巖ちゃんの日々是将棋

今日の午前中は、日本将棋連盟京都府支部連合会として、長年の念願である上海のこどもたちを京都へ招待する「京都・上海こども将棋友好文化交流大会」の協賛依頼に、事前にN社Y取締役に対してアポを取って頂いた清水幹事長と共にN社に午前11時に訪問しました。
ありのまま、率直に将棋のよさや、将棋を通じた日中のこどもたちが主役の友好文化交流の想いをお話しをし、聞いていただきました。
その後、大会の主旨や背景、運営、スケジュール、予算を明記した企画書と参考となる書類を添付の上、お手渡しをして、大会運営予算面でのご協賛をお願いしました。4月中には、ご連絡を頂きたくお願いをしました。
本日は、本当にお忙しい中、貴重なお時間を30分間も取っていただきましたN社Y取締役には感謝しております。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
午後1時からは、山科老人福祉センターでのカラオケ同好会の新年度が開講されるので、世話人であるため、初回から休むわけにいかず、とんぼ返りで山科に戻り受講しました。今日から新入会の方が15名加わり、35名での新たなスタートになります。今回は1名欠席で34名が受講しました。
立石童心先生より、カラオケを歌う上での基本的な指導(発声、リズム、音色、音符・休符)をしていただきました。それと、次回の課題曲を決めるため、候補の4曲(夜明け坂・石割桜・月夜舟・夜汽車の女)を順番にワンコーラスのみ聴きました。結果は、接戦でしたが、多岐川舞子の「夜汽車の女」が14票で多数決となり、次回の課題曲に決まりました。
スポンサーサイト
2009.04.01 20:04 | | トラックバック(-) | コメント(-) |