FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

11月8日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、いつものように平手脩五段と小野です。今回は、先手・廣田3級VS後手・谷口3級の平手戦を解説しました。序盤は、先手が居飛車舟囲いに対し、後手は四間飛車から美濃囲いに玉を囲いました。序盤の手順は双方とも言うことなしの素晴らしい出だしでした。しかし中盤になると、特に後手が重い攻めによる緩手が目立ち、先手が優勢の局面になりました。終盤に入っても先手が駒得を活かし有利に指し手を進めていましたが、肝心の寄せの局面で緩手の指し手が続いたので、後手に勝負手のチャンスが出てきました。しかし後一歩足りず先手が逃げ切った将棋でした。この将棋も「終盤は駒得よりも玉を詰める速度」を優先することが学べた将棋でした。
初めての将棋教室は第6回目です。「攻めるとは・数の攻め」「攻め駒の直撃を防ぐ合い駒」の講義を行いました。
午後からは、久しぶりにカラオケ教室「さつき会」に行きました。「戸一会」の戸塚先生が引退され、円さつき先生が後を引き継がれたのです。課題曲は、角川博の「しぐれ橋」です。最初に発声練習をしてから、グループ毎に順番に歌いました。簡単そうで難しい歌です。
スポンサーサイト