FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

CIMG8107.jpg
CIMG8109.jpg
8月21日(土)7時に集合し京都駅八条口から送迎バスに、山科・小野将棋教室(京都)参加者5名が乗り込み、芦屋将棋教室(田畑棋道師範が引率)に向かいました。芦屋には約1時間ほどで到着し9名が乗り込み「京阪神・岡山県こども将棋教室交流戦」の会場(湯原温泉・湯原国際観光ホテル 菊之湯)まで向かいました。予定通り11時過ぎに到着しました。
大阪(十三棋道館・北川棋道師範が引率)よりの参加者17名の送迎バスは、高速の停滞に巻き込まれ30分遅れで会場に到着しました。昼食を取ってから、いよいよ日本将棋連盟岡山県支部連合会主催の「第2回京阪神・岡山県こども将棋教室交流戦」の開始です。出場選手は、岡山(水島教室・大山記念館笠岡教室・岡南教室・福成教室・津山教室・真庭教室)33名、京阪神27名、合計60名です。
CIMG8115.jpg
CIMG8123.jpg
大会要項は、4クラスに分けての5局指しです。詳細は、Aクラス(有段者)・・・7名、Bクラス(1~4級)・・・19名、Cクラス(5級~8級)・・・22名、Dクラス(初心者)・・・12名です。なお、A~Cクラスはチェスクロックを使用し、双方15分切れ負けのルールです。プロ棋士は、菅井竜也四段・下野貴志五段・山田朱美女流二段の3名が参加し、指導対局や将棋講座などを担当されました。
CIMG8134.jpg
交流戦の結果は、Bクラスに出場した小森敦也3級が、5連勝で優勝の栄誉を勝ち取りました。本当によく頑張りました。横で見ていて力強い指し方が印象に残りました。特に終盤の寄せが素晴らしかったです。今後は、序盤を手拍子で指さずに、よく考えて大切に指せば一段と強くなります。おめでとう。また、Cクラス出場の中川類7級は、特別賞として「アンパンマン人形」をもらいました。
CIMG8165.jpg
交流戦、表彰式は16時に閉会し、その後はお楽しみ抽選会です。岡本佳樹6級に井上慶太八段の色紙、中川類7級に畠山鎮七段の色紙が当たりました。交流戦の会場は、熱気ムンムンでサウナ状態でしたので、早速夕食前に温泉(神庭の湯)にゆっくりと入りに行きました。
CIMG8170.jpg
夕食は、菅井四段、下野五段、田畑棋道師範、北川棋道師範、山崎将棋指導員、森川将棋指導員とともに、歓談をしながらいただきました。夕食後、部屋に戻ってからも将棋対局です。寝る前には、屋上にある露天風呂(冠月の湯)に浸り疲れを取り、将棋尽くめの一日が終わりました。
CIMG8182.jpg
CIMG8185.jpg
22日(日)は、5時30分に起きて、ホテルから3分ぐらいのところにある有名な砂湯(長寿の湯・美人の湯・子宝の湯)に行きました。川のそばに湧き出た天然の露天風呂(混浴)で人気があり大勢の人でしたが、風情があってよかったです。続いて、屋上の露天風呂に行きましたところ、貸切状態でゆっくりと疲れを癒すことが出来ました。
CIMG8198.jpg
CIMG8199.jpg
CIMG8213.jpg
7時30分から朝食をとり、8時30分からは、プロ棋士による多面指し指導対局です。こどもたちは、菅井四段、下野五段、山田女流二段に、二枚落ち、四枚落ち、六枚落ちなどで教わりました。局後に丁寧にポイント解説をいただいたことを、ぜひ今後の対局に活かしてもらいたいです。12時に昼食、12時50分に湯原温泉を出発し、芦屋経由で16時50分に京都駅八条口へ無事到着しました。
今回の合宿は、他の将棋教室のこどもたちとの交流戦、温泉(露天風呂)、プロ棋士の指導対局など夏休みのいい思い出になる忘れられない体験ができ、参加者には有意義な二日間でした。主催者のみなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。
スポンサーサイト