FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

28日午後からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。13時30分からの1部の受講者は13名でした。15時30分からの2部の受講者は10名でした。
大盤解説では、所司和晴七段の二枚落ち指導対局(Sクラス・入馬君)の棋譜を並べてみんなで勉強しました。下手が序盤から鋭く攻めて、随所に好手を放ち、特に終盤での4三とから5三香が見事な手順で上手玉をうまく寄せきりました。こどもたちに参考になる駒落ち戦でした。それと今日は2部から、K7級、T9級が1部へ、1部からN5級が2部へクラス編入をしました。早速、K7級は、今日の対局で5連勝とし6級に昇級しました。
大盤解説の後は、対局カードによる駒落ち対戦を行いました。1部での指導対局は、1級に昇級したT君との2枚落ち戦です。序盤からうまく指されて完敗の局面になりましたが、上手として簡単に投げるわけにはいかず、決め手を与えないように指し続けました。将棋とは分からないもので、だんだんと形勢不明の局面まで持ち込むことが出来、角で王手飛車をかけ優勢になったところ、終了時間が来たので引き分けにしました。
15時30分からの2部でも大盤解説のあとは、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、指導対局を行いました。1回目は、2面指しでU5級とN5級に二枚落ち指導対局です。なかでもU5級は、今日の対局で9勝1敗の成績で4級に昇級したので、指導対局は力が入りました。2回目は、T初段に平手戦の指導対局です。こどもたちみんなに言えることですが、将棋の局面が劣勢になったときに「あきらめない根性」が足りないようです。将棋は、最後まで何が起こるかわからないので、相手に決め手を与えずに指し続けることが大切です。実戦を通して身につけてもらいたいと願っています。
将棋教室終了後に「六原小学校の門川学級クラス会」に出向く予定でしたが、前日に案内状を確認すると、ウエスティン都ホテル京都・午後4時からになっており、よく考えると時間的に参加できないことが分かり、急遽、幹事の松田さんにキャンセルの電話をしました。参加の返事を出していながら、申し訳のないこととなり本当に反省しております。次回は、万障繰り合わせの上参加したいと思っています。
スポンサーサイト