FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

午後からは、山科・小野将棋教室(自宅)です。13時30分からの1部は9名、15時30分からの2部は11名の受講者が来てくれました。
大盤解説では、第63回全日本アマチュア将棋名人戦京都府大会準決勝戦「先手・横山大樹五段VS後手・小野友慈四段」の対戦を大盤で再現して解説しました。後手の三間飛車の美濃囲いに対し、先手は居飛車戦法の角道開けずの引角から5七角とし、玉を左美濃に囲ってから、二筋での急戦で仕掛けました。中盤からすぐに終盤になった将棋で、先手の強襲が奏功し、後手に攻めさせながら優位を築いていきました。後手玉に必至がかかったのに対し、後手は先手玉を寄せきるには今一歩足りず、後手が投了となりました。短手数でしたが、一手違いの見どころの多い好局でした。
大盤解説の後は、1部では対局カードによる駒落ち対戦と並行して、3面指し指導対局を2回行いました。T君に二枚落ち、Nさんに四枚落ち、S君、K君、K君には六枚落ち、Y君には八枚落ちで指導しました。
それと、S君が7勝3敗の成績で7級に昇級しました。
2部でも、対局カードによる駒落ち対戦と並行して、3面指し指導対局を2回行いました。M君に平手で、K君に角落ち、Y君、S君に二枚落ち、T君、K君に四枚落ちで指導しました。
スポンサーサイト



2009.08.01 21:29 | | トラックバック(-) | コメント(-) |