FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日は、今年になって3回目の日本将棋連盟 京都府支部連合会主催の将棋大会「ねんりんピック北海道・札幌2009将棋交流大会・京都予選大会」をひと・まち交流館京都において開催しました。
京都市(24名)、京都府(16名)合わせて昨年の参加数と同じ40名の参加がありました。支部連合会役員4名(小野会長・西澤副会長・清水幹事長・大西会計監査)および審判の中尾六段、野間五段、賞状書士の吉田さんが力を合わせて滞りなく運営することが出来ました。
午前9時30分より、清水幹事長の司会により、まず会長として開会の挨拶、そのあと京都市保健福祉局・長寿社会部・長寿福祉課の吉羽担当課長より激励の挨拶、次に審判の中尾六段・野間五段及び役員の紹介、西澤副会長よりルール説明と注意事項についての説明のあと、いよいよ午前9時40分より、予選リーグ戦の開始です。
持ち時間は、チェスクロックを使用して各25分切れ負けのルールです。但し、準決勝及び決勝戦は各15分、以後一手30秒の秒読みとしました。
このところ、将棋の対戦では好調をキープしていたので、今回、運営・進行を西澤さん、清水さん、大西さんにお願いをして、久しぶりに出場することにしました。予選リーグは、2勝で通過しましたが、勝ち方が、全然ダメで、初戦は負け将棋を相手の時間切れでの勝ちでした。次は、序盤から苦しい将棋でしたが、粘りに粘って終盤でなんとか勝ちが見えてきたときには時間がなくなっており、相手が王の逃げ方を間違った為、詰みになりました。最後は1秒を残しての薄氷の勝利でした。
昼食休憩後、決勝トーナメント戦の開始です。予選リーグの戦いぶりから予測されていたかように1回戦で、終盤の肝心なところで大ポカが出てしまいました。その後も入玉模様に最後まで指し続けましたが、入玉はならず負かされました。好調時の将棋の流れとは異なり、自分で転んで負けた将棋で残念な結果でした。その後、決勝トーナメント戦の進行はスムーズな展開で、予定通り17時前に京都府代表選手3名、京都市代表選手3名が決まりました。9月に開催される「ねんりんピック北海道・札幌2009将棋交流大会」では、日頃の実力を発揮して頑張ってもらいたいです。それと、今年から引率者は選手の中より選任することになり、事務連絡などの役割を、京都府は浅野義博さん、京都市は山岸正一さんにお願いをしました。
役員および関係者の皆様、本当におつかれさまでした。
<京都府代表選手>
優勝・・・浅野義博
準優勝・・福谷栄蔵
3位・・・大坪 昭
<京都市代表選手>
優勝・・・山上映繁
準優勝・・山本眞彦
3位・・・山岸正一
スポンサーサイト



2009.04.29 21:43 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
平成21年度前期「ももやまこども将棋教室」の開講日程が
児童館と調整した結果、下記のとおりの日程に確定しました。

5月・・・ 9日(土)・23日(土)
6月・・・ 6日(土)・13日(土)・20日(土)・27日(土)
7月・・・ 4日(土)・11日(土)・25日(土)・30日(木)
8月・・・13日(木)・17日(月)・24日(月)
9月・・・12日(土)・26日(土)
合計15回・午前10時~12時の開催です。今回は、2年生の新規申し込みが多くあり、締切日を待たずに、45名の受講者が集まりました。嬉しい悲鳴ですが、会場スペースの関係上、やむおえず45名で申し込みを打ち切りました。詳細は、ももやま児童館<電話・075-605-5586>までお問合せください。
2009.04.29 21:32 | | トラックバック(-) | コメント(-) |