巖ちゃんの日々是将棋

CIMG8559.jpg
1月25日(金)午前中は日本将棋連盟京都山科支部・相談役の宮内英价さん宅を訪れ、上海将棋友好文化交流視察団の来日に関する相談をしていました。具体的には、通訳として留学生3名を手配、歓迎会場の席順、式次第、宮内英价著「日本文化の散歩道」の紹介など、お知恵を拝借していました。
午後からはノートルダム学院小学校将棋クラブに出向きました。大盤講座では「8枚落ち定跡講座」を解説しました。「上手の弱点の端を攻める・数の攻めが基本」「上手王を追い詰めて詰ます・飛車を成り、成香の活用」の2つのポイントが分かれば、8枚落ちは下手が勝てる手合いです。頑張ってチャレンジしてください。と言って、大盤講座終了後に、8枚落ちでの指導対局を受けたい人を募ったところ、2面指しで8枚落ちでの挑戦を受けました。並行して、こども同士の自由対局と指導対局の観戦です。
スポンサーサイト