FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

24日(土)13時30分からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。今日も1部の受講者は11名、15時30分からの2部の受講者は13名とほぼ満席の状態でした。
大盤解説では、第35回小学生将棋名人戦決勝の先手・本川卓佐君(京都)VS後手・山川泰煕君(招待)の棋譜を大盤に並べて解説しました。序盤は、先手が迷わず中飛車に振ったのに対し、後手は居飛車正攻法で対峙しました。後手の好手「5八歩」のきかしが素晴らしく、後手が優勢に駒を進めていましたが、「7四角」の緩手で後手陣にスキができ、先手にチャンスが巡ってきました。終盤に入り先手の攻めに対し、後手が懸命に受ける展開となりました。先手が「7三飛成」と寄せの好手を放ち、一気に必勝の局面になりましたが、後手も「1ニ飛」としぶとく受け、最後まであきらめずに頑張りました。先手は勝ちを意識し「3ニ金」から直線的に後手玉を詰ましにいきましたが、後手の正確な受けで千日手となってしまいました。ここでは「4三と」と駒を補充しながら詰めよをかけていけば必勝でしたので、本当に惜しかったです。両者とも本当によく頑張りました。
大盤講座のあとは、1部では、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、K3級、F5級、K9級に平手で指導対局を行いました。2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、S四段、K初段に平手での指導対局をおこないました。
最後に、5月9日(日)京都新聞文化ホールで開催される「第39回京都少年王将戦」の申し込みを再度呼びかけ、現在11名の参加を受け付けました。
それと、明日から自分へのご褒美のため「温泉めぐりの旅」に行ってきます。リフレッシュしてきて、また、将棋普及活動に励みます。
スポンサーサイト