FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

5月17日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋教室の開講日です。今日の大盤講座は、先手・谷口光男3級VS後手・北口亨2級の将棋を平手さんとともに解説しました。
序盤は先手が四間飛車戦法の美濃囲いに対し、後手は居飛車で金無双の囲いで対峙しました。中盤に入り、後手がうまく仕掛けて優位に立ちましたが、先手も飛車を捌き、後手陣に龍を作り一進一退の局面に持ち込みました。終盤に入り、後手が金を打って先手の龍をはじいた勝負所で、先手が龍を逃げずに寄せを読みきれば快勝となったのですが、龍を逃げたため、攻守が一転して、後手の堅実な攻めが間に合い先手玉を寄せ切った一局でした。
なかなか見どころのあるいい将棋でしたが、自玉に「詰めよ」がかかっていない場合は、思い切った寄せで「詰めよ」「詰めよ」と迫ることが勉強になったと思います。
大盤講座終了後は、3手詰め詰将棋問題を5問出題して閃きを鍛える頭の体操を行いました。その後は、自由対局と並行して「初めての将棋教室」の開講です。内容は「将棋の格言」についての意味を理解してもらうことと「手損・お手伝いの手・無駄な手・余分な手」について解説しました。
CIMG2212.jpg
CIMG2210.jpg
第69期名人戦七番勝負第4局が青森県弘前市藤田記念庭園で開催されています。戦形はお互いにここ一番で使う戦法の相矢倉戦です。先手の羽生名人は矢倉から穴熊に囲い、何が何でもカド番を凌ごうとの気持ちが現れています。個人的には羽生名人に第4局を勝ってもらい、5月31日・6月1日に兵庫県宝塚市「宝塚ホテル」で開催される第5局に繋いで名人戦を盛り上げていただきたいです。


スポンサーサイト