巖ちゃんの日々是将棋

2月28日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、平手脩五段と小野が講師です。先手・竹田3級VS後手・鳥居3級の対戦を解説しました。序盤は、先手が四間飛車から玉を美濃に囲ったのに対し、後手は、右四間から舟囲いに王を囲いました。中盤に入り、後手の仕掛けを先手はうまく対応し優位に立ちました。ところが終盤に入ると、先手の攻めに緩手や重い手が続き、決め所を逸したため、あわや逆転になるかと思ったのですが、後手にも緩手が出てしまい、そのまま先手が何とか押し切った将棋でした。双方とも終盤での寄せ方が課題となった対戦でした。
今日は、大盤解説後に行なっている「初めての将棋教室」を、平手さんにお願いして、3面指し指導対局(6枚落ち・8枚落ち)による、実戦での体験をしていただきました。
CIMG6363.jpg
CIMG6367.jpg
11時からは、京料理「魚善」で開催された「さつき会カラオケ教室新春懇親会」に出向きました。参加者は、円さつき先生と1部・2部の受講生合わせて54名です。昼食を取りながら、持ち歌を1曲と、予め決められている組合わせメンバーによるデュエット曲を、順番に歌いました。16時30分までの長時間になりましたが、普段の教室ですれ違いになる2部の方とも懇親を深めることが出来、有意義な楽しいひとときでした。世話人の皆様、おつかれさまでした。ありがとうございました。
CIMG6370.jpg
CIMG6372.jpg

スポンサーサイト
2月27日(月)は、15時過ぎに大宅児童館に出向きました。今回も新型インフルエンザの影響があり、受講者は、いつもより少なく14名でした。大盤講座の前に、気持ちを静め精神統一を図る為「1分間正座の黙祷」を行ないました。大盤では、全員が詰みの状態が理解できるように、1年生には森信雄七段著「1手詰・入門編」、2・3年生には「1手詰・初・中級編」の中より詰将棋問題をそれぞれ出題しました。
そのあとは、A級は決勝トーナメント戦に進出するメンバーが決まりましたので、1回戦を行ないました。B級は、対戦が残っている予選リーグ戦を行い、決勝トーナメント戦に進出するメンバーが決まりました。並行して、6枚落ちでの指導対局も行いました。


CIMG6298.jpg
CIMG6307.jpg
2月26日(日)は、日本将棋連盟 京都府支部連合会、主催の将棋大会「小学館・集英社杯 第37回京都府小学生将棋名人戦」を「ひと・まち交流館京都」において開催しました。(参加人数72名)
それと、昨年に引き続き、2月11日に京都府北部地区予選を舞鶴市城南会館で開催(参加人数28名)しました。今日の午後からは、北部地区代表選手3名を招待して、決勝トーナメント2回戦にシードしました。京都府下全体での小学生将棋名人戦の総参加人数は100名でした。運営役員は、支部連合会理事5名(小野会長・西澤副会長・清水幹事長・大西会計監査・吉村理事)と大蔵将棋指導員の6名体制です。また、中村浩将棋指導員、吉田三郎さん、浜辺大美智さんに大変お世話になりました。
CIMG6313-1.jpg
CIMG6331.jpg
審判・指導対局はプロ棋士西川慶二七段、野間俊克五段にお越しいただき、各5面指しで45名のこどもたちに指導対局をしていただき、局後にはポイントの解説をいただき、指導を受けたこども達も満足の様子でした。進行は予定より早く、滞りなく、大きなトラブルもなく、無事に運営することが出来ました。運営関係者の皆様、引率の保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
CIMG6314.jpg
CIMG6332-1.jpg
いつも通り、清水幹事長の司会で大会が始まり、審判および運営役員の紹介、続いて会長の開会挨拶です。「みなさん、おはようございます。今回の、京都府小学生将棋名人戦の参加者は、2月に舞鶴で開催しました、京都府北部地区予選での参加者28名を加えると、100名の参加となりなりました。今日は、京都府北部代表選手3名を本大会に招待し、午後からの決勝トーナメントの2回戦にシードしております。
ここで現在行なわれている、将棋タイトル戦の状況を少しお話しします。王将戦7番勝負が第4局まで、また、棋王戦5番勝負は第2局まで行われています。それと、4月からは、名人戦7番勝負が開催されます。今回、名人戦の第5局は、5月31日(木)~6月1日(金)に「ウェスティン都ホテル京都」で開催の予定です。大盤解説会などの詳細が分かり次第、ご案内いたします。
話は変わりますが、今日の読売新聞の読者投稿欄「気流」において「継続」というテーマで投稿記事が掲載されていました。小学生の間は将棋を継続しているのですが、中学生になると、将棋から遠ざかる傾向があります。将棋は、礼儀、考える力、決断力、あきらめない根性、相手を思いやる心など、継続する「よさ」がたくさんあります。
保護者の皆様方には、こども達が将棋を継続できる環境を作って頂き、将来、こども達が大人になったときに「将棋を継続していて、よかった」と思ってもらいたいです。「継続は力なり」です。何卒、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
さて選手のみなさん、日頃の自分の力を充分に発揮して、礼儀正しく、マナーを守って、今日一日、将棋を楽しんでください。それと、将棋は勝ち負けがはっきりします。でも負けた将棋ほど学ぶことが多いのです。挫けずに悔しい気持ちを「次は頑張るぞ」という気持ちに切り替えることが強くなる秘訣です。
なお、今回も予選敗退者を優先して西川七段と野間五段による指導対局を企画していますので、受付まで申し込みをしてください。それでは、みなさん頑張ってください。」
CIMG6333.jpg
CIMG6337.jpg
引き続き、西澤副会長よりルール説明と注意事項、およびチェスクロックの使い方について説明しました。今回の持ち時間は、双方15分切れ負けに変更しました。但し、準決勝・決勝戦は、双方15分・30秒の秒読みとしました。
いよいよ午前9時50分より、予選リーグ戦の開始です。15分切れ負けのルールですが、こどもの将棋は指し手が早いので、切れ負けはなく、予定より早く進行しました。昼食休憩後、決勝トーナメント戦の開始です。決勝トーナメント3回戦の小森敦也君vs増田佳祐君の将棋は大熱戦で、この1局だけが、切れ負けの決着となりました。4回戦では、抽選のいたずらで、いつも京都山科支部教室、自宅教室、ももやま教室で対局している将棋仲間同士のメダルをかけた対戦(小森敦也君vs井上駿君)となりました。あと、決勝トーナメント戦に入ってから緊張していたのか「歩を飛び越えて角を成ってしまった」などの禁じ手がありました。準決勝のベスト4(久徳稜平君VS小森敦也君・井上裕貴君VS東秀駿君)が出揃いました。決勝戦は、久徳稜平君VS井上裕貴君の対戦となりました。一昨年、昨年と2年続いて準優勝の久徳稜平君が実力を発揮して念願の優勝を勝ち取りました。
CIMG6349.jpg
久徳稜平君には、3月17・18日(土・日)に関西将棋会館にて開催される「 小学館・集英社杯第37回小学生名人戦西日本大会」において、京都府代表選手としての活躍を期待するとともに、日頃の実力を充分に発揮して、悔いのない将棋を指してもらいたいです。
<結果>
優勝(京都府小学生名人)・・・久徳稜平君
準優勝(京都府小学生準名人)・井上裕貴君
第三位・・・・・小森敦也君、東秀駿君でした。
午後3時40分より表彰式を行ってから、記念写真を撮り、午後4時に無事閉会しました。
CIMG6359.jpg
CIMG6356.jpg

CIMG6283.jpg
CIMG6289.jpg
2月18日(土)午前中は「平成23年度後期・第17回ももやまこども将棋教室」13回目の開講日です。今日は、桃山東児童館より藤井先生が見学に来られました。受講者は42名でした。受講者のうち、明日の小学生将棋名人戦に10名が出場します。そこで大盤講座では「序盤の指し方」について解説しました。ポイントは、駒損をせずに、しっかりと玉を囲うことです。次に、1手詰め~7手詰めまでの詰将棋を出題して、初級者から有段者まで順番に答えてもらいました。それと、対局時計を2台用意して、対局で使うようにしました。
CIMG6290.jpg
CIMG6292-1.jpg
大盤講座が終了後は、対局カードによる駒落ち対戦です。今日で対局カードの対戦も終了し、3月の講座(2回)は、お楽しみの将棋大会を開催します。今回の昇段・昇級者は12名です。小森二段が12勝2敗の成績で三段に昇段。武田唯文4級は9勝3敗で3級に、山田9級は7勝3敗で8級に、瀬木9級・田口9級は4連勝で8級に、徳山13級・竹内13級は3連勝で12級に、浅地15級・岩崎滉平15級は3連勝で14級に、有坂16級も3連勝で15級に、高野17級は4勝1敗で16級に、行藤貞心17級は3連勝で16級に、それぞれ昇級しました。おめでとう。よく頑張りました。将棋大会でも、いい将棋を指すように心掛けましょう。それと、明日の大会の向けて、平手での指導対局を行いました。
午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。受講者は1部が9名、2部は11名でした。大盤講座は、第5回朝日杯将棋オープン戦決勝、先手・広瀬章人七段VS後手・羽生善治二冠の対局をみんなで観賞しました。後手の、羽生二冠の見事な指し回しが目立った将棋で、穴熊の弱点を突いた快心譜でした。大盤講座終了後は、1部では、西尾3級に4枚落ち、菊池5級、住若8級、藤戸9級、奥田13級に6枚落ちでの指導対局を行い、並行して対局カードによる駒落ち対戦を行いました。なお、今回は菊池5級が8勝3敗で4級に、住若8級は7勝3敗で7級に、藤戸9級は4連勝で8級に昇級しました。おめでとう。更なる精進を続けましょう。
2部では、前回の続き、野村3級VS杉本2級の大熱戦がありました。今日の対局カードの対戦で、山本理久三段が3連勝と好調をアピールし7連勝と白星を伸ばしました。指導対局では、岩崎初段、小森初段、井上駿3級に平手での対局を行ないました。明日の小学生将棋名人戦での活躍を願っています。

2月22日(水)は、15時45分から開講の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。大盤では、終盤での寄せの直感を磨くため、森信雄七段著「1手詰、初・中級編」を出題して、早解き競争を行ないました。1手詰と言わなければ、なかなかの難問があります。最初は間違いが多かったですが、だんだんと正解が多くなってきてコツを掴んだようでした。
大盤解説後は、3面指しで八枚落ちの指導対局を行なうと共に、部員同士の自由対局も並行して行いました。
日時   2012年2月22日(水)午前9時30分~12時
場所  「ひと・まち交流館京都」2階 交流コーナー
市民活動総合センター 電話(075)354-8721
出席者 東山支部・西澤支部長、梅津支部・清水支部長、城南支部・大西支部長、
錦旗会支部・吉村支部長、山科支部・小野支部長
議題 
1、小学館・集英社杯「第37回・京都府小学生将棋名人戦」将棋大会の組合せ抽選および、開催当日の2月26日(日)における「ひと・まち交流館 京都」3階・第4・5会議室での役割分担について。
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグは、同じ支部同士の対戦は、当たらないように配慮した。
参加人数・・・72名(北部地区大会参加者28名を合算すると、100名)
なお、決勝トーナメント2回戦より京都北部地区代表選手3名をシードする。 
・東山支部・・将棋盤・駒20セット、チェスクロック20台、べんとう手配8個
・梅津支部・・将棋盤・駒20セット、チェスクロック20台、胸章(赤)
・山科支部・・参加賞(文房具)、金銀銅メダル、表彰状、謝礼、運営役員日当交通費、北部地区代表交通費、名札、筆記具マグネットなどの準備、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合せ表、対戦表、指導対局申込み表、抽選カード、受付等表示、
・26日(日)は午前8時40分に、ひと・まち交流館京都に集合して準備する。
・当日の役割・・<受付・参加賞>大西、吉村 <会場準備>運営役員全員 <司会>清水 <開会挨拶>小野 <競技規定>西澤 <賞状>大蔵
・審判・指導対局・・西川慶二七段、野間俊克五段
2、京都府大会北部地区予選(2月11日・舞鶴市城南会館)出張報告・・清水幹事長
3、次回の理事会議日程・・・「ひと・まち交流館京都」2階 交流コーナー
  4月26日(木)9時30分~12時  
<議題>ねんりんピック将棋交流大会(4月28日開催)
    アマチュア竜王戦京都府大会(5月4日開催)
    参加人数集約および組合せ抽選、当日の役割分担、その他
4、ひと・まち交流館京都、会場確保の抽選会(6月開催予定・・文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦)・・・3月1日(火)午前9時30分~・西澤副会長
5、第70期名人戦第5局(5月30日・前夜祭、5月31日~6月1日・大盤解説会)
    会場・・・ウエスティン都ホテル京都
6、佐藤康光杯将棋大会・・6月17日(日)、京都梅津支部10周年記念イベント・・6月24日(日)
CIMG6265.jpg
CIMG6260.jpg
2月21日(火)午後3時からは、加古川プラザホテルにおいて開催された「第61期王将戦第4局(久保利明王将VS佐藤康光九段)・前夜祭」に行って来ました。京都・大津からは6名(小野・西澤・清水・上田・広田・吉村)が参加しました。前夜祭は棋士入場から始まり、主催者(スポニチ新聞社、毎日新聞社・日本将棋連盟)の挨拶、次に、開催市(加古川市長)の挨拶、対局者・関係者の紹介、花束・記念品贈呈、乾杯の音頭と続きました。ここまで45分間もかかり、やっと、食事にありつきました。
CIMG6273.jpg
プロ棋士は、東和男常務理事、立会の桐山清澄九段、副立会の畠山鎮七段、記録係の荒木隆三段、加古川出身の井上慶太九段、神吉宏充七段、稲葉陽五段、 船江恒平四段、大盤解説担当の山崎隆之七段、村田智穂女流二段、近隣出身の西川慶二七段、藤原直哉六段、村田智弘六段、菅井竜也五段など、岡山からは、北村棋道師範、中村支部長、大石棋道指導員、大阪府連の北川会長、熊澤さん(将棋駒工房)、尾崎さん(三重オレンジ支部長)など多くの方が出席されていて将棋に関する情報交換などをしていました。
CIMG6269.jpg
CIMG6275.jpg
CIMG6279.jpg
一段落したところで、佐藤九段、井上九段、畠山七段、神吉七段を囲んでの京都・大津組での記念写真を撮りました。抽選会では、いつもくじ運が悪いのに、今日は、手持ち番号の「56番」と読み上げられ、驚きました。久保王将より、第61期王将戦記念扇子を頂きました。その後、棋士トークショーもあったのですが、明日の朝から、京都府連の理事会議がありますので、途中で失礼しました。有意義なひとときでした。
2月21日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、平手脩五段と小野が講師を担当しました。先手・馬場2級VS後手・植松1級の対戦を解説しました。序盤は、相矢倉の展開から、先手が玉の囲いを省略して先攻しました。中盤に入り、先手は駒損での攻めでしたが、なかなか切れずにうまく後手玉に迫りました。終盤では、先手に肝心の「金」を手放した重い手(緩手)が出てしまい、形勢は逆転模様となりました。しかし、今度は後手にも緩手が出て再逆転模様になりましたが、先手が玉の逃げ方を間違い、後手の勝ちとなった将棋でした。形勢が二転三転した見どころのあった内容の将棋で解説すべきところが多くあり参考になりました。
初めての将棋教室は6回目です。「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」「駒の働きによる価値を知る」「駒得と駒損」の解説を行ないました。
今日はこのあと、加古川プラザホテルで開催の「第61期王将戦第4局 前夜祭」に行ってきます。
CIMG6247-1.jpg
2月20日(月)は、15時過ぎに大宅児童館に出向きました。新型インフルエンザの影響があり、受講者は、いつもより少なく16名でした。大盤講座の前に、気持ちを静め精神統一を図る為「1分間正座の黙祷」を行ないました。大盤では、将棋の経験と知識について、アンケート形式でみんなに問いかけました。特に、対局マナー、駒得・駒損、詰みの状態、王の囲い方が、まだわからない受講生がいたので「将棋リーフレット」に沿って復習を行ないました。そのあとは、A級とB級に分けての4人一組による予選リーグ戦の対戦です。今回で、ほぼ決勝トーナメント戦に進出するメンバーが決まってきました。並行して、6枚落ち、8枚落ちでの指導対局も行いました。

CIMG6210.jpg
CIMG6220.jpg
2月19日(日)の午後からは、孫が通園している大宅保育園の「生活発表会」を見に東部文化会館に行って来ました。園長の開会挨拶のあと、たんぽぽ組(年中)の合奏から始まり、ゆり組(年長)、すみれ組(3才児)、りす・ひよこ組(0~1才児)、うさぎ組(1~2才児)の合奏、歌、遊戯、劇、踊り、リズムダンス、オペレッタなど29の出し物がありました。
CIMG6235.jpg
CIMG6240.jpg
会場内は、立ち見があるくらい保護者や家族で満員でした。園児たちは、みんな一生懸命に頑張っていました。可愛かったです。ふと、自分の5才の頃は、どうしていたかと思い出していました。ちょうど祖父より将棋を教えてもらい、指し始めた記憶が少しあります。そのおかげで、それ以降、ずっと将棋を続けて現在に至ります。心が和んだひとときでした。
CIMG6187-1.jpg
CIMG6193.jpg
2月18日(土)午前中は「平成23年度後期・第17回ももやまこども将棋教室」12回目の開講日です。いつものように木下先生の車で、ももやま児童館に向かいましたが、雪の影響によりノロノロ運転となり、児童館には何とか10時ギリギリに着き、よかったです。受講者は42名でした。大盤講座のテーマは「終盤での手筋」です。手筋を知っているかどうかで、終盤の寄せのスピードが違ってきます。ぜひ覚えておいてもらいたい問題を出題して、みんなに答えてもらいました。
大盤講座が終了後は、対局カードによる駒落ち対戦です。今日もみんな姿勢がよく真剣に将棋に取り組んでいました。今回の昇級者は3名です。清家3級が10勝2敗の成績で2級に、坂本良太11級は3連勝で10級に、長村13級も3連勝で12級にそれぞれ昇級しました。おめでとう。これからも精進していい将棋を指すように心掛けましょう。
CIMG6197.jpg
午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。受講者は1部が8名、2部は12名でした。1部に中村将大君がお母さんに連れられて来てくれました。大盤講座は、第1回将棋電王戦、先手・ボンクラーズVS後手・米長邦雄永世棋聖の対局をみんなで観賞しました。最初に、米長邦雄永世棋聖著、コンピュータ棋戦のすべてを語る「われ敗れたり」の内容を話しました。1秒間に1800万手読むことが出来るコンピュータ(ボンクラーズ)に対して、その弱点を突いた「6ニ王」からの位取り作戦は奏功し、中盤まで優勢を築いた米長永世棋聖の指し方は見事でした。しかし、ボンクラーズは、飛車を行ったり来たりの巧妙な手待ちで、決め手を与えない指し方を徹底しました。長時間の思考の中では人間の方に弱点があります。精神面の動揺やイライラ・疲れる・油断などの感情です。米長永世棋聖の指した1手のミスをボンクラーズが逃さず的確に突き、その後の指し方は隙がなく強かったです。今回の対局では、ニコニコ生放送などで100万人の方が視聴されたことは、将棋フアン以外の方にも大きな反響があり、将棋普及にとって大きな貢献をされました。大盤講座終了後は、1部では、近藤15級、中村14級に8枚落ち、青木7級、曽根11級、田中11級、住若8級に6枚落ちでの指導対局を行い、並行して対局カードによる駒落ち対戦を行いました。田中11級が3連勝で10級に昇級しました。おめでとう。今の頑張りを続けましょう。
2部では、前回の続き、岩崎初段VS佐竹二段の大熱戦がありました。今日の対局カードの対戦では、山本理久三段が4連勝、井上駿3級が3連勝、村上4級も3連勝と好調をアピールしました。特に、山本三段は、直近の成績が14勝1敗と絶好調です。先日の京都新聞杯優勝が自信に繋がったと思います。益々の精進を期待しています。
CIMG6177.jpg
2月17日(金)はいつものように午後からノートルダム学院小学校将棋クラブに出向きました。今日も来年度におけるクラブ活動に向けて、4年生のクラブ見学がありました。最初に米長邦雄永世棋聖著、コンピュータ棋戦のすべてを語る「われ敗れたり」の内容を話しました。1秒間に1800万手読むことが出来るコンピュータ(ボンクラーズ)に対して、その弱点を突いて中盤まで優勢を築いた米長永世棋聖の指し方は見事でした。しかし、人間には弱点があります。精神面の動揺・疲れる・油断などの感情です。中盤での1手のミスをボンクラーズが的確に突き、その後の指し方は隙がなく強かったです。今回の対局は将棋普及に大きな貢献をされたと思いました。
CIMG6182.jpg
大盤講座では「終盤での手筋」についての問題を出題して、みんなに答えてもらいました。大盤講座終了後は八枚落ちでの三面指し指導対局を行ないました。並行して、こども同士の自由対局と指導対局の観戦です。
夕方からは、久しぶりに京都山科支部会員の森重廣さんと「西陣・鳥せい」でお会いしました。オーナーの黒谷さんも、店の中で仲間と将棋大会をされるぐらい将棋が好きな方です。一献傾けながら、将棋談議に花を咲かせ、健康面の話も聞きました。森重さんには、支部更新と3月25日の将棋交流大会、懇親会に参加をしていただくことになりました。
日本将棋連盟京都山科支部 第87回将棋教室の日程が決まりましたのでご連絡致します。
万障繰り合わせの上、参加いただきますようお願いいたします。

                    記

日時・・・2012年4月15日(日)  午後1時~5時  第3日曜日です。 

場所・・・京都市東部文化会館(地下鉄東西線 椥辻駅下車・一番出口より徒歩5分)
    電話(075)502-1012 第一・第二・第三会議室(会議室内は禁煙です)

それと、3月25日(日)9時~17時・東部文化会館にて開催の「京都山科支部設立7周年記念将棋交流大会」に審判と指導対局でお越しいただく、プロ棋士2名の方が決まりましたので、お知らせいたします。
平藤眞吾七段・畠山成幸七段です。なお、将棋交流大会、昼食弁当、懇親会の申込み受付期限は、3月21日(水)までです。よろしくお願い致します。

2月16日(木)午前中は、長年、DNP・建材事業部で苦楽をともにした仲間、森島忠博さん(71)の訃報に接し、セレマ天神川ホールに出向きました。すでにたくさんの方がご葬儀に参列されていました。懐かしい方とも顔を合わせましたが、お互いあまり言葉が出ませんでした。いたって元気な方でしたので、訃報が信じられませんでした。本当に残念です。白菊の花を入れて、もりさんとの最後のお別れをしました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌

帰りは、中野ちゃんに車で自宅まで送ってもらいました。健建会の皆様、その名の通り、健康が第一です。僕も健康に留意して、今現在、出来ることや、やるべきことは、出来る時にやれるようにして、悔いを残さないように心掛けたいと改めて感じました。
2月15日(水)は、15時45分から開講の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。大盤では、第1回将棋電王戦・米長邦雄永世棋聖VSボンクラーズの対戦の棋譜を並べてみんなで観賞しました。それと、米長邦雄永世棋聖著、コンピュータ棋戦のすべてを語る「われ敗れたり」の内容も話しました。大盤解説後は、2面指しで四枚落ち・六枚落ちの指導対局を2回行なうと共に、部員同士の自由対局も並行して行いました。
2月14日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、平手脩五段と小野が講師を担当しました。先手・藤田5級VS後手・田中5級の対戦を解説しました。序盤は、先手が中飛車から美濃に玉を囲う自然な指し方に対し、後手は中飛車に振ってから玉を右に囲うかと思いきや、今度は左に移動して居玉に戻る大きな手損を招いてしまいました。中盤に入っても先手が優勢でしたが、終盤で後手が別人のような好手を連発し、ついに逆転しました。後手が必勝形になってから楽観と錯覚で寄せ方をあせったため、どんどん駒損になってしまい、ついに先手の辛抱が実り再逆転した見どころのあった将棋でした。今回の将棋では、序盤での指し方、中盤での構想、終盤での寄せ方などで参考になった一局で、いい教材となりました。
初めての将棋教室は5回目です。前回の復習「1手詰め・3手詰め詰将棋」と「棋譜の見方」「初手の数・目的」「攻めるとは」「数の攻め」の解説を行ないました。
午後からは、カラオケ教室「さつき会」に行きました。今日の課題曲は椎名佐千子の「霧降り岬」です。最初にいつものように全員で発声練習をしてから、班毎に、男女別にワンコーラスずつ順番に歌い、円さつき先生から講評を受けました。次回の28日は「カラオケ懇親会」が開催されるので、今日一日での仕上げとなりました。

CIMG6157.jpg
CIMG6163.jpg
2月13日(月)は、15時過ぎに大宅児童館に出向きました。15時30分~16時30分まで大宅こども将棋教室の開講です。いつものように大盤講座の前に、気持ちを静め精神統一を図る為「1分間正座の黙祷」を行ないました。今回の大盤解説は、森信雄七段著「詰将棋ドリル、1手詰入門編・初・中級編」の中より出題しました。こどもたちは1手詰めの中には難問もあり苦労していました。そのあとは、A級とB級に分けての4人一組による予選リーグ戦を行いました。並行して指導対局も行いました。

CIMG6151-1.jpg
2月12日(日)日本将棋連盟・京都山科支部第85回将棋教室は、会場の都合により午前開催(9時~12時)となった影響もあり、参加者は46名(大人23名、こども23名)でした。はじめに、支部会員の皆様に次回3月25日(日)開催の支部設立7周年記念将棋交流大会のご案内を申し上げ、参加を募りました。そのあと、支部更新がまだの方、新規入会の方に更新・入会手続きのお願いをしました。最後に、西田篤史君が滋賀県小学生将棋名人戦に優勝!!、山本理久君が第33回新春滋賀王将戦・京都新聞杯に優勝!!の朗報を報告し、両君の健闘を讃えました。
CIMG6152.jpg
それと、今日は、松久行輝さん、武田豊史さん、武田唯文君、近藤大樹君、長澤一輝君、布施慎太朗君が新規に支部入会をしていただきました。皆様方のご協力のおかげで、2012年3月より1年間の京都山科支部会員更新及び新規入会者を合わせて、88名(本日現在)の方が手続きを完了していただきました。ありがとうございました。あと少しで100名支部が維持できるところまで来ていますので、更新手続き有無の確認と更なる新規入会を募るように頑張ります。
CIMG6154.jpg
対局カードでの対戦では、昇級者が2名も出ました。井上駿4級が9勝3敗の成績で3級に、塩田11級は3連勝で10級にそれぞれ昇級しました。おめでとう。これからも精進を続けて頑張りましょう。
午後からは、運営役員を中心に有志6名による将棋研究会を山科・小野将棋教室で開催しました。日頃は支部運営のお世話で忙しく、なかなか対局が出来なかったこともあり、今回は午後から時間が空いたので、ゆっくりと将棋を楽しむ上でいい機会でした。これからも機会があれば、実施して棋力向上と親睦を深めたいと思っております。
CIMG6144.jpg
CIMG6147.jpg
2月10日(金)午後からは、ノートルダム学院小学校将棋クラブに出向きました。今日は来年度におけるクラブ活動に向けて、4年生のクラブ見学がありました。今日の大盤講座では「六枚落ちでの下手の指し方」がテーマです。数の攻め・小駒(香車)の活躍・龍と馬の働き・駒の連携・駒の損得より駒の働きを重視(飛角の進入を妨げる駒「金」と大駒「角」を交換し、片方の大駒「飛」の上手陣進入を容易にする)・と金を作る(と金の価値、重要性を確認する)などを具体的に分かりやすく解説しました。大盤講座終了後は六枚落ちでの指導対局希望者を募り三面指しでの指導を行いました。解説どおりに上手の弱点である端を攻めてきましたが、小駒の活用やと金を作る発想が難しいようでした。並行して、こども同士の自由対局と指導対局の観戦です。
それと、2月26日(日)ひと・まち交流館京都で開催する「小学館・集英社杯・第37回小学生将棋名人戦京都府大会」への案内を配布して、参加を呼びかけました。

2月8日(水)は、15時45分から開講の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。今日は体験受講として6年生が2人来てくれました。大盤では詰将棋問題の出題要望がありましたので、少し難しい「1手詰め、3手詰め詰将棋問題」を出題しました。1手詰めでも、ヒントがないと分からない問題もありました。
大盤解説後は、3面指しで六枚落ちの指導対局を行なうと共に、部員同士の自由対局も並行して行いました。指導対局では、大駒の活用と小駒との協力体制をうまく図り、上手玉に迫るように指導しました。

2月7日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、平手脩五段と小野が講師を担当しました。先手・松久3級VS後手・鳥居3級の対戦を解説しました。序盤は、お互いに飛車先の歩を突き合う居飛車での出だしでした。中盤では一進一退の展開でしたが、終盤の入り口で、後手玉に王手がかかっているにも係らず、後手が先手玉に王手をかけた為、王手放置の反則となり、あっけない幕切れとなりました。
もう一局、先手・高田4級VS後手・竹田3級の対戦も解説しました。この将棋は、先手が居玉のまま攻めの体制を作ったのに対し、後手は四間飛車から王を美濃に囲う自然な指し方で対峙しました。今回も終盤の入り口で、先手玉が吊るし桂の頓死であっけない幕切れとなりました。今回の将棋は、禁じ手と頓死で決着がついた将棋でしたが「他山の石」としていただければと思いました。
初めての将棋教室は4回目です。「王手について」「合い駒をして王手を遮る」「詰みについて・一手詰め、三手詰め」「禁じ手のルール」「対局マナー」についての解説を行ないました。
CIMG6137.jpg
CIMG6141.jpg
2月6日(月)は、15時過ぎに大宅児童館に出向きました。15時30分~16時30分まで大宅こども将棋教室の開講です。いつものように大盤講座の前に、気持ちを静め精神統一を図る為「1分間正座の黙祷」を行ないました。今回から、A級とB級に分けての4人一組による予選リーグ戦を行うことにしました。先ずは、組み合わせの抽選です。予選リーグ戦表が出来るまで、大盤での詰将棋講座を行ないました。一手詰め、三手詰めの詰将棋問題を出題して頭の体操を図りました。大盤解説後は、A級、B級に分けての予選リーグ戦の対戦です。並行して、1年生には三面指し8枚落ち指導対局を行いました。

2月5日(日)湖国アマ棋士の王将位を決める「第33回新春滋賀王将戦」が大津市におの浜「のぞみ荘」で開催されました。参加資格は、滋賀県在住のアマチュア です。
種目は、滋賀王将戦(段級位問わず)と、京都新聞杯(棋力2段以下)に分かれての予選リーグ(4人1組)にて対戦。各組2勝者2人が勝ち抜けで、決勝トーナメント戦に進出するシステムです。
京都新聞杯に出場しました山本理久君(山科・小野将棋教室、京都山科支部会員)が、見事優勝!!の栄誉に輝きましたのでご報告いたします。
CIMG6109.jpg
CIMG6119.jpg
2月4日(土)午前中は「平成23年度後期・第17回ももやまこども将棋教室」11回目の開講日です。受講者は42名でした。大盤講座のテーマは「二枚落ち定跡」について解説しました。下手を持った場合の指し方を中心に解説しましたが、上手の指し方も参考になるように心掛けました。
大盤講座が終了後は、対局カードによる駒落ち対戦です。今日もみんな姿勢がよく真剣に将棋に取り組んでいました。ただ、残念なことに王手放置の反則負けが数局あったので、対局終了後に盤全体をよく見て相手の狙いを察知するように言いました。
CIMG6117.jpg
今回も昇級者が8名出ました。井上駿2級が10勝2敗の成績で1級に、坂本和浩8級は4連勝で7級に、門島10級は3連勝で9級に、中川諒10級も3連勝で9級に、若宮11級も3連勝で10級に、藤原14級は4勝1敗で13級に、井上天翔16級は4勝1敗で15級に、藤澤16級も4勝1敗で15級に、それぞれ昇級しました。おめでとう。特に、井上駿君よく頑張りました。これからも自分の力を十二分に発揮していい将棋を指すように心掛けましょう。
CIMG6121.jpg
午後からは「山科・小野(自宅)将棋教室」の開講日です。受講者は1部が9名、2部は11名でした。大盤講座は、第61期王将戦七番勝負第2局、先手・久保利明王将VS後手・佐藤康光九段の対局をみんなで観賞しました。序盤から終始、久保王将のペースで優勢の進めていましたが、終盤の寄せ合いの局面で、佐藤九段が中段玉での決め手を与えない粘っこい指し方が奏功し、久保王将に疑問の指し手が出てしまい、ついに大逆転で佐藤九段が勝利した将棋でした。将棋は、劣勢でも最後まであきらめずに指せば、大逆転もありうることが分かった、印象に残る将棋でした。
CIMG6123.jpg
大盤講座終了後は、1部では、岡本初段に2枚落ち、住若8級・田中11級に6枚落ちでの指導対局を行い、並行して対局カードによる駒落ち対戦を行いました。
2部では、藤戸1級・井上翼8級に2枚落ち、杉本2級に飛車落ち、西田二段には平手での指導対局を行いました。今日の指導対局は7局行い、うち2局はうまく負かされました。

CIMG6080.jpg
CIMG6090.jpg
2月3日(金)は、岩屋神社(山科の氏神)の節分大祭に行って来ました。午後2時より本殿祭があり、次に会場を移動して、奉射祭、追儺祭(豆打ちの義、福餅、福豆まき、甘酒接待)が行なわれました。退出時には、厄除御幣や福豆をいただきました。
CIMG6084.jpg
CIMG6093.jpg
CIMG6097.jpg
CIMG6105.jpg
標記の件、下記の通り開催いたしますので、奮ってご参加いただきますようご案内致します。

主催・・・京都府・京都市・日本将棋連盟京都府支部連合会
日時・・・平成24年4月28日(土) 午前9時30分開始
会場・・・ひと・まち交流館京都・3階(京都市下京区河原町五条下る東側)
      電話(075)354-8711・(075)354-8719
参加費・・・一般1,000円・支部会員500円
参加資格・・・①京都府・京都市在住者②60歳以上の者(昭和28年4月1日以前に生まれた者)③平成23年度の第24回熊本大会に選手として参加していない者(2年連続出場は出来ない)
審判・・・日本将棋連盟指導棋士 中尾 修七段 
競技方法・・・対局は、総平手、2勝通過2敗失格の予選後、決勝トーナメント。
申し込み方法・・・事前申し込みとし、大会名、住所、氏名、電話、生年月日、年齢、および段級位を明記し参加費を添えて、京都東山支部・京都梅津支部・京都山科支部に持参。郵送の場合は、現金書留又は郵便定額小為替を郵送のこと。(4月23日必着)
締切日・・・平成24年4月23日(月)厳守。
郵送先・・・ 〒605-0963 京都市東山区本瓦町658 
日本将棋連盟京都東山支部(東山将棋センター)
郵送先・・・ 〒615-0932 京都市右京区梅津上田町64-5 
NPハイツ梅津210号 日本将棋連盟京都梅津支部(梅津将棋クラブ)
出場選手が確定後、役員において事前に組み合わせの抽選を行う。

特典・・・京都府・京都市、それぞれの上位3名は、「第25回ねんりんピック宮城・熊本2012」将棋交流大会に代表選手として選考されます。
平成24年10月13日(土)~16日(火)宮城県で開催。

競技規定・・・1、ルールは、原則として、日本将棋連盟採用のルールを適用。
        (禁じ手)①二歩を打った場合、②打ち歩詰めの場合、
             ③行き所のない駒を打った場合、駒を裏向けに打った場合、
王手なのに他の手を指した場合、行けない所へ行った場合、
              成れない所で成った場合などは反則負け。
        (千日手)同一局面を4回繰り返した場合(手順が変わっても)千日手とみなし
             残り時間内で、先後入れ替えて指し直し。
        (持将棋)27点制を採用(大駒5点、小駒1点で計算)
        (先 後)先後は振り駒で決定

      2、待った、助言、批評の厳禁(手を放したら変更なし)

      3、持ち時間は各25分(チェスクロック使用)切れ負けとする。
        但し、準決勝及び決勝戦は各15分、以後一手30秒の秒読みとする。

      4、遅刻は各戦とも開始後15分までは認めるが、それ以降は不戦負け。

      5、その他問題が生じた時は、すべて審判の判定に従うこと。

なお、参加人数、その他諸事情により競技方法を変更する場合があります。
その他、お問い合わせは、下記支部へお願いします。

日本将棋連盟 京都府支部連合会
    京都山科支部・小野 電話・FAX 075-581-7304
    京都東山支部・西澤 電話・FAX 075-561-2615
  京都梅津支部・清水 電話     075-882-6888
    京都梅津支部     FAX 075-862-2683
2月2日(木)午前中は「ねんりんピック宮城・仙台2012」の京都府選手団選考派遣に係る打合せ会議の出席してきました。会場は「ハートピア京都」です。
会議は、参加種目18団体のうち16団体の代表者が集まり、京都府健康福祉部高齢者支援課ならびに(財)京都SKYセンター活動支援課より、ねんりんピック宮城・仙台2012の概要と選手団の選考及び派遣についての説明がありました。テーマは「伊達の地に実れ!ねんりんいきいきと」会期は、平成24年10月13日(土)~16日(火)の4日間です。なお、京都府選手団は、10月12日(金)に出発です。
今回の京都府選手団は18種目、149名(監督含む)です。将棋は今までと同じで、選手3名(うち代表者1名)が京都府代表として出場することになります。
質問コーナーでは「往路の交通費(新幹線ほか)に、ジバングクラブや身障者の方の割引の適用の配慮はしていただけるか」の質問をしました。SKYセンター藤田課長より、対応をしていくとの回答を得ました。
CIMG6051.jpg
CIMG6052.jpg
2月1日(水)は、いつものように15時45分から開講の大宅小学校将棋部・部活動に出向きました。今日は体験受講として松田君が来てくれました。大盤では二枚落ち定跡講座を分かりやすく解説しましたので、実戦で試してもらいたいものです。次に詰将棋の要望がありましたので「5手詰め詰将棋問題」を1問だけ出題しました。王は包むように寄せよ・王は下段に落とせ・金はとどめに残せ・など将棋の格言でのヒントを出しました。
大盤解説後は、2面指しで八枚落ち・六枚落ちの指導対局を行なうと共に、部員同士の自由対局も並行して行いました。指導対局では、ポイントの局面では「どうしたら優勢になる局面に持っていけるかを考えること」を重点的に指導しました。