FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

4月10日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。今日の大盤解説は、DNPの仲間で北区から山科まで来てくれている森重廣1級と後手・植松寛1級の対戦を平手脩五段と小野が講師で解説しました。序盤は、先手が三間飛車から美濃に玉を囲ったのに対し、後手は居飛車から玉を穴熊に囲いました。先手が7七角と受けるべきところを7七銀と受けたため、角が捌きにくくなり、棋勢を損ねました。中盤に入り、後手にも緩手が出て、先手に大きなチャンスが巡って来たのですが、活かしきれず、終盤では、後手が見事に寄せ切った一局でした。今回の将棋では、序盤での振り飛車の基本的な指し方を確認したことと、中盤で相手にプレッシャーを与える手の作り方、終盤での受けや寄せの感覚などたいへん参考になった将棋でした。
初めての将棋教室は「駒の利き」「駒を取る・取られる」「駒損・駒得についての解説を行ないました。受講者の方には、理解を深めるため、前もってテキストに目を通していただくように言いました。
午後からは、カラオケ教室「さつき会」に行きました。今日の課題曲は、北野まち子の「海峡の月」でした。最初にいつものように全員で発声練習をしてから、ノーマルで歌い、次に2上げで歌い、さらに1下げで歌いました。先生からは、母音の使い方、かたり、マイクの持ち方などのアドバイスをいただきました。
スポンサーサイト