FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

1011日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、いつものように平手脩五段と小野です。今回は、先手・北口2級VS後手・谷口3級の平手戦を解説しました。序盤は、先手が居飛車舟囲いからの急戦を目指したのに対し、後手は迷わず四間飛車から美濃囲いに王を囲いました。先手の3五歩の仕掛けに対し、同歩と取らずに5ニ金左とした為、先手に3四歩と取り込まれ、後手は歩損を招き、かつ捌きを押さえられ、劣勢に陥りました。中盤に入っても、先手の堅実な指しまわしが奏功し、優勢を拡大しました。終盤に入ると、今度は先手の緩手がたたり、後手に勝負手を与え逆転の様相を示しました。最後は後手がワンチャンスを活かし寄せ切った将棋でした。この将棋は、振り飛車の捌き方、相手の指し手を遅らす受け、詰めよのかけ方を勉強できた一局でした。
初めての将棋教室は第2回目です。「駒損と駒得」「持ち駒を打つ」「駒を成る・成りについて」の講義を行いました。
午後からは、円さつき先生(プロ歌手)による「さつき会カラオケ教室」の初回開催日です。「戸一会カラオケ教室」として、長年ご指導いただいた戸塚先生が健康上の理由により引退された後を引き継いでいただいたカラオケ教室です。先ず最初に、発声練習で声出しをしてから課題曲の指導になりました。初回の課題曲は円先生の持ち歌「初瀬の恋唄」です。出だしの一小節が難しかったです。
スポンサーサイト