FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

日時  2011年1月17日(月)午前9時30分~12時00分

場所  「ひと・まち交流館京都」2階 交流コーナー
市民活動総合センター 電話(075)354-8721

出席者 東山支部・西澤支部長、梅津支部・清水支部長、城南支部・大西支部長、
山科支部・小野支部長
議題
1・「第40回全国支部将棋対抗戦・支部将棋名人戦」・「第18回全国シニア将棋名人戦」京都府大会の組合せ抽選、および、開催当日の1月23日(日)・「ひと・まち交流館 京都」3階・第4、第5会議室での役割分担について。

*審判・・・中尾修七段、  奨励会・西田拓也三段の指導対局を企画。
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同支部の対戦は当たらないように配慮した。
参加人員・・94名(支部名人戦・19名、支部対抗戦36名<12チーム>、シニア名人戦39名)
・東山支部・・・将棋盤・駒30セット、チェスクロック20台、べんとう手配7個、
・梅津支部・・・将棋盤・駒20セット、チェスクロック19台、表彰状12枚
・山科支部・・・謝礼、日当、賞金、役員名札、進行表、対戦表、予選リーグ・決勝トーナメント表、抽選カード、筆記具、マグネット、チェスクロック10台、セロテープ、受付表示、

・運営役員は、午前8時40分に「ひと・まち交流館京都」に集合して準備する。
・当日の役割・・<会場準備>西澤、清水、大西、阪田、小野 <受付>大西、阪田
        <司会>清水 <開会挨拶>小野 <競技規定>西澤 

2・2011「京都・上海こども将棋友好文化交流大会」および「歓迎交流会」開催における詳細打ち合わせ、役割分担について。
  開催日時、場所・・・1月29日(土)午前9時より  ホテルルビノ京都堀川

将棋交流の参加者が予定よりも多く、指導対局のスケジュールならびに増員を検討する。
なお、最終打ち合せを1月26日(水)午前9時30分より「ひと・まち交流館京都」
2階 交流コーナーで行う。

午後3時過ぎからは「大宅こども将棋教室」の指導に大宅児童館に出向きました。受講者は22名でした。大盤講座は「王手と詰みの違い」についての復習です。その後、3手詰問題を8問出題して順番に指名して答えてもらいましたが、最後の1手詰めの段階で駒を持った手が止まってしまうと、答えのわかっている児童が一段と騒がしくなるので、繰り返し詰みの形を説明しています。大盤解説の後は、こども同士の実戦対局です。今日は、二面指しで六枚落ちの指導対局を行いました。
スポンサーサイト