FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

2月13日は、親友・誠ちゃんの3回忌です。その日は雪が降っていて、第33期棋王戦第1局(佐藤康光棋王VS羽生善治二冠)が宝ヶ池のプリンスホテルで開催された日ですので、忘れないです。月日の経つのは速いですね。今日は、お参りの時間が取れないのが分かっていたので、予め1月28日にお墓参りをさせてもらいました。合掌。
CIMG6525.jpg
今日の午前中は「ももやまこども将棋教室」12回目の開講日です。44名が受講してくれました。次回からは、いよいよお待ちかねの将棋大会です。大盤講座では「速い手遅い手」についての解説をして「終盤は駒得より速度」の感覚を指導しました。中級者、上級者向けには、5手詰めの詰将棋問題を出題して答えてもらいました。大盤講座終了後は、駒落ち規定による駒落ち手合いを決めて、こども同士の対局カードによる駒落ち対戦を実施しました。今回は6名(<6連勝>小森5級→4級・<3連勝>福嶋10級→9級(連続昇級)、柏本13級→12級(連続昇級)、足立15級→14級、北川17級→16級、竹内17級→16級、がそれぞれ昇級しました。おめでとう。特に、福嶋君が4回連続昇級、柏本君が3回連続昇級したことは素晴らしいことです。本当によく頑張りました。これからも精進を続けましょう。
13時30分からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。今日は1部の受講者は12名、15時30分からの2部の受講者も12名でした。
大盤解説では、第36期女流名人戦五番勝負第3局、清水市代女流名人VS里見香奈挑戦者の棋譜を大盤に並べてみんなで鑑賞しました。序盤は先手が中飛車から銀冠、後手も左美濃から銀冠と持久戦模様の出だしでしたが、先手がうまく左桂を捌き、駒損承知の7三桂成りが功を奏し、玉頭戦においても優位に立ち、さらに後手の飛・角を封じ込めた力強い指し方は参考になりました。終盤になっても、先手の里見挑戦者が冷静に対処してそのまま押し切り、3連勝で女流名人位のタイトルを奪回して倉敷籐花と合わせてニ冠に輝きました。
大盤講座のあとは、1部では、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、N4級に四枚落ち指導対局を行いました。2部では、U4級に二枚落ちで、S三段に角落ちで指導対局をしました。駒落ち対戦の結果、1部ではF7級が8勝3敗の成績で6級に昇級しました。2部では、S三段が驚異的な15勝1敗の成績で四段に昇段しました。今度は京都山科支部将棋教室においても、昇段を目指し頑張ってもらいたいです。
スポンサーサイト