FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

7月30日(土)13時30分からは、山科・小野将棋教室です。夏休みの行事(家族旅行、サマーフェスティバル、昆虫採集、お祭り、サッカー試合など)により、1部の受講者は5名、15時30分からの2部の受講者は9名でした。大盤解説では、ドイツ将棋交流での早指し戦(8分切れ負け)の将棋を並べて解説しました。棋譜は、河戸さんからメールで送信していただきました。先手・小野巖VS後手・河戸誠(元アマ名人戦京都代表・香港在住)です。序盤は、先手が石田流三間飛車に振り、玉を銀冠に囲いました。一方、後手は居飛車で銀冠に王を囲い「7四歩」と7筋から仕掛けてきましたが、先手に「9五角」が生じて「5一角成」と馬を作ることが出来ました。中盤に入り、先手は馬をうまく活用して優勢の局面になりました。終盤では、二枚飛車と馬で一気に寄せを目指すところ、時間に追われ緩手を指してしまい、対応を考えているうちに時間切れになってしまい残念な一局でした。早指し戦にしては、おおむねうまく指せた将棋でしたが、寄せの甘さは課題として残りました。
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部では、野村3級、藤戸3級、岡本2級に平手で、菊池7級に六枚落ちでの指導を行いました。2部でも、対局カードによる対戦と並行して、三好三段、佐竹二段、西田二段に平手で、井上駿5級には飛車落ちでの指導を行いました。体験受講としては、1部に青木君、2部に村上君がお母さんとともに来てくれました。それと、山本理久君が、11勝2敗の成績で二段昇段を決めました。おめでとう。これからも更なる活躍を期待しています。
スポンサーサイト