FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

4月24日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。今日の大盤解説は、先手・佐藤2級と後手・馬場2級の対戦を平手脩五段と小野が講師で解説しました。序盤は、先手が四間飛車から穴熊に玉を囲ったのに対し、後手も四間飛車から玉を美濃に囲いました。中盤に入り、肝心の勝負所の局面で先手に大悪手が出てしまい、後手が角得になりました。終盤に入っても、後手が駒得を拡大し着実に寄せ切った一局でした。今回の将棋では、勝負所での穴熊独特の感覚、指し方、手の作り方、相手玉に迫る手順を解説したことが参考になったと思います。
初めての将棋教室は「王手について」「合い駒をして王手を遮る」「詰みについて」「簡単な3手詰め・1手詰めの理解」の解説を行ないました。受講者の方には、再度、事前にテキストに目を通して頂き、判らないところはチェックして質問してもらうように言いました。
午後からは、カラオケ教室「さつき会」に行きました。今日の課題曲は、北野まち子の「海峡の月」の仕上げです。最初にいつものように全員で発声練習をしてから、ノーマルで歌い、次に2上げで歌いました。その後、全員が順番にワンコーラスを歌い、直後に先生から、スケール感を出し大きく歌うこと、歌い終わりでの母音の使い方、かたりの部分での感情、マイクの持ち方、姿勢などのアドバイスをいただきました。
15時からは、前もってアポを取り、山科区役所・地域力推進室へ出向きました。用件は、町内会の仕組みや会則、脱会者への対応について、他の町内会ではどのようになっているのかをお聞きし、アドバイスを頂くこと。市制協力委員と町内会長の関係、地域コミュニティ活性化推進条例の具体的な内容説明を求めるためです。いままで町内のことにはタッチしてなかったのですが、先日の緊急会合に初めて出席し、脱会者が増加傾向になっていることを知らされ危機感を持ちました。
「町内会は、自治連合会は、何をしているのか」を誰にでもわかるようにPRし、情報の共有化、透明性を示し、地域にくらす人と人のつながりが大切であることの認識を各人が持つべきと思いました。
スポンサーサイト