FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

CIMG8050.jpg
CIMG8058.jpg
8月9日の午前10時から12時までは、平成22年度前期・第14回ももやまこども将棋教室11回目の開講日です。25名が受講しました。
大盤講座では「遊び駒・駒得、駒損・手番・玉の囲い」について解説しました。将棋は一対一で行うのですが、盤上の駒は一人20枚の駒の団体戦です。団体の中で遊んでいる人が居ると、他の人にも悪影響を与えます。将棋も同じで、自分の20枚の駒が常に連絡を取り合い、遊び駒を作らず、全軍躍動させるのが上達のコツです。特に、遊び駒を働かす工夫が大切であることを強調しました。
そのあとは、こどもたちがお待ちかねの「対局カード」による駒落ち対戦を行いました。今回も昇級者が3名でました。小森3級が10勝2敗の成績で2級に、柏本11級が3連勝で10級に、加藤17級が3連勝で16級に、それぞれ昇級しました。みんなよく頑張りました。おめでとう。特に、小森2級は、いよいよ初段昇段が視野に入ってきました。これからも、さらに目標に向かって精進しましょう。
対局カードでの対戦の合間に、大島君と柴田君に六枚落ちで辛口の指導対局を行いました。上手が変化した時は、自分で考えて手を読むこと、丁寧に指すこと(駒損をしないこと)、終盤の相手玉を詰める速度計算、が今後の課題です。参考にして今後の対局に活かしてもらいたいです。
スポンサーサイト