FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室において、このところお顔の見えないIさん、Tさん、Yさんの近況をお聞きして、毎日のように、あちこちと出歩き、将棋普及活動ができる健康のありがたさをあらためて意識しました。大盤解説は、いつものように平手脩五段と小野です。今回は、先日、ひと・まち交流館京都で開催した「シニア将棋名人戦京都府大会」での決勝戦(先手・浅野義博五段VS後手・大西就明五段)の棋譜を取っていましたので、教室のみなさんに大盤で局面を進めて鑑賞してもらいました。
序盤は、先手が居飛車矢倉囲いに対し、後手は居飛車か振り飛車かの態度を決めずに駒組みを進め、結果は居飛車矢倉模様で、駒落ちでの上手の感覚で王を囲いました。中盤に入り、先手が4筋から先攻し銀をうまく捌いたので優勢になったと思いましたが、後手も6筋からの反撃で攻め合いの様相を示しました。終盤になって、後手が飛車取に銀を打った勝負手に、先手が飛車の対応を誤ったため、後手に勝負の流れが向いてきて、そのまま押し切った将棋でした。
肝心の局面で応手を誤ると、今までの優勢がいっぺんに吹き飛び、一手の緩みが勝敗を決した将棋と言っても過言ではありません。
初めての将棋教室は、六枚落ちでの定跡手順を進め、勝ち方の指導を行ないました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」の受講です。2月に「カラオケ教室懇親会」があり、その時に歌うデュエット曲「酒ふたり」(真咲よう子・秋岡秀治)のレッスンを受けました。
スポンサーサイト