FC2ブログ

巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、山科中央老人福祉センターでの将棋講座です。大盤では、いつも通り平手脩五段の解説・聞き手小野のコンビです。先手・大原3級と後手・池内1級との平手戦の解説です。
序盤から先手が居飛車矢倉戦法の作戦を明示したのに対し、後手は振り飛車と見せて3三角のにらみを活かし、居飛車に変化した趣向のこらした指し方でした。中盤に入り、後手の狙いが奏功し一気に後手優勢になりました。終盤に入って、さらに後手有利となりそのまま寄せきるかと思いきや、先手の懸命の勝負手に対し、後手に緩手が出ました。一瞬、先手にチャンスが巡ってきましたが、手順前後で折角のチャンスを逃してしまいました。あとは後手の駒得からの堅実な指し手で先手玉を寄せきりました。今回の将棋でも、みなさん共通する課題ですが「終盤での詰めよのかけ方」が甘いところが目につきました。その後は、宿題の詰将棋3問をみなさんに解いてもらいました。初めての将棋教室は、佐藤2級との二枚落ち指導対局を2局行いました。
午後からは「戸一会カラオケ教室」(月2回・第2・4火曜日)の受講です。山科東野の「シダックスパーティールーム」において、戸塚婦佐子先生の指導で2時間、レッスンを受けました。今日の課題曲は、上杉香緒里の「流れ星」の仕上げです。先ずグループ毎に順番に歌いました。その後、すぐに一人一人順番に2コーラスを歌うことになりました。2番目に歌い、あとは同じ歌を2時間繰り返し繰り返し聴いているのは、疲れました。今回の進行方法は検討する余地があると感じました。
自宅に戻ってからは、明日開催の、第22回ねんりんピック北海道2009」将棋交流大会・京都予選大会の進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合せ表、対戦表などを準備しました。29日(水・祝日)当日は、午前8時40分に、ひと・まち交流館京都に集合して会場準備や受付を分担して行います。

スポンサーサイト



2009.04.28 21:23 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
27日(月)は、午前9時20分~11時30分まで「ひと・まち交流館 京都」第1会議室において、理事会議を開催しました。
出席者は、東山支部・西澤支部長、梅津支部・清水支部長、城南支部・大西支部長、山科支部・小野支部長の4名です。
議題は、 
1・第22回ねんりんピック北海道2009」将棋交流大会・京都予選大会の組合せ抽選、および、開催当日の4月29日(水・祝日)・「ひと・まち交流館 京都」3階第4会議室での役割分担について。
・組合せ抽選は、各理事立会いの上、厳正に行った。原則として予選リーグの初戦は、同じ支部同士の対戦は当たらないように配慮した。参加人数・京都市24名、京都府16名、計40名・選手代表(府、市、各1名)に事務連絡費として5,000円を支給。
・東山支部・・・将棋盤・駒25セット、チェスクロック20台、べんとう手配
・梅津支部・・・賞状8枚、駒台20セット
・山科支部・・・謝礼・交通費・名札・筆記具など準備、進行表、予選リーグ・決勝トーナメント組合せ表、対戦表、抽選カード、受付等表示
・29日(水・祝日)は午前8時40分に、ひと・まち交流館京都に集合して準備する。
・大会役員、賞状書士には、交通費(2,000円)を支給する。
・当日の役割・<受付>大西、清水 <会場準備>西澤、小野 <司会>清水 <開会挨拶>小野 <競技規定>西澤
・審判・・・中尾修六段・野間俊克五段   
2・第67期名人戦第3局2日目(5月8日)大盤解説会・指導対局
・プロ棋士・長沼洋七段、平藤眞吾六段  ・東山支部・プロ棋士、役員の夕食手配
・山科支部・大盤、将棋盤10・駒10、次の一手の賞品、棋譜速報の受信、を手配。
・参加者の事前把握をしたいので、各支部にて取りまとめ一覧表にて連絡願います。
3・京都府支部連合会主催で開催する「京都・上海こども将棋友好文化交流大会」に賛同し、各理事がそれぞれの役割分担を図り、企画・運営に当たることを確認していただいた「確認書」は、12支部より返送をして頂きました。
4・2008年度 京都府支部連合会・会計報告
 大西会計監査より「領収書を監査した結果間違いないことを認めます」の報告。
5.第30回全国中学生選抜将棋選手権大会(8月3日、4日・天童温泉、滝の湯)
 京都代表選手・男子・・・少年王将戦中学生の部優勝者を推薦。
女子の部・・理事会で北村桂香さんを推薦することに決定。
6・京都府支部連合会主催の将棋大会で全国制覇した場合、奨励金の検討。
2009.04.28 20:34 | | トラックバック(-) | コメント(-) |