FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日は、13時~15時まで山科老人福祉センターでのカラオケ同好会の受講です。今日の受講者は28名で課題曲は、服部浩子の「はまゆう哀歌」の仕上げです。立石童心先生の指導で、まず課題曲を聴き、歌詞についてのポイントと、音とりについて繰り返しレッスンを受けました。そのあとは、ワンコーラスを順番に歌いました。なお、次回の課題曲は、男歌の番で多数決の結果、山川豊の「霧雨のシアトル」が12票の僅差で決定しました。僕が手を挙げた、香田晋の「心のきず」は、残念ながら11票で次点に終わりました。もう一曲は、鳥羽一郎の「縄のれん」5票でした。
スポンサーサイト



18日午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤解説では、いつも通り平手脩五段の解説・聞き手小野のコンビです。今回は、先手・鳥居3級と後手・佐藤2級との平手戦です。序盤は、先手、後手ともに中飛車に振り、先手が強引に仕掛けたのに対し、後手は先手の無理筋をとがめなかったので、一挙に先手が優位に立ちました。中盤に入りお互いに緩手がありましたが、先手優勢で終盤に入り、後手も追い込みましたが、先手が優勢な局面を守りきり後手玉を寄せきった一戦でした。この将棋では、無理筋の仕掛けをとがめなかったら、悪手が好手になることを示した一局で、大いに参考になったと思います。
今日はさらに大盤で、羽生棋王(当時)VS前川京都アマ名人との角落ち戦の対戦を再現しました。下手は、矢倉戦法で上手の攻め駒を責める展開に持ち込み、と金を活用して優位に立ち、終盤では鮮やかに寄せを決めた一局でした。見ごたえのある名局をみなさんと一緒に観賞しました。
その後、7手詰め詰将棋問題を出題し、タイムトライアルにチャレンジしてもらいました。