室・防災担当窓口を訪問し、自主防災の具体的な活動方法についての見解をお聞きしました。
4月中旬に開催した町内会の総会で自主防災部に対して「淡路地震のときに何の行動もなかった」との指摘を受けたことにより、具体的指針を作成し、震度による対応を明確にする必要を感じたので、緊急時の連絡網、避難ルート・方法などのマニュアル作成のアドバイスをいただくためです。
5月7日(火)午前中は山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説の講師は平手脩五段、聞き手は小野です。今日の対戦は、先手・北口1級VS後手・脇田初段です。序盤から多少の手順前後はありましたが、ゆったりした本格的な相矢倉戦に推移しました。中盤では、後手の棒銀が立ち遅れたところを先手が先攻して優位を築きました。終盤に入っても先手の優位は動かず、後手としては不利を承知で大捌きにでたところ、先手玉に王手がかかっているのに、先手が後手玉に王手をかけてしまったのです。王手放置のあっけない幕切れでした。今回の将棋は、先手にとっては終始優勢な局面だっただけに、悔いが残る残念な結果でした。この将棋は「将棋は最後まで何が起こるかが分からない」ことが示された一局で参考になりました。
初めての将棋教室は5回目です。いつものように講師は小野です。「詰将棋問題(1・3手詰め)」を例を挙げて詳しく解説しました。それと、テキストや詰将棋問題の予習、復習をしてもらうように話しました。
午後からは、四条壬生に所用があったので、梅津段町まで足を伸ばし、1階に移転後の新装された「梅津将棋クラブ」を訪問しました。あいにく席主の清水さんはお出かけでしたが、久しぶりに辻広次さんと一局指してから失礼しました。明るくてきれいな道場に変身していました。
CIMG0018.jpg
CIMG0019-1.jpg
5月6日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第100回将棋教室です。64名(大人32名、こども32名)の方々に参加していただきました。最初に連絡事項をお話ししました。
一つ目は、5月10日(金)午後1時30分から終局まで「ひと・まち交流館京都」で開催の「第71期名人戦第3局全国一斉大盤解説会」の案内です。
二つ目は、5月19日(日)9時30分から京都新聞文化ホールで開催の「第42回京都少年王将戦」の案内です。
三つ目は、5月26日(日)午前9時30分より「ひと・まち交流館京都」で開催の「第26回アマチュア竜王戦京都府大会」の案内です。
四つ目は、6月1日(土)10時~13時「大宅保育園3階ホール」で開催の「第2回大宅三世代交流将棋教室」の案内です。プロ棋士・畠山鎮七段、斎藤慎太郎五段の師弟コンビによるトークショー、指導対局があります。
五つ目は、6月16日(日)9時30分より八幡市文化センターで開催の「第15回佐藤康光杯争奪将棋大会」の案内です。
最後に、6月29日(土)9時30分より「ひと・まち交流館京都」で開催の「文部科学大臣杯第9回小・中学校将棋団体戦京都府大会」の案内です。
CIMG0020-1.jpg
CIMG0021-2.jpg
その後は、対局カードによる駒落ち対戦です。今日は、体験受講として、森嶋耕次さん、東陵高校将棋部3名(青木拓也君・本田一輝君・松尾菜々さん)が来てくれました。
対局カードでの対戦では、昇級者が3名出ました。竹田勉5級が9勝3敗の成績で4級に、並河龍平7級は8勝2敗で6級に、山本裕7級は5連勝で6級にそれぞれ昇級しました。おめでとう。これからも目標を持って更なる精進を図りましょう。
今日は、将棋指導員の折立五段、橋本五段および、小野支部長、平手副支部長による駒落ち指導対局を行いました。これからも、定期的に指導対局タイムを設けたいと思っています。
教室終了後、役員会を開催しました。議題は、2012年度会計報告・教室参加状況・中途入会の規定・6月1日(土)10時~13時「大宅保育園3階ホール」で開催の「第2回大宅三世代交流将棋教室」における協力依頼などです。これからも、みなさまのご意見をお聞きして、楽しい異世代交流将棋教室に心掛けていきますので、ご支援ご協力をお願い致します。
CIMG9971.jpg
ホテル阪神10階ザ・ボールルーム祝賀パーティー会場です。
CIMG0015-1.jpg
森信雄七段、清水忠治さん、小野巖との記念写真。
CIMG9963.jpg
指導対局会場の様子
CIMG9972.jpg
祝賀会場・澤田真吾五段、大石直嗣五段、竹内雄悟四段、千田翔太四段
CIMG9978.jpg
谷川浩司会長の挨拶
CIMG9984.jpg
関西在住プロ棋士・女流棋士
CIMG9995-1.jpg
CIMG0002.jpg
森信雄一門勢ぞろい
CIMG9982.jpg
指導対局を受けた増田裕司六段とツーショット
CIMG0014.jpg
指導対局を受けた竹内雄悟四段とツーショット
CIMG9976.jpg
澤田真吾五段、大石直嗣五段との記念写真
CIMG0004-1.jpg
谷川浩司会長、井上慶太九段との記念写真
CIMG0008.jpg
久保利明九段とのツーショット
CIMG0009.jpg
CIMG0010.jpg
席上対局の様子
CIMG9949.jpg
懐かしい写真をアップいたします。昭和46年11月20日(土)南口繁一先生宅・第6回京滋職域団体将棋大会優勝記念「飛車落ち指導対局」での記念写真です。正面左が中尾修七段、となりの記録係が森信雄七段(別人のようですね)、右から一番目が僕です。
5月3日(金・祝)午後から、ホテル阪神で開催の「森信雄一門祝賀パーティー&記念指導対局」に出席し、帰宅は遅くなりました。今回の祝賀パーティーは、澤田真吾五段、大石直嗣五段、竹内雄悟四段、千田翔太四段の昇段祝です。200名を超える盛大な祝賀パーティーで、谷川浩司会長、東和男常務理事、森信雄七段一門のプロ棋士・奨励会員、関西在住のプロ棋士、女流棋士が大勢出席されていました。
祝賀会場は、関西将棋会館の近くにある「ホテル阪神10階ザ・ボールルーム」です。祝賀パーティーに先駆けての記念指導対局は、抽選で増田裕司六段に当たりました。角落ちで指導をお願いし、序盤・中盤はうまく指すことが出来ましたが、終盤で決め手を逃し、最後は力尽き負かされました。局後、増田先生より「7五銀」と歩頭に出て飛車を捌けば決まっていました。とのコメントをいただきました。
2回目は、竹内新四段との角落ち戦です。今回も、序盤・中盤はうまく指すことが出来、上手を困らしたのですが、終盤での甘さが響き、寄せ合いで一手負けでした。2局ともたいへんに勉強になりました。
祝賀パーティーは、谷川会長の挨拶、森七段・昇段棋士スピーチ、参加プロ棋士の紹介、席上対局、抽選会と盛りたくさんの企画でした。森先生、楽しい祝賀パーティー、ありがとうございました。
5月1日(水)は、午後より山科老人福祉センターに出向きカラオケ同好会の受講です。最初に講師の立石童心先生のご指導による、リラックス体操と腹式呼吸の練習です。課題曲は前回に引き続き、ご当地ソングの歌・葵かを里「鴨川なみだ雨」の仕上げです。今日は2・3番についてのレッスンです。音とりの後、キーを変えながら全員で歌いました。最後に4名の方がワンコーラスずつ歌い、先生からポイントの箇所について、アドバイスがありました。