FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

5日午後3時30分からは、大宅児童館で開講している「大宅こども将棋教室」の指導に出向きました。受講者は、1・2・3年生合わせて17名でした。指導の先生は、いつも通り大宅学区の荒居さん、水谷さん、福山さん、林さん、それと私を含めての5名です。
大盤講座では、両王手をテーマにした1手詰めの詰将棋と一間竜での玉の詰まし方を出題して、順番に符号で答えてもらいました。根気強く何回も類似問題を出題した結果、だんだんと玉が詰んだ状態が分かるようになってきました。大盤講座が終了後は、自由対局を楽しみました。それと、10月12日開催の「親子・三世代ふれあい将棋教室」参加者の確認を行いました。

スポンサーサイト