FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

4月12日(火)午前中は、山科中央老人福祉センターにおいて将棋教室の開講日です。
最初に「ねんりんピック2011熊本」将棋交流京都大会(4月24日、ひと・まち交流館京都)と、第69期名人戦第3局2日目の大盤解説会(5月7日、ひと・まち交流館京都)の案内を行いました。
今日の大盤講座は、植松1級VS小倉1級の将棋を平手さんとともに解説しました。
先手が居飛車に対し、後手が向かい飛車に振り、双方とも居玉での開戦となりました。後手の狙いがまともに決まり、一気に終盤となり、46手の短手数で後手の快勝となりました。飛車が向かい合っているときには、素抜きの筋があり細心の注意が必要であることが勉強になった一局でした。
大盤講座終了後は、5手詰め詰将棋問題を2問出題して早解き競争を行いました。その後は、自由対局と並行して「初めての将棋教室」の開講です。内容は「駒得・駒損」「持ち駒を打つ」「成り」「王手と詰み」について、具体例を挙げて解説しました。
スポンサーサイト