FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

20日は、今年最初の大宅小学校将棋部・部活動(15時45分~17時00分)」に出向きました。受講者は8名でした。昨年末に冬休みの宿題として、詰将棋問題(3手詰3問、5手詰3問)テキストを配布していましたが、提出したのは残念ながら1人のみでした。どうしたのかと聞くと、忘れてきた・弟に破られた・チラシといっしょに捨てられたなどの答えが帰ってきました。
学校の宿題はどうなのですかと顧問の先生に聞いたところ、毎日のように忘れてくるそうです。教育現場の先生が言いたいことがいえない現状は本当に情けない状態です。学校として、もっと毅然として厳しく対応をすべきと感じました。
今日は部活動を止めようかと思いましたが、今年最初のことでもあり、思い直して大盤講座を始めました。勝負に勝つための5ヵ条のうち「寄せる」についての解説です。寄せの基本「玉は包むように寄せよ」「玉は下段に落とせ」について例題を出題し、分かった人は手を挙げて符号で答えるようにしました。そのあとは、二面指し六枚落ちでの指導対局と並行して、こども同士の対局カードによる駒落ち対戦を行いました。
スポンサーサイト