FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

CIMG7382.jpg
29日の午前中は、平成22年度前期・第14回ももやまこども将棋教室です。41名が受講しました。大盤講座では、前半を初心者に対して「駒の動かし方(成った時も含む)」「将棋の基本ルール」の復習、後半を中級者向けの3手詰め詰将棋を出題しました。そのあとは、棋力の近いもの同士で自由対局をセットするとともに、六枚落ち・二枚落ち指導対局を行いました。次回からも、初めての受講者の棋力認定も含めて指導対局をどんどんやって行きたいと考えています。
13時30分からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。今日は1部の受講者は9名、15時30分からの2部の受講者は8名でした。
大盤解説では、二枚落ち指導対局・西川和弘四段VS服部武二段の棋譜を大盤に並べて解説しました。服部流銀多伝での中盤の攻め方「序盤に飛車を7筋にまわり歩を交換してから、機を見て7筋に歩を垂らし「と金」を作る戦い方」が参考になったと思います。大盤講座のあとは、1部では、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、指導対局を4局指しました。N塚4級に平手、N村3級・F戸5級に二枚落ち、S木5級に四枚落ちの指導です。それとO野13級が4勝1敗の成績で12級に昇級しました。今年中に一桁の級になるよう頑張りましょう。
2部でも、M田1級・S竹初段に二枚落ち、U田2級に四枚落ち、K中5級に平手で指導対局を行ないました。特に、駒組みの段階での二枚落ち定跡をマスターして、先生にチャレンジしてもらいたいと思いました。
それと、S竹初段が11勝1敗の好成績で、待望の二段に昇段しました。よく頑張りました。おめでとう。さらに精進をして上を目指しましょう。
スポンサーサイト