FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

6月26日(土)13時30分からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。1部の受講者は9名、15時30分からの2部の受講者は10名でした。大盤解説では、名局セレクションの中より、第68期順位戦C級1組の昇級争いを大きく左右する全勝対決・戸部誠五段VS宮田敦史五段の対戦を大盤に並べて解説しました。大一番に相応しいジリジリした展開で千日手となり、本局は指し直し局です。先手・戸部五段が後手・宮田五段の居飛車穴熊に対し、石田流のお手本のようにうまく捌き、振り飛車党にとっては大変に参考になった一局でした。
大盤講座のあとは1部では、N塚4級に2枚落ち、O本6級に4枚落ち、O野12級に平手での指導対局と対局カードによる駒落ち対戦を並行して行ないました。2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、N嶋5級とK中5級に平手で、K脇初段に飛車落ち、Y本1級に2枚落ちで指導対局をおこないました。
明日は、「ひと・まち交流館京都」において、文部科学大臣杯第6回小・中学校将棋団体戦京都府大会の開催です。小学校・中学校チーム、合わせて50チーム(150名)の参加となりました。これからも、日本の伝統文化「将棋」を次世代に継承する事業の一環「学校教育への将棋導入」について教育委員会と連携をとり、学校での将棋クラブ活動や部活動が定着するよう働きかけたいです。
スポンサーサイト