FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

5月21日(土)13時30分からは、山科・小野将棋教室です。1部の受講者は7名、15時30分からの2部の受講者は8名でした。大盤解説では、支部名人戦・対抗戦・シニア名人戦西地区大会に付き添いで参加した時に指導対局(角落ち戦)を受けた将棋を並べて解説しました。上手・プロ四段菅井竜也VS下手・アマ五段小野巖です。序盤は、下手が三間飛車に振り銀冠に玉を囲い、位負けをしないように心掛けて、仕掛けのチャンスをうかがいました。一方、上手の方針は金を繰り出し下手の捌きを押さえる指し方でした。中盤に入り、左桂も捌ける理想形になったので、思い切って開戦し角損ながら飛車を成り込みました。上手陣に遊び駒があるので角損でもバランスが取れていると判断しました。終盤では、うまく攻めを繋ぎ上手を投了に追い込んだ将棋でした。
大盤講座のあとは、対局カードによる対戦と並行して、1部では、田中13級に八枚落ち、西尾4級に六枚落ち、岡本2級に四枚落ちでの指導を行いました。2部でも、対局カードによる対戦と並行して、井上翼10級、宮瀬賢伸10級にニ枚落ちでの指導を行いました。次に、小森2級に飛車落ち、宮瀬秀2級に二枚落ちでの指導対局です。両君とも指し手にしぶとさが出てきたので、初段が視野に入ってきました。ますますの精進を期待しています。
それと、山本理久君が、小学生将棋名人戦での活躍が評価されて、初段の奨励免状を授与されるとの報告を受けました。初段免状を励みにして、更なる活躍を願っています。
スポンサーサイト