巖ちゃんの日々是将棋

今年もいよいよ年の瀬が押し迫ってきました。今日は、比較的暖かかったので自宅の外回り清掃や洗面台、照明器具、床の掃除を行い、新年に備えました。明日には息子家族が帰省しますので、久しぶりににぎやかになります。
今年を振り返ってみますと、将棋界においては、12月18日に日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖がご逝去されたことが、本当に残念な出来事でした。僕自身はお陰さまで公私ともに充実した日々を過ごさせていただき感謝しております。
将棋普及活動を振り返ってみますと、
先ず、京都府支部連合会としては、
1、将棋大会・イベントの開催(支部将棋名人戦・対抗戦・シニア将棋名人戦、小学生将棋名人戦、ねんりんピック京都府・京都市交流大会、アマ竜王戦、文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦、京都新聞新春将棋欄掲載イベント企画・小学生4名推薦・・・プロ棋士との指導対局)
2、初代名人大橋宗桂のお墓参り・・・森内俊之名人、羽生善治二冠、谷川浩司専務理事の永世名人資格者3名と立会人の桐山清澄九段、朝日新聞社、毎日新聞社など将棋関係者と共に、伏見深草の霊光寺「深草の日蓮宗宝塔寺の塔頭(たっちゅう)の一つ」に参拝する。将棋名人400年祭の節目の年に、初代将棋名人生誕の地・京都が全国にアピール出来たことは意義深い。
3、第70期名人戦第5局開催協力(ウエスティン都ホテル京都・・・前夜祭、1日目および2日目大盤解説会・・・600名を超える将棋ファンが観戦)
4、棋道師範を委嘱・・・西澤保副会長、清水忠治幹事長(11月17日・・・関西将棋会館)
これにより京都府連三役(小野会長、西澤副会長、清水幹事長)が日本将棋連盟より棋道師範を委嘱された。
5、許建東将棋倶楽部・理事長・許建東氏と岡山県湯原温泉「菊之湯」において「将棋文化交流会議」開催(9月)、京都訪問時、来日歓迎会開催(10月)
6、第25回ねんりんピック宮城・仙台2012将棋交流大会へ京都市代表選手(3名)として出場。決勝トーナメント戦に進出(10月)
7、全国普及サミット大阪および指導者講習会への参加

京都山科支部としては、
1、皆様方のご支援のおかげで将棋を通じた異世代交流・国際交流の推進を図るとともに、支部設立7周年を迎えることが出来、一昨年、昨年に続き支部会員数100名の大台を達成したこと。
2、100名支部の特典として「京都山科支部」が全国支部将棋対抗戦・名人戦・全国シニア将棋名人戦西地区大会(4月21日~22日)へ招待出場。会場・・・ホテル大阪ベイタワー。招待選手は、支部対抗戦に「寺村功ニさん、川崎琢也君、藤井奈々さん」・支部名人戦に橋本正治さん・シニア将棋名人戦に小野巖の5名。シニア名人戦出場の小野巖が予選リーグを突破して決勝トーナメント戦へ進出。
3、将棋交流大会(第11回・12回)およびプロ棋士による指導対局の開催(3月25日…畠山成幸七段・平藤眞吾七段、9月9日…稲葉陽六段)
4、将棋大会での朗報(京都山科支部会員)
西田篤史君・・・滋賀県小学生将棋名人戦優勝!!(1月29日)
山本理久君・・・第33回新春滋賀王将戦・京都新聞杯優勝!!(2月5日)
小森敦也君・・・小学館・集英社杯 第37回京都府小学生将棋名人戦第三位(2月26日)
小森敦也君・・・第41回京都王将戦、高学年の部準優勝!!(5月20日)倉敷王将戦(全国大会)への出場権獲得
藤井奈々さん・・・第41回京都王将戦、中学生の部第3位!(5月20日)・・・第14回全国中学生選抜将棋選手権大会・女子の部へ出場
村田祈星君・・・第14回佐藤康光杯争奪将棋大会B級準優勝!(6月17日)
小倉小学校チーム(井上駿君・・京都山科支部所属、村上直維君・・・京都山科支部所属、高山龍馬君)・・・文部科学大臣杯第8回小学校将棋団体戦京都府大会優勝!!(6月30日)
小倉小学校チーム・・・文部科学大臣杯第8回小学校将棋団体戦西日本大会(7月25日)・・・東京で開催の決勝大会進出!!(8月16日)
川崎琢也君・・・高校新人戦、優勝!!(11月4日)
藤井奈々さん・・・第5回女子アマ王位戦全国大会準優勝!(12月16日・東京)
などが挙げられます。
5、第16回こども将棋団体戦Sクラス出場(9月23日)・・・京都山科支部・宇治チーム(川崎琢也・藤井奈々・村田祈星)4勝1敗で銅賞を獲得。
6、京都府庁との親善試合・京都山科支部として2チーム参加(4月14日)。

将棋棋道師範としては、
1、上海将棋交流の旅・・・所司和晴杯将棋大会の視察(恒豊中学将棋室)・上海の小・中学校訪問(曹揚二中附属学校ほか2校)多面指し将棋指導、将棋授業参観(3月)
2、京都市市民憲章推進者区長表彰受賞・・・児童館や小学校などで将棋教室を開講し、地域の子ども達の指導や技術向上、礼儀作法の習得に尽力するなど支え合いながらいきいきと暮らせるまちずくりに貢献した(3月)
3、こども将棋教室受講生とのふれあい
「山科・小野(自宅)将棋教室」28名、「ももやまこども将棋教室」54名、「大宅こども将棋教室(児童館・小学校)」30名、「ノートルダム学院小学校将棋クラブ」34名、「桃山東こども将棋教室」24名、合わせると170名のこどもたちと普段からふれあい、元気をいただき、年令を感じずに溌剌と過ごせたこと。
4、山科中央老人福祉センター「初めての将棋教室」においては、人生の先輩(受講者15名)とふれあったことも有意義なひとときでした。
5、第15回こども将棋団体戦(3月20日)引率。会場・尼崎市中小企業センター
山科・小野将棋教室からは、Aクラス1チーム(佐竹真悠君、岩崎亮介君、西塚将貴君)が出場。

来年は、1月5日(土)午前開催の「ももやまこども将棋教室」と午後開催の「山科・小野(自宅)将棋教室」から、新たな気持ちで将棋普及活動に励んで行きたいと思っています。昨年、10周年を迎えた「山科・小野(自宅)将棋教室」に続き、来年は「ももやまこども将棋教室」が、早いもので8月に開講10周年を迎えます。
今後とも、皆様方の将棋普及活動へのご理解、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。それではみなさま、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
CIMG8312.jpg
CIMG8316.jpg
12月28日(金)「がんこ高瀬川二条苑」で呑棋会メンバー(西澤さん、清水さん、上田さん、小野)が集まり、忘年会の開催です。最初に、京都府連の理事会議の日程や1月20日から21日東京での会議と将棋連盟訪問について、2月4日上海将棋視察団歓迎会についてなどの打ち合わせをした後、先ずは、生ビールで今年1年の将棋普及活動が無事終了したことと、来年に向けての更なる活動に乾杯し、のどを潤しました。昼間からリラックスして酒量が進み将棋に関する日頃の思いを語り合いました。気心の知れた打てば響きあう間柄ですので、話しが進む中で「米長邦雄会長をお招きしてゆっくりと一献傾けて話し合いたかった」との話題になり、実現できなかったことが本当に残念に思いました。12時~15時までの3時間、ゆっくりと寛ぐことができ、いつもながら、和やかなひとときでした。
CIMG8286.jpg
CIMG8287.jpg
12月27日(木)午後1時~4時40分は、第1回桃山東こども将棋大会(最終日)です。最初に、これからの対局では、日頃の成果を充分に発揮し悔いが残らないように手拍子で指さずに盤全体をよく見ること、特に王手放置に注意すること、対局マナー(対局開始の「お願いします」、終われば「負けました」「ありがとうございました」を言いましょう・手離れよく指しましょう・持ち駒は表向けて並べましょう・観戦は静かに見ていましょう)を守ること、問題がおきた時は手を挙げて先生を呼びましょう、などを話しました。
CIMG8282-1.jpg
将棋大会は、A級とB級に分けてのスイス方式5局指しの対戦です。対局態度は、いつもよりよかったです。ただ、王手放置や二歩、行き所のない駒などの反則負けがあったのは残念です。それでも全員が5局指しを一生懸命に頑張りました。
CIMG8297-1.jpg
将棋大会の結果発表!!表彰式です。
A級 優勝 林 雄大君
  準優勝 八木耀司君
   三位 田宮翔太君
   三位 三浦京姫さん
CIMG8302.jpg
B級 優勝 野田蓮叶君
  準優勝 平岡凛我君
   三位 八木開晟君
   三位 永井 樹君
CIMG8307.jpg
よくがんばったで賞
渡部桔平君・小竹暸右君

がんばったで賞・皆勤賞
野田蓮叶君・小川悠人君・林 雄大君・八木耀司君・森 悠仁君

マナー賞
青木咲歩さん

残念ながら、今回受賞できなかったこどもたちには、努力賞を用意しました。
表彰式では賞状や賞品を一人ずつ手渡しました。そのあとは全員で記念写真を撮り4時40分に平成24年度桃山東こども将棋教室を無事終了しました。中村浩先生、桃山東児童館・保手浜館長、藤井先生、おつかれさまでした。
12月26日(水)は、明日に開催する「第1回桃山東こども将棋大会」での表彰状、賞品の準備をしていました。いつもながら、どんな賞品にしようかと頭を悩ましています。A級、B級に分けてのスイス方式での対戦予定です。優勝・準優勝・三位・よくがんばったで賞・がんばったで賞・マナー賞・努力賞など全員に賞品が渡るように準備しました。お楽しみに!!
このところ、せきが止まらず風邪気味でしたが、2日間休養していたおかげで、いつものように12月25日(火)午前中は、今年最後の山科中央老人福祉センターでの将棋教室へ出向きました。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・高田6級VS後手・竹田5級です。先手が初手「7八金」と指したのに対し、後手は四間飛車から王を美濃に囲いました。先手が居玉で棒銀から角交換に応じた為、後手に大きく捌かれ銀損を招きました。後手が大優勢の局面でしたが、終盤では後手に緩手が出ましたが、大勢に影響がなくそのまま寄せ切った将棋でした。序盤での指し方と玉の囲いを重視することが課題でした。
初めての将棋教室は最終回です。「玉の囲い」「囲いの悪形」「囲いの崩し方」について解説しました。
15時30分からは、大宅保育園において、来年3月10日(日)京都市職員会館「かもがわ」で開催の「第1回京都子ども将棋交流大会」における、各児童館での参加メンバー人選、進行スケジュール、トロフィー・賞品、参加賞などについての打ち合せを行いました。
CIMG8271.jpg
CIMG8272.jpg
12月22日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。1部13名、2部14名と、ほぼ全員が受講してくれました。最初に、18日にお亡くなりになりました、日本将棋連盟会長・米長邦雄永世棋聖の写真に向かい、1部および2部において1分間の黙祷を行いました。その後、今年最後の教室で、ほぼ全員が揃っていたので、記念の写真を撮りました。
大盤講座は、第29期アマ王将戦決勝・先手・今泉健司さんVS後手・中川慧梧さんの対戦を解説しました。元アマ王将同士の組合せで短手数ながら見ごたえのある内容でした。特に、先手の5六同飛の強烈な決め手が印象に残りました。
CIMG8276-1.jpg
CIMG8279-1.jpg
大盤講座終了後は1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、布施5級・武田明夜8級に6枚落ち、鬼村15級に8枚落ちで指導を行いました。2部では、西塚1級に飛落ちでの指導を行いました。今日は昇級者が2名でました。藤戸登真7級が5連勝で6級に、田中悠介9級は4連勝で8級に昇級しました。おめでとう。冬休みにさらに精進を図り、それぞれの目標に向かって頑張りましょう。
<忘れ物のお知らせ>紺のジャンパー(puma)が、教室に残っていました。お心当たりの方は、ご連絡をお願い致します。

12月21日(金)入院している母を訪ねた後、久しぶりに、喫茶「エル」でコーヒタイムです。折立五段とお会いでき、米長会長との思い出話や将棋普及についての話をしました。その後、藤田5級と二枚落ちで指しました。序盤は完璧で、このまま上手が完敗するかと思われる局面でしたが、中盤で指しすぎがあり、少しもつれた局面になりました。まだ、チャンスがあったのですが、終盤での緩手が響き、ついに逆転になった一局でした。中盤での指しすぎが悔やまれた内容でしたが、二枚落ち卒業が間近と感じました。
12月20日(木)夕方からは、門川大作京都市長と共汗する「子都(こと)の会」役員会、懇親会開催の「ぎをん喜撰」に出向きました。久しぶりに祇園界隈の夜景を散策しました。いつもながら、時間の経つのが早くて、楽しいひとときでした。
米長邦雄日本将棋連盟会長(永世棋聖)が、2012年12月18日、前立腺がんのため69才で逝去との報。謹んでご冥福をお祈りいたします。残念で言葉が見つかりません。合掌。

米長邦雄日本将棋連盟会長との思い出の写真をアップさせていただきます。
CIMG8054.jpg
2012年 5月25日 斎藤慎太郎四段祝賀会・十三棋道館道場開設35周年祭(ホテル阪神)
CIMG6019.jpg
CIMG6027.jpg
2012年 1月29日 平成23年度全国普及サミット大阪・指導者講習会(ホテル大阪ベイタワー)
CIMG5763.jpg
CIMG5767.jpg
CIMG5807.jpg
CIMG5847.jpg
2012年 1月23日 第24期竜王就位式(東京・ホテルニューオータニ)
CIMG2334.jpg
CIMG2375.jpg
2011年 6月 2日 第60期久保利明王将就位式(ホテル阪神)
CIMG1672.jpg
CIMG1695.jpg
2011年 4月22日 第40回記念全国支部対抗戦・名人戦西地区大会前夜祭(伊東香織倉敷市長へ免状授与、倉敷アイビースクエア)
CIMG1329.jpg
2011年 3月13日 平成22年度全国普及サミット大阪・公認将棋指導員資格審査(大阪新阪急ホテル)
CIMG7516-2.jpg
2010年 6月19日 全国支部連合会長会議(東京・中野サンプラザ、京都府連が表彰・2回目)
CIMG6494.jpg
CIMG6498.jpg
CIMG6500-1.jpg
2010年 2月 7日 平成21年度全国普及サミット大阪・指導者講習会懇親会(大阪コロナホテル)
CIMG5810.jpg
CIMG5826.jpg
CIMG5838.jpg
2009年11月 9日 第22期竜王戦第3局前夜祭(東本願寺・渉成園)
CIMG5549.jpg
CIMG5556.jpg
2009年10月13日 第22期竜王戦第1局前夜祭(比叡山・延暦寺会館)
CIMG8582-1.jpg
CIMG3539.jpg
CIMG3542.jpg
CIMG3599.jpg
CIMG3597.jpg
2009年 6月14日 第67期名人戦七番勝負第6局前夜祭(門川大作京都市長と懇談、東本願寺・渉成園)
CIMG1176-2.jpg
2008年11月 1日 平成20年度 全国支部連合会長会議(東京・虎ノ門パストラルホテル)
CIMG6928-2.jpg
CIMG6939-2.jpg
2008年 2月12日 第33期棋王戦五番勝負第1局前夜祭(宝ヶ池のグランドプリンスホテル京都、対局盤提供)
CIMG6945.jpg
2007年11月24日 全国普及サミット近畿地区開催(京都教育文化センター)
CIMG5389.jpg
CIMG5392-2.jpg
2007年11月17日 平成19年度 全国支部連合会長会議(東京・ホテルフロラシオン青山、京都府連が表彰を受ける)
CIMG1585.jpg
2006年 9月15日 将棋普及活動に関する討議(将棋連盟米長会長、淡路常務理事、産経新聞大倉室長、大阪、兵庫、京都の支部連合会長・関西将棋会館)


12月19日(水)13時からは、カラオケ同好会を受講しました。講師は立石童心先生です。今日の課題曲は、夏木綾子「雪のれん」です。最初に歌手の歌を聴いてから、先生より声出しと音とりのポイント説明です。その後、全員で歌い、さらにキー調整をしながら全員で歌いました。次回(1月16日)のレッスンで仕上げです。
15時40分からは今年最後の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。大盤講座では代表的な「将棋の格言」について、例を示して解説しました。具体的には「一歩千金」「金はナナメに誘え」「王は下段に落とせ」「王は包むように寄せよ」の4つの格言です。大盤講座終了後は、自由対局と指導対局です。


12月18日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・谷口2級VS後手・植松1級です。先手が中飛車に対し、後手は居飛車で対峙しました。中盤では先手の大駒が捌けず、後手優勢の局面でしたが、終盤で大駒の交換から先手に王手飛車がかかり、大逆転になりました。それでも先手は、最後まであきらめず指し続け、一手違いまで詰め寄ったのは立派でした。
初めての将棋教室は9回目です。「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」について解説しました。その後、八枚落ちでの指し方を指導しました。
夕方からは、中在家町自主防災役員の懇親会(忘年会)をダイニングバー「わっか」で行いました。昨日に続き、一献傾けながら、今後の町内会のあり方について意見交換を図りました。
CIMG8256-1.jpg
午後からは本年最後の「大宅こども将棋教室」8回目の開講日です。今日の大盤講座は、将棋入門ドリルに沿って「将棋の勝ち負け・王手=持ち駒を使う・駒をうごかしての王手」についての解説をしてから、全員に将棋入門ドリルの問題(20~22)を解いてもらいました。児童館の先生に問題を回収して採点をしていただきました。大盤解説後は、3面指しで8枚落ちでの指導を行ないました。澤先生、福山先生には個別指導をお願いしました。それ以外は自由対局としました。
教室終了後は、澤先生、福山先生と懇親を深めるため、町内にオープンしたダイニングバー「わっか」に行き、一献傾けながら、今後の教室運営についての意見交換を図りました。「わっか」の新井オーナーは、若くて明るく、楽しい雰囲気を持ったしっかりとした好青年です。店内は、落ち着いた和める雰囲気が漂っています。お薦めです。明日も、中在家町内会・自主防災部の忘年会で行くことになっています。
日本将棋連盟・京都山科支部の将棋教室を、下記の通りご案内申し上げます。
万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願い致します。
               記                     
日時  第96回将棋教室・・2013年1月13日(日)午後1時~5時
                 (第2週目の日曜日です)
日時  第97回将棋教室・・2013年2月11日(月・祝)午後1時~5時
                 (建国記念の日です)

場所  「京都市東部文化会館」(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
  電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は、禁煙です)

12月16日(日)は朝から衆議院選挙の投票に行って来ました。この人に、この党に、投票したいという強い気持ちはなかったのですが、国民の義務として、比較的マシな人と党にしかたなく投票したのが本音です。
その後、11時からカラオケ喫茶「衆望」を貸切の「まどか会カラオケ教室」忘年会に出向きました。プロ歌手、円さつき先生を含めて31名が参加です。全員が持ち歌を2曲とデュエット曲(男性2曲、女性1曲)を歌いました。日ごろの教室での雰囲気とは異なり、みなさん自分の世界でカラオケを楽しんでいました。僕は、円さつき先生とデュエット曲「秘そやかに華やかに」を歌うこととなり、少し緊張しながらも楽しく歌い終えました。気分転換が図れて楽しかったです。
CIMG8253-1.jpg
12月15日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。1部11名、2部12名が受講してくれました。最初に、来年の教室日程、小学生将棋名人戦、京都山科支部更新手続きなどの案内書類を渡しました。大盤講座は、B級1組順位戦熱戦譜・先手・中田宏樹八段VS後手・久保利明九段の対戦を鑑賞しました。ゴキゲン中飛車VS超速3七銀の熱戦で、後手が終盤で危険な筋を見切り、踏み込んだ攻めが素晴らしく、勉強になりました。
CIMG8254.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、住若4級に4枚落ちで・田中悠介9級に6枚落ちで、田中夏生15級に8枚落ちで指導を行いました。2部では、佐竹三段、岩崎ニ段に平手で、野村3級に2枚落ちでの指導を行いました。今日は昇級者が3名でました。岩崎亮介二段が9連勝で待望の三段に昇段、布施慎太朗6級は5連勝で5級に、田中夏生15級は3連勝で14級に昇級しました。おめでとう。よく頑張りました。さらに精進を図り、それぞれの目標に向かって頑張りましょう。

CIMG8244-1.jpg
12月14日(金)は「第38回京都山科義士まつり」が開催されました。毘沙門堂を出発して外環状線を南へ進み、自宅近くのヒカリ屋駐車場で、昼食休憩を兼ねてパフォーマンスがあったので、見に行ってきました。ちょうど幼稚園児による赤穂浪士討ち入りの場面でした。その後、新十条通を西へ進み大石神社までの行列径路でした。
CIMG8250-1.jpg
午後からは今年最後のノートルダム学院小学校将棋クラブに出向きました。大盤講座では代表的な「将棋の格言」について、例を示して解説しました。具体的には「一歩千金」「金はナナメに誘え」「王は下段に落とせ」「王は包むように寄せよ」の4つの格言です。大盤講座終了後は、2面指しで八枚落ちでの指導を行いました。端の破り方、成香の活用、上手玉を詰ます手順、などポイントの局面でヒントを出して勝ち味を覚えてもらいました。並行して、こども同士の自由対局と指導対局の観戦です。
CIMG8251.jpg

CIMG8241.jpg
12月13日(木)は、いつものように中村浩将棋指導員と共に桃山東児童館へ出向きました。本年度17回目の将棋教室です。今日の受講者は24名でした。大盤講座では、次回の将棋大会に備えて「対局マナー」「禁じ手のルール」について再徹底を図りました。その後、3~5手詰めの詰将棋を出題して符号で答えてもらいました。
CIMG8242.jpg
大盤講座後は、教室内が騒がしかったので、代表して田中君に「教室で守るべきこと」を読み上げてもらいました。対局カードによる駒落ち対戦は今日が最後です。対局マナーをしっかりと身につけて、最終日(12月27日)の将棋大会に望んでもらいたいです。教室終了後は、将棋大会運営方法についての打ち合わせと、来年1月~3月にかけての実戦教室(6開催)での日程確認を行っていました。

CIMG8238.jpg
12月12日(木)午前10時30分に宇治市立小倉小学校を訪問しました。用件は、小倉小学校チームとして出場した「文部科学大臣杯第8回小・中学生将棋団体戦」において、京都府大会優勝、西日本大会においては代表権獲得し、さらに全国大会への出場と、素晴らしい活躍をした3名(高山龍馬君・村上直維君・井上駿君)に京都府連として奨励免状(初段)の申請を行い、今回免状が将棋連盟より届いたので、小畑校長先生に免状をご覧頂き、3名に授与するために伺った次第です。
校長先生には、30分ほど時間を取っていただき、将棋連盟の方針「学校教育への将棋導入推進事業」や、礼儀作法や考える力、集中力、決断力、あきらめない根性、相手を思いやる心など「将棋のよさ」をお話しさせていただきました。また、上海での「日本将棋熱烈普及」の話と、上海の小・中学校では授業の中で将棋を教えていることも聴いて頂きました。高山龍馬君・村上直維君・井上駿君には、これを契機に更なる精進を図ってもらいたいです。
その後、DNPの仲間で近くにお住まいの高橋さんと久しぶりにお会いしました。伊勢田で喫茶・軽食「プランタン」を経営されているDNPの仲間、水谷さんのお店に行き、昼食をご一緒しました。ゴルフの話や将棋の話し、健建会(DNP・OB会)の話しなど、時間の経つのが早かったです。お互いの健康が確かめ合えてよかったです。
CIMG8239.jpg
15時前に自宅に戻り、大宅小学校将棋部活動に出向きました。大盤講座は、対局マナー、禁じ手、千日手、持将棋について、正しく理解を深める為に例を示し解説しました。その後、3面指しで八枚落ちでの指導を行いました。具体的な指導内容は「数の攻め」「と金作り」「上手王の詰め方」の3つについて「ヒント」を与えながら、勝ち味を覚えてもらいました。


12月11日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・孫井2級VS後手・北口1級です。双方とも序盤の駒組みに疑問が残る進行でしたが、中盤に入ると先手が美濃囲いの堅陣を頼りに角切りの強襲を敢行し優位に立つかと思いきや、肝心な局面での緩手により飛車が捌けず、後手が駒得を生かした堅実な対応で、押し切った長手数の将棋でした。将棋を指す上での「感覚」(例えば、相手の駒が凝り形になっているところを攻めない・歩をつき捨てて「と金攻め」を狙うなど)を身につけてもらいたいと感じた一局でした。
初めての将棋教室は8回目です。「王手と詰み」「千日手と持将棋」「将棋の格言」について詳細に解説しました。
午後からは「カラオケまどか会」です。課題曲は、鏡五郎の「惚れて道づれ」です。いつものように発声練習(声だし)をしてから、ノーマルとマイナス3のキーで歌った後、さらにキー調整をして順番に歌い、先生のアドバイスを頂きました。
CIMG8228-1.jpg
CIMG8230.jpg
12月10日(月)午前中は、パスポートの更新の為、京都府旅券事務所(京都駅ビル8階)へ出向きました。雪がチラついていて寒かったです。ジャンボなクリスマスツリーが飾ってありました。年を取ってないと思っていても、10年前の写真と比べてみると、やっぱり年を取ったなぁと感じさせられました。帰りは、西澤副会長を訪ねて、奨励免状の件や来年1月20日に東京で開催される「全国支部連合会長・棋道師範会議」の前に提出する、将棋連盟への提案・意見・質問についての話し合いをしていました。
CIMG8234-1.jpg
午後からは「大宅こども将棋教室」7回目の開講日です。今日の大盤講座は、将棋入門ドリルに沿って「持ち駒のつかいかた・取るために打つ・まもるために打つ」「駒のタダ取り」についての解説をしてから、全員に将棋入門ドリルの問題(17~19)を解いてもらいました。児童館の先生に問題を回収して採点をしていただきました。「100点取ったことより、本当に理解が出来たかがポイントです。だんだんと難しくなってきたので、分からないところはそのままにせずに、必ず先生に質問してください。」と話しました。大盤解説後は、2面指しで8枚落ちでの指導を行ないました。澤先生、福山先生には個別指導をお願いしました。それ以外は自由対局としました。

CIMG8223.jpg
12月7日(日)午後からは、日本将棋連盟・京都山科支部第95回将棋教室です。寒い日でしたが47名(大人21名、こども26名)の方々に参加していただきました。最初に、京都山科支部は100名支部として3回更新を致しました。今後も、100名支部を継続し将棋を通じた異世代交流の輪を広める為、来年度に向けての支部会員更新手続きのご案内をして、皆様方のご協力とお力添えをお願い申し上げました。次に平成25年1月14日(月・祝)に「ひと・まち交流館京都」で開催の「第42回全国支部将棋名人戦」及び「第20回全国シニア将棋名人戦」京都府予選大会の案内を再度行い大会への参加を募りました。
CIMG8225.jpg
それと、今日の体験受講としては、高山一夫さん、結衣さんの親子と首里昌毅君に来ていただきました。対局カードでの対戦では、昇級者が6名出ました。武田唯文2級が6連勝で1級に、村上直維3級も6連勝で2級に、武田豊史4級も6連勝で3級に、野村真衣4級は9勝2敗で3級に、武田明夜11級は3連勝で10級に、さらに3連勝で9級に連続昇級、橋本悠希14級は3連勝で13級にそれぞれ昇級しました。おめでとうございます。これからも更なる精進を期待しています。
2013年3月より1年間の新規支部会員を募集しております。体験受講を歓迎しますのでご紹介いただければ、ありがたいです。なお、体験受講に来られる折には、事前にご連絡をお願い致します。
次回の京都山科支部第96回将棋教室は、2013年1月13日(日)午後1時~5時・京都市東部文化会館です。

CIMG8215.jpg
12月8日(土)午前中は「平成24年度後期・第19回ももやまこども将棋教室」4回目の開講日です。48名が受講してくれました。今日からお待ちかねの対局カードによる駒落ち対戦を開始しました。
CIMG8214-1.jpg
開始に当たり「礼に始まり礼に終わる」の基本精神、対局マナーを守る、禁じ手のルールの再徹底など対局の心構えを話しました。
CIMG8219-1.jpg
その後、一斉に「お願いします」の一声で対局カードによる駒落ち対戦を開始しました。
早くも昇級者が5名でました。大塚啓最8級が4連勝で7級に、平井優紀13級が3連勝で12級に、稲盛幹14級も3連勝で13級に、溝口遼人15級も3連勝で14級に、行藤貞心15級は4勝1敗で14級に、それぞれ昇級しました。よく頑張りました。更なる精進を期待しています。
CIMG8207.jpg
12月7日(金)は、10年前から定期的に受けているPSA検査に京都第二赤十字病院へ出向きました。前立腺がんを判断する最初の基準として非常に有効で、血液検査だけで測定出来ます。このところPSA数値は安定していたので、検査は6ヶ月に1回の頻度でした。しかし今回の検査ではPSA数値が上昇したので少し心配です。次は3ヶ月後に再度検査してその結果で前立腺生検も視野に入れて考えましょう。との担当医の話でした。帰りは「ぶらっと」鴨川沿いを歩きました。穏やかな流れで水鳥が羽を休めていました。
CIMG8209.jpg
午後からは「山科区人権講演のつどい」に東部文化会館へ行きました。毎年、人権月間(12月)の啓発事業として開催されています。今回は、最初に梶原千沙都さんによる演奏・トーク「ヘルマンハープが贈る音楽のバリアフリー」です。ドイツでダウン症の息子のために開発された楽器「ヘルマンハープ」は、五線譜が読めなくても誰でも弾ける親しみやすさと心に沁み入るような美しい癒しの音色でした。
次に、ダニエル・カール氏の講演「がんばっぺ、オラの大好きな日本~未来へつなぐ家族・地域の絆~」です。外国人から見た日本語の話しでは、曖昧さを指摘されていました。外国人は言葉によって物事を判断するので、主語を使わないことは理解ができない。例として「行って来ます」・・・誰が、どこへがわからない。便利な単語でもある「あれ」を使う。・・・明日の仕事が「あれ」だから・・・「以心伝心」言ってもいないことを想像するテレパシー。そのほか、婉曲的な表現「あの人は先生でねいかと思うだぁけど」「検討させていただきます」や、謙遜「つまらないものですが」など、本音と建前についても話されました。最後に、日本の奥ゆかしさの文化は分かるが、コミュニケーション(大切な話)は、わかりやすくはっきりと、あせらずゆっくりとしゃべることに心掛けると家族や地域の絆がさらに深まる。と締めくくられた。普段何気なしに使っている言葉ですが、指摘されてたいへん参考になりました。
CIMG8190.jpg
12月6日(木)孫たちの学習発表会の日でした。孫や児童館での将棋教室の子どもたち、将棋部活動の子どもたちが発表しました。
CIMG8193.jpg
学習発表会でこどもたちに身につけてもらいたいことは、演者の立場では「たくさんの人に音楽や芝居を通して自分の思いを伝える力、情感たっぷりに発信する力」一方、鑑賞者の立場では「観客席にいる自分に向かって放される友だちの思いを感じる力、懐深く受信する力」です。
CIMG8196.jpg
1年生から6年生まで全員が一生懸命に今までの成果を発表していました。子どもたちにとって、自信、達成感、思い出が身についた体験だったと感じました。
CIMG8197-1.jpg
午後からは、昨年に日本将棋連盟京都府支部連合会として団体登録していました「知恵シルバーセンター」のボランティア要請が初めてあり、要請先の「ヴィラ上賀茂(介護老人福祉施設)」へ、北区在住の廣田将棋指導員と共に行って来ました。賀茂川沿いに上賀茂神社をさらに北へ行ったところです。「ヴィラ上賀茂」ボランティア担当の方と実施に向けての詳細の打ち合わせをしてから施設の案内をしてもらいました。
12月5日(水)は、午後より山科老人福祉センターにおいて、カラオケ同好会の受講です。みなさん熱心で受講者は、ほぼ全員が受講しました。最初に、次回課題曲(女唄)2曲をワンコーラスずつ聴いてから、その中より1曲を多数決で決めました。結果は、夏木綾の「雪のれん」と決まりました。次に講師の立石童心先生の指導により、唄・五条哲也「ほたる川」の仕上げです。2番、3番についての音とりの後、僕を含め5名がワンコーラスずつ歌い、先生からポイントの箇所についてアドバイスをいただきました。歌手の五条哲也は、京都・山科出身です。頑張ってもらいたいです。
20時からは、中在家町自主防災部による夜回りの実施です。役員が分担して受け持つことになり、本日は初回にあたります。12月は5回、夜回りを行います。役員以外の参加も呼びかけ、町内の絆を強めて行きたいと願っております。
12月4日(火)は、午前9時より10時30分まで山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説講師・平手脩五段、聞き手・小野です。対戦は、先手・堀10級VS後手・川端8級です。双方とも序盤は申し分ない進行でしたが、中盤に入り、駒の交換の局面になると信じられない疑問手が続きました。終盤では後手の必勝形となり、先手の投了間近の局面で、後手に痛恨の禁じ手「二歩」であっけない決着となった将棋でした。駒がぶつかった時は、先ず「相手の駒を取る」ことから考えるように指導しました。その後、5手詰めの詰将棋を3問出題し寄せのトレーニングをしました。今日の初めての将棋教室は、事前に講座をお休みにして実戦対局をしてもらうように段取りをしておきました。
午後からは、50数年前のDNP入社時に配属された総務課でお世話になった先輩のお二人(川端さん、河原さん)と久しぶりの昼食懇親会です。近況、家族、健康などの身近な話題でお互い語り合いました。川端さんより、DNPの大先輩近江さんが昨年11月に昇天され「病気を中心に世の中を見ていたという心象風景スケッチ」の小冊子「病中漫録」が奥様から届けられたとのことで、本日ご持参頂きお借りしました。帰宅して一気に読みました。ご自身の心情を「がん告知を受けると、あたかも悟りを開いたような境地に陥る」「がんというのは克服すれば悪い病気ではありません。自分の人生を再びやり直すことができる素晴らしい病気なのです」など前向きな闘病生活を書き記し、最後は思い切って「世界旅行に出たい」と結んでおられ、家族や仲間の方々に感謝の気持ちが溢れている内容でした。
「病中漫録」を読んで、自分がいかに幸せで恵まれているかが、改めて認識することが出来ました。夢中になれる生きがいがある・仲間がある・家族がある・健康である・などに感謝、感謝です。これからも「一期一会」の気持ちを大切にしていきたいです。
CIMG8187-1.jpg
12月3日(月)は「大宅こども将棋教室」6回目の開講日です。今日の大盤講座は、将棋入門ドリルに沿って「駒の価値」「駒のこうかん」「持ち駒のつかいかた・成るためにつかう」についての解説をしてから、全員に将棋入門ドリルの問題(14~16)を解いてもらいました。児童館の先生に問題を回収して採点をしていただきました。だんだんと難しくなってきたので、復習をしておくように指導しました。大盤解説後は、3面指しで8枚落ちでの指導を行ないました。澤先生、福山先生には個別指導をお願いしました。それ以外は自由対局としました。

CIMG8177.jpg
CIMG8178-1.jpg
12月2日(日)は夕方より、ウエスティン都ホテル京都「サーキュラールーム」において1年ぶりに開かれた、六原小学校門川学級「古希」記念クラス会に出向きました。幹事からは「長年続いたクラス会も今回を一区切りとすることを考えています」との話しが出ましたが、出席者全員からは、健康を確認しあうためにも、もっと続けてもらいたいとの要望があり、継続することになりました。
CIMG8182-1.jpg
今回が最後のクラス会をにおわす案内であったことのおかげで、はるばる北海道の北見からも駆けつけてこられ、久しぶりの再会を果たすことができました。クラス会では、出席者12名全員が半世紀前にタイムスリップして、近況報告など順番に話しました。門川先生が亡くなられてからは、先生の奥様「プロ歌手・門川朝江さん」に毎回、お越しいただいております。カラオケのリクエストの折には、門川先生の持ち歌「私からのメッセージ」「最後の約束」「一人旅」などの歌をチャレンジしたいと思っています。
CIMG8184.jpg
二次会は、カラオケではなくホテルの喫茶室で、さらに積もる話しをしていました。次回は先生とともにカラオケへ行こうと言うことになり、今から楽しみです。ホテルのロビーは豪華なクリスマスツリーが飾ってあり、すでに年末の様相でした。三次会は、山科・大津方面の3名とともに、山科駅前で「軽く一杯」次回の再会を誓い、23時過ぎに帰宅しました。楽しいひとときでした。
CIMG8173.jpg
12月1日(土)午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。いよいよ師走に入り、寒さが身に沁みるとともに、なんとなくあわただしくなりました。1部12名、2部11名が受講してくれました。新入会としては、田中悠介君の弟・夏生君が来てくれました。大盤講座は、第25期竜王戦7番勝負第5局・先手・丸山忠久九段VS後手・渡辺明竜王の対戦を鑑賞しました。角換わり腰掛け銀の熱戦で終盤での攻防が素晴らしく、一手違いのギリギリの攻防が繰り広げられました。結果は、先手の丸山九段が一歩及ばず投了。渡辺竜王の勝ちとなり、4勝1敗で竜王位防衛となりました。これで竜王位を9連覇と素晴らしい実績です。
CIMG8175-1.jpg
大盤講座終了後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、青木6級・藤戸7級・奥田8級・曽根8級に6枚落ちで指導を行いました。2部では、小森初段に平手で、藤戸1級に2枚落ちでの指導を行いました。今日は昇級者が2名でました。武田唯文2級が6連勝で1級に、住若高章5級が5連勝で4級に昇級しました。おめでとう。よく頑張りました。さらに精進を図り、目標に向かって頑張りましょう。