FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

2月14日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、平手脩五段と小野が講師を担当しました。先手・藤田5級VS後手・田中5級の対戦を解説しました。序盤は、先手が中飛車から美濃に玉を囲う自然な指し方に対し、後手は中飛車に振ってから玉を右に囲うかと思いきや、今度は左に移動して居玉に戻る大きな手損を招いてしまいました。中盤に入っても先手が優勢でしたが、終盤で後手が別人のような好手を連発し、ついに逆転しました。後手が必勝形になってから楽観と錯覚で寄せ方をあせったため、どんどん駒損になってしまい、ついに先手の辛抱が実り再逆転した見どころのあった将棋でした。今回の将棋では、序盤での指し方、中盤での構想、終盤での寄せ方などで参考になった一局で、いい教材となりました。
初めての将棋教室は5回目です。前回の復習「1手詰め・3手詰め詰将棋」と「棋譜の見方」「初手の数・目的」「攻めるとは」「数の攻め」の解説を行ないました。
午後からは、カラオケ教室「さつき会」に行きました。今日の課題曲は椎名佐千子の「霧降り岬」です。最初にいつものように全員で発声練習をしてから、班毎に、男女別にワンコーラスずつ順番に歌い、円さつき先生から講評を受けました。次回の28日は「カラオケ懇親会」が開催されるので、今日一日での仕上げとなりました。

スポンサーサイト