FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

ドイツに将棋交流へ行っている間に、うれしい報告がありました。西田篤史君(山科・小野将棋教室と京都山科支部の会員)が7月16日(土)に金沢市石川県産業展示館で開催された「JT将棋日本シリーズ北陸・信越こども大会」において見事優勝!!の栄誉に輝きました。参加者は、前回を大きく上回る326名(低学年:122名 高学年:204名)。予選3勝、決勝4勝の7連勝での優勝です。本当によく頑張りました。これで、阿部隆八段杯小中学生将棋大会(6月26日)に優勝し初段獲得についで、今回のビックタイトルの獲得です。篤史君、素晴らしい活躍です。連続優勝おめでとう!!
優勝戦は席上対局で行われ、大盤解説を橋本崇載七段、聞き手は斎田晴子女流五段、読み上げ・伊藤明日香女流初段による、プロ棋士と同じ舞台での晴れ姿による対局です。低学年部門の結果は、優勝・・・西田篤史君(大津市立仰木の里東小学校3年)、準優勝・・・ 藤原大生君(魚津市立本江小学校2年)です。
今回の「JT将棋日本シリーズ北陸・信越こども大会」への参加は、10月1日(土)に大阪市中央体育館にて開催される「JT将棋日本シリーズ大阪こども大会」が、大津市立仰木の里東小学校の運動会と重なり参加できないので、おもいきって金沢まで行かれた経過があります。参加されて本当によかったです。この勢いで、文部科学大臣杯小・中学校将棋団体戦西日本大会(7月29日)での活躍を期待し応援しています。
スポンサーサイト