FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

7月26日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室です。大盤解説は、いつものように平手脩五段と小野です。今回は、先手・鳥居3級VS後手・鳴田3級の平手戦を解説しました。
序盤は、先手が矢倉模様の出だしに対し、後手は腰掛銀からの早仕掛けで対峙しました。中盤に入り双方とも、もう少し玉の囲いを堅くしてから攻めを考えたいところでした。お互いに玉の左側に、角や銀の壁が出来ており、不安定な状態での攻め合いを敢行しました。終盤に入り一進一退の局面が続きましたが、先手が「ニ歩」の禁じ手を指したのですが、後手が気がつかずそのまま続行しました。双方とも決め手を逃した為、さらに指し手が続きました。しばらくして先手がまたも「ニ歩」の禁じ手を指したのです。さすがに今度は後手が「二歩」を指摘した為、勝負は後手の勝ちとなった将棋でした。「二歩」の禁じ手は相手が指摘しなければ、そのまま将棋を指し続け、盤面に「二歩」の状態がなくなれば、二歩でのアピールは出来ません。投了優先となります。みなさんに勉強になったと思います。
初めての将棋教室は「王手と詰みの違い」「3手の詰み」「禁じ手のルール」「対局マナーについて」の講義を行いました。
スポンサーサイト