FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

5月10日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいての将棋教室開講日です。大盤講座は、松久3級VS鳴田3級の将棋を平手さんとともに解説しました。先手が四間飛車に対し、後手も四間飛車の相振り飛車で対峙しました。ところがどちらも玉を囲わずに仕掛けたため、直線的な攻め合いになりました。結果として、後手が大きく駒得を果たし、先手の攻めが切れてしまい、投了となりました。
今回の将棋では、双方とも自分の力を充分に発揮できるような将棋を指すことを心掛けてもらいたいです。特に、序盤はキッチリと玉を囲い、それから攻めの体勢を築くような気持ちで、一歩一歩地面を踏みしめる感じの将棋を指してもらいたいと解説しました。
大盤講座終了後は、5手詰め詰将棋問題を2問出題して頭の体操です。その後は自由対局と並行して「初めての将棋教室」の開講です。「駒の働きによる価値を知る」「駒得と駒損」「駒の取り方」「両取り」「成・不成の復習」「遊び駒とは」の内容を例を挙げて解説しました。
スポンサーサイト